検索

潜在性甲状腺機能低下症は治療すべきです      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

baPWV治療前後の変化

潜在性甲状腺機能低下症で本当に動脈硬化が進行しており、血管年齢[brachial-ankle pulse wave velocity(baPWV)]が増大しているのを、私、長崎俊樹が医学界で初めて証明しました。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

Summary

甲状腺ホルモン(FT3,FT4)正常だがTSH高値の状態を潜在性甲状腺機能低下症と言い、動脈硬化が進行、LDLコレステロール高値、甲状腺機能低下症症状不妊・流早産・胎児のIQ低下が起こるため甲状腺ホルモン剤補充が必要。

潜在性甲状腺機能低下症とは

甲状腺疾患早見表

甲状腺ホルモン(FT3,FT4 あるいはFT4のみ)は正常だが、TSHが高値の状態を「潜在性甲状腺機能低下症」と言います。

要するにTSH(甲状腺刺激ホルモン)が少し上昇し、やや甲状腺を刺激するだけで、甲状腺ホルモン(FT3,FT4 あるいはFT4のみ)を正常に保てる、軽度の甲状腺機能低下症です。

潜在性甲状腺機能低下症は、女性・高齢者に多く、4~20%に存在します[日本臨床70(11):1865-1871,2012]。

潜在性甲状腺機能低下症は高齢者でも正常値(許容値)ではない

潜在性甲状腺機能低下症は、「高齢者なら許容の範囲であり、正常な甲状腺ホルモン値に戻す必要が無い」と言う意見もあります。しかし、伊藤病院がまとめた年齢別のTSH(甲状腺刺激ホルモン)の正常範囲は表の通り。

TSH測定法は、一般的なロシュ社のECLIA法。測定したのは、正常甲状腺の人と甲状腺ホルモン値に影響のない甲状腺の病気の人(単純性甲状腺腫、良性が確認された甲状腺結節)です。(第53回 日本甲状腺学会 P43 日本人における年代別TSH 参考値の検討)

TSH(μU/ml) 女性 男性
40歳代 0.47~5.00(342人) 0.40~4.01(49人)
50歳代 0.59~5.31(133人) 0.66~5.13(54人)
60歳代 0.45~5.14(176人) 0.47~5.36(47人)
70歳代 0.58~5.58(54人) 0.59~5.85(21人)

男女とも、70歳代でもTSHの上限は5よりやや上、6に届かないと言う結果です。よって、潜在性甲状腺機能低下症は、「高齢者でも許容の範囲でない」ため、治療が必要です。

治療できない潜在性甲状腺機能低下症

潜在性甲状腺機能低下症は、「高齢者でも許容の範囲でない」のですが、筆者も、止む得ない場合は「個別の許容範囲」として、甲状腺ホルモン剤の投与は見送る事があります。例えば

  1. 甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS錠)の投与で、動悸、不整脈(特に心房細動(Af))、狭心症が誘発される
  2. 甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS錠、レボサイロキシン「サンド」®)の投与で、アレルギー(肝障害、皮疹)が出る
  3. 酷暑の夏は、潜在性甲状腺機能低下症のままにしておいた方が、体内の熱産生が低下し、熱中症を予防できる

場合、潜在性甲状腺機能低下症は治療しません(できませんと言った方が正確でしょう)。臨機応変に・・・です。

潜在性甲状腺機能低下症で何が起こるか?

潜在性甲状腺機能低下症では、

  1. 動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞など心血管イベントが増えます。
  2. 甲状腺機能低下症のすべての症状(倦怠感、便秘、寒がり、皮膚乾燥、うつ気分、生理不順など)の内、13.7%を持っています(顕性甲状腺機能低下症では16.6%)[The Colorado thyroid disease prevalence study. Arch Intern Med. 2000 28;160(4):526-34.]
  3. 非アルコール性脂肪肝炎起こします。
  4. 妊娠可能女性では、不妊流早産胎児のIQ低下不妊症/習慣性流産と甲状腺

潜在性甲状腺機能低下症動脈硬化

潜在性甲状腺機能低下症で本当に動脈硬化が進行しており、血管年齢[brachial-ankle pulse wave velocity(baPWV)]が増大しているのを、筆者、長崎俊樹が医学界で初めて証明しました。(甲状腺と動脈硬化 ・高コレステロール血症)

院長の論文

潜在性甲状腺機能低下症と心血管イベント・心血管死

表のごとく、TSHが正常値0.5~5.0μU/mLをわずかに超える軽度の潜在性甲状腺機能低下症であっても狭心症や心筋梗塞など(心血管イベント)の心血管死が増えます。[Subclinical Hypothyroidism and the Risk of Coronary Heart Disease and Mortality. JAMA 304(12):1365-1374,2010]

TSH (μU/mL) 心血管イベント 心血管死
0.5-4.49 1.0 1.0
4.5-6.9 1.0 (0.86-1.18) 1.09 (0.91-1.3)
7.0-9.9 1.17 (0.96-1.43) 1.42 (1.03-1.95)
10-19.9 1.89 (1.28-2.8) 1.58(1.10-2.27)

潜在性甲状腺機能低下症とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)

表のごとく、潜在性甲状腺機能低下症では、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高値になり、心血管イベントが増える原因の一つになります。(ホルモンと臨床 56:57-75,2008)

甲状腺機能 正常 潜在性低下症 顕性低下症
年齢 (歳) 50.7±16.6 53.5±16.4 55.6±15.3
TSH (μU/mL) 1.8±1.0 7.5±4.1* 62.5±94.8*
中性脂肪 (mg/dL) 102.4±54.2 104.1±50.1 127.9±71.1*
HDLコレステロール (mg/dL) 70.1±16.5 66.8±18.7 68.4±21.7
LDLコレステロール (mg/dL) 108.3±30.6 116.8±36.8** 134.7±49.5*

*: p < 0.0001, **: p < 0.05

潜在性甲状腺機能低下症の症状

潜在性甲状腺機能低下症の症状

潜在性甲状腺機能低下症では、甲状腺機能低下症のすべての症状(倦怠感、便秘、寒がり、皮膚乾燥、うつ気分、生理不順など)の内、13.7%を持っています(顕性甲状腺機能低下症では16.6%)[The Colorado thyroid disease prevalence study. Arch Intern Med. 2000 28;160(4):526-34.]

潜在性甲状腺機能低下症と脂肪肝

潜在性甲状腺機能低下症は、非アルコール性脂肪肝炎の独立した危険因子です。(J Hepatol. 2012 Nov;57(5):1153-4.)

更に、潜在性甲状腺機能低下症は、特に70 歳以上の高齢男性における脂肪肝の独立した危険因子とされます。高齢男性では、脂肪肝の早期スクリーニング指標であるFib4 index 2.67 以上(肝繊維化疑い群)は、70歳以上の男性で急増(70 歳以上男性19%、女性2.5%)。一方、肝繊維化疑い群の約40% に潜在性甲状腺機能低下症を認め、70歳以上の潜在性甲状腺機能低下症は独立した危険因子だった(オッズ比3.0:95% 信頼区間1.2-7.4、p= 0.02)との事です。(第59回 日本甲状腺学会 O7-1 潜在性甲状腺機能低下症は肝機能障害の危険因子である:人間ドック15,206 名のFib4 index の解析から)

潜在性甲状腺機能低下症を治療すると

TSHが10μg/mL以下(正常値0.5~5.0μU/mL)の軽度の潜在性甲状腺機能低下症であっても治療すると

  1. 動脈硬化が改善し、狭心症や心筋梗塞などの危険性が減ります。[Subclinical Hypothyroidism and the Risk of Coronary Heart Disease and Mortality. JAMA 304(12):1365-1374,2010][Levothyroxine Treatment of Subclinical Hypothyroidism. Fatal and Nonfatal Cadiovascular Events, and Mortality. Arch Intern Med 172:811-817,2012]
  2. 甲状腺機能低下症症状が改善
  3. 妊娠可能女性では、不妊・流早産の危険性が低下、胎児のIQに影響なし(不妊症/習慣性流産と甲状腺

動脈硬化が改善

また、潜在性甲状腺機能低下症で高くなった血管年齢が甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]で治療すれば改善することも、私、長崎俊樹が医学界で初めて論文発表しました。

baPWV治療前後の変化

院長の論文

狭心症や心筋梗塞が減少

表のごとく、潜在性甲状腺機能低下症を治療すると狭心症や心筋梗塞などの危険性が減ります。[Levothyroxine Treatment of Subclinical Hypothyroidism. Fatal and Nonfatal Cadiovascular Events, and Mortality. Arch Intern Med 172:811-817,2012]

潜在性甲状腺機能低下症 心血管イベント

潜在性甲状腺機能低下症の症状が改善

潜在性甲状腺機能低下症 改善

潜在性甲状腺機能低下症を治療すると甲状腺機能低下症症状が改善します。

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら