検索

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と甲状腺腫瘍・癌[日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医 橋本病 甲状腺超音波エコー検査 長崎甲状腺クリニック 大阪]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学(現、大阪公立大学) 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。尚、本ページは長崎甲状腺クリニック(大阪)の経費で非営利的に運営されており、広告収入は一切得ておりません。

バセドウ病の腺腫様甲状腺腫 超音波(エコー)画像

甲状腺編 では収録しきれない専門の検査/治療です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   甲状腺以外のホルモンの病気(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊など)  糖尿病編 をクリックください

バセドウ病で長崎甲状腺クリニック(大阪)を受診される方への注意

バセドウ病の治療開始(再開)後は、頻回の副作用チェックが必要なため①大阪市と隣接市の方に限定、②来院できず薬を自己中断する方をお受けできません。

状腺機能亢進症/バセドウ病の10%以上に甲状腺腫瘍、1.3%に甲状腺癌が発生

Summary

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の10%以上に甲状腺腫瘍、1.3%に甲状腺癌(ほとんど甲状腺乳頭癌)が発生、TSHレセプター抗体(TR-Ab)、TS-Ab(TSHレセプター抗体[刺激型]) が癌細胞も刺激するため、より悪性度が高い(バセドウ病に発生する甲状腺腫瘍の10%は甲状腺癌)。バセドウ病の甲状腺組織は破壊と増殖を繰り返し、腺腫様甲状腺腫の形態の事も。バセドウ病に機能性甲状腺腫合併するとマリンレンハート症候群。バセドウ病の30%に胸腺過形成による前縦隔腫瘍、甲状腺ホルモン正常化で消失。バセドウ病に胸腺腫/重症筋無力症を合併すると、甲状腺機能亢進で重症筋無力症悪化。

Keywords

甲状腺機能亢進症,バセドウ病,甲状腺癌,甲状腺乳頭癌,甲状腺腫瘍,腺腫様甲状腺腫,マリンレンハート症候群,胸腺,甲状腺濾胞癌,重症筋無力症

バセドウ病に関連する腫瘍・癌

未治療甲状腺機能亢進症/バセドウ病患者の15.7%に結節性病変(要するに良悪性合わせた甲状腺腫瘍)が存在するため、初診時に甲状腺超音波(エコー)検査を実施することが推奨されています。バセドウ病に発生する甲状腺結節の種類は、甲状腺がんを含めて多様です。[Thyroid. 2011 Jan;21(1):37-41.][Thyroid. 1998 Jul;8(7):571-6.]。

  1. バセドウ病に発生する甲状腺乳頭癌甲状腺濾胞癌
  2. バセドウ病に発生する腺腫様甲状腺腫
  3. 増大するバセドウ病合併腺腫様結節
       
  4. 甲状腺腫瘍が無制限に甲状腺ホルモンを作り、甲状腺機能亢進症をおこす事があります[甲状腺機能性結節(機能性甲状腺腫,プランマー病)]。甲状腺腫瘍が単発の場合はプランマー病腺腫様甲状腺腫で複数の時は中毒性多結節性甲状腺腫と言います。
    これらに、バセドウ病まで併発するものをマリンレンハート症候群と呼びます。
     
  5. バセドウ病の30%に胸腺の過形成による前縦隔腫瘍を認めます。前縦隔腫瘍は胸部レントゲンで写る事があり、肺CT/MRIで確認します。胸腺の過形成による前縦隔腫瘍は、バセドウ病治療により甲状腺ホルモンが正常化すると消失します。

    バセドウ病胸腺腫/重症筋無力症を合併する事もあり。甲状腺機能亢進症重症筋無力症を悪化させるため甲状腺の治療が優先されます。( 甲状腺と密接な胸腺腫/重症筋無力症 )

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の人は甲状腺超音波検査(エコー検査)を受けましょう!

1. バセドウ病に発生する甲状腺乳頭癌・甲状腺濾胞癌

バセドウ病患者の1.3%に甲状腺癌(ほとんど甲状腺乳頭癌)が発生すると言われます[Thyroid. 1998 Aug;8(8):647-52.][Thyroid. 2011 Jan;21(1):37-41.]。
また、バセドウ病に発生する甲状腺腫瘍の10%は甲状腺癌との結果です。
海外の報告では5-15%で、特に若い人のバセドウ病では転移するものが多いようです。[World J Surg. 2014 Jan;38(1):80-7.]

※ヨーロッパでは1.3%でなく3.3%とされます[Eur Thyroid J. 2023 Jul 12;12(4):e230055.]。

バセドウ病に発生する甲状腺分化癌甲状腺乳頭癌甲状腺濾胞癌)は、TSHレセプター抗体(TSH Receptor Antibody:TR-Ab)・TS-Ab(TSHレセプター抗体[刺激型]) が、正常な甲状腺濾胞細胞だけでなく、癌細胞も刺激するため、増殖速度が速くなります。

バセドウ病合併甲状腺乳頭がん患者におけるリンパ節転移とリンパ節再発の危険因子は、TR-Abと腫瘍被膜浸潤です。[Zhongguo Yi Xue Ke Xue Yuan Xue Bao. 2016 Oct 10;38(5):554-558.]

1cm大の微小甲状腺濾胞癌でも5cmの頭蓋骨転移をきたしたバセドウ病患者の症例が報告されています。(第55回 日本甲状腺学会 P2-04-11 バセドウ病を合併し頭蓋骨転移を契機に発見された微小な甲状腺濾胞癌の1 例)

ケース① 難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌

難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌

難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌

難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌2

難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌;5cmを超える大きさです。

難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌3

難治性バセドウ病に発生した甲状腺濾胞癌 ドプラーモード

ケース② バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌 エラストグラフィー

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌 エラストグラフィー;あまり硬くない

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌(拡大)

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌(拡大)

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌(拡大)ドプラーモード

バセドウ病に発生した甲状腺微小乳頭癌 (拡大)ドプラーモード

ケース ③ バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん

バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん

どう見ても腺腫様結節にしか見えませんが、バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん

バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん ドプラーモード

バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん ドプラーモード

バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん(拡大)

どう見ても腺腫様結節にしか見えませんが、バセドウ病に発生した甲状腺濾胞型乳頭がん(拡大)

バセドウ病合併甲状腺分化癌(甲状腺乳頭癌・甲状腺濾胞癌)の多発性遠隔転移

また、バセドウ病合併甲状腺分化癌甲状腺乳頭癌甲状腺濾胞癌)で多発性遠隔転移を伴う場合、転移巣がバセドウ病抗体[TSHレセプター抗体(TR-Ab)・TS-Ab(TSHレセプター抗体[刺激型])]に刺激され、甲状腺全摘手術後も甲状腺機能亢進症が続きます。

写真はバセドウ病合併甲状腺濾胞がん亜型 ヒュルトレ細胞甲状腺がん[甲状腺濾胞癌(好酸性細胞型)]の多発性骨転移。甲状腺全摘手術後も甲状腺機能亢進症が持続。[Medicine (Baltimore). 2021 Jun 25;100(25):e26384.]

甲状腺濾胞がん亜型 ヒュルトレ細胞甲状腺がん 多発性骨転移

2. バセドウ病に発生する腺腫様甲状腺腫

腺腫様甲状腺腫は、甲状腺組織が破壊と増殖を繰り返してできた過形成結節(腺腫様結節、腫瘍もどき)の集合体です。病理学的な概念であるため、「病名として使うべきでない」との意見もあります。しかし、超音波検査(エコー検査)で増殖結節と破壊性変化を正確に評価すれば、病名として全く問題ないと考えます。

バセドウ病の甲状腺組織は破壊と増殖を繰り返し、腺腫様甲状腺腫の形態をとる場合が多いです[Thyroid. 2011 Jan;21(1):37-41.]。若年性のバセドウ病でも認められます[Exp Clin Endocrinol Diabetes. 1997;105 Suppl 4:55-7.]。

橋本病(慢性甲状腺炎)の破壊抗体、抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)のいずれかが、79%の甲状腺機能亢進症/バセドウ病患者で陽性になります。よって、バセドウ病であっても甲状腺組織の破壊は起こります。[抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]

同時に、TSHレセプター抗体(TSH Receptor Antibody:TR-Ab)、TS-Ab(TSHレセプター抗体[刺激型]) が細胞増殖を刺激するため、過形成結節(腺腫様結節)が生じます。

たとえ、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)で甲状腺ホルモン値が正常化しても、TR-Ab・TS-Abは甲状腺を刺激し続け、抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)も消えないので、腺腫様甲状腺腫は進行し甲状腺の腫れはひどくなります。

バセドウ病を基盤とする腺腫様甲状腺腫

バセドウ病の腺腫様甲状腺腫 超音波(エコー)画像

(左)は腺腫様甲状腺腫の一形態です。白い増殖結節が無数にあります。腺腫様甲状腺腫は、破壊と増殖という条件さえ満たせば、どのような形態でも良く、様々なエコーパターンが存在します。

気管は背側に押しやられ気道狭窄、呼吸困難をおこし、結局、甲状腺全摘手術になりました。

詳しくは バセドウ病を基盤とする腺腫様甲状腺腫 を御覧ください。

難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病、組織レベルで甲状腺乳頭癌が発生した巨大腺腫様甲状腺腫

特に、活動性が異常に高く難治性であると共に、細胞増殖が活発な巨大腺腫様甲状腺腫を伴う難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、形態的に分からなくても、組織レベルで甲状腺乳頭癌が発生している可能性があります。

組織レベルで甲状腺乳頭癌が発生した巨大腺腫様甲状腺腫を伴う難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病

組織レベルで甲状腺乳頭癌が発生した巨大腺腫様甲状腺腫を伴う難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病 超音波(エコー)画像

組織レベルで甲状腺乳頭癌が発生した巨大腺腫様甲状腺腫を伴う難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病

組織レベルで甲状腺乳頭癌が発生した巨大腺腫様甲状腺腫を伴う難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病 超音波(エコー)画像

バセドウ病に発生した腺腫様結節

バセドウ病に発生した腺腫様結節

バセドウ病に発生した腺腫様結節

バセドウ病に発生した腺腫様結節1

バセドウ病に発生した腺腫様結節

3. 増大するバセドウ病合併腺腫様結節

腺腫性結節良性濾胞腺腫、および甲状腺乳頭癌にはTSH受容体が存在するため、バセドウ病抗体[TR-Ab(TSH受容体抗体)]に刺激されてサイズの増大をきたします。[J Clin Endocrinol Metab. 1994 Aug;79(2):616-9.]

たとえ、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)で甲状腺ホルモン値が正常化しても、バセドウ病抗体TR-Ab)が甲状腺腫瘍を刺激し続けるので、サイズの増大は止まりません。

増大するバセドウ病合併腺腫様結節 増大前 全体像

バセドウ病に合併し増大するバセドウ病合併腺腫様結節 増大前 全体像

増大するバセドウ病合併腺腫様結節 増大前1

バセドウ病に合併し増大するバセドウ病合併腺腫様結節① 増大前;穿刺細胞診の結果は良性

増大するバセドウ病合併腺腫様結節1

バセドウ病に合併し増大するバセドウ病合併腺腫様結節① 5か月後;穿刺細胞診の結果は良性

増大するバセドウ病合併腺腫様結節 増大前2

バセドウ病に合併し増大するバセドウ病合併腺腫様結節② 増大前;穿刺細胞診の結果は良性

増大するバセドウ病合併腺腫様結節2

バセドウ病に合併し増大するバセドウ病合併腺腫様結節② 5か月後;穿刺細胞診の結果は良性

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,浪速区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら