検索

橋本病(慢性甲状腺炎)の抗体      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門クリニックにつき、細部まで橋本病(慢性甲状腺炎)の病態評価を行います。

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ Jo(動脈硬化した血管に甲状腺が! バセドウ病の甲状腺がモデル)

Summary

橋本病(慢性甲状腺炎)は自分の甲状腺を破壊してしまう自己免疫抗体、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)いずれか陽性で確定診断。橋本病の1%は両方陰性。サイロイドテスト、マイクロゾームテストは簡易測定法で時代遅れ。抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)は陽性率が高いが甲状腺の破壊の程度を反映しない。抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)は陽性率が低いが、甲状腺の最終的な破壊の程度を反映。IgG4甲状腺炎橋本病の急速進行型で、甲状腺機能低下が速い、男性の比率が高い、自己抗体値が高い、超音波像は、びまん性低エコー。

Keywords

橋本病,慢性甲状腺炎,甲状腺,破壊,抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体,TPO抗体,抗サイログロブリン抗体,Tg抗体,サイロイドテスト,マイクロゾームテスト,IgG4甲状腺炎

橋本病(慢性甲状腺炎)の抗体

橋本病(慢性甲状腺炎)の抗体

自分の甲状腺を破壊する橋本病(慢性甲状腺炎)の自己免疫抗体は、

  1. 抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)
  2. 抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)

の2種類があり、いずれかが陽性であれば橋本病(慢性甲状腺炎)が確定します。

但し、これは超音波(エコー)装置が発達する前の原始的な診断基準によります。長崎甲状腺クリニック(大阪)の超高解像度超音波(エコー)装置ARIETTA 850 SE (甲状腺特化型)を用いれば、これらの自己免疫抗体が上昇する前の、あるいは自己免疫抗体陰性橋本病(慢性甲状腺炎)の破壊の程度を評価できます。

簡易測定法サイロイドテスト、マイクロゾームテスト

サイロイドテスト抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)の、マイクロゾームテスト抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)の簡易測定法です。結果も、1600倍、3200倍と言うように倍数表示のため、大まかで、わずかに陽性(例えば抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体の正常値16.0未満の所、16.8)になる橋本病(慢性甲状腺炎)を診断できません。

抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)を測定できなかった大昔の検査方法で、もはや時代にそぐいません。

橋本病(慢性甲状腺炎)の抗体陽性率

長崎甲状腺クリニック(大阪) ゆるキャラ 甲Joう君

上條甲状腺クリニックの統計では、橋本病(慢性甲状腺炎)

  1. 43%は抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)両方陽性
  2. 47%は抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)のみ陽性
  3. 9%は抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)のみ陽性
  4. 1%は両方陰性:穿刺細胞診(甲状腺に針を刺して細胞を採る検査)にてリンパ球浸潤を証明すれば橋本病(慢性甲状腺炎)と診断。このような場合、数年後にいずれかの抗体陽性になることあります。

これら橋本病(慢性甲状腺炎)の抗体は、ステロイドホルモンの系列である女性ホルモンにより抑えられているため、年齢が若いと(例え持っていても)陽性になりません。年齢とともに女性ホルモンが低下していくと、陽性になり、同時に甲状腺の破壊の速度が増します。

抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)

橋本策(はかる)博士

抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)は自分の甲状腺を破壊してしまう自己免疫抗体で、血液検査で検出されると橋本病(慢性甲状腺炎)の診断が確定します。Tg抗体より陽性率が低いものの、甲状腺の最終的な破壊の程度を反映します。(Ann Clin Biochem 2006, 43: 173–183. )
Tg抗体と同時に測定すると橋本病(慢性甲状腺炎)の診断率がアップしますが、保険診療では同時測定が認められておらず、翌月以降になります。

上條甲状腺クリニックの統計では、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の60%でも陽性になり、恩師 稲葉雅章 大阪市大教授の抗体併存説では、矛盾なく説明可能です。すなはち、橋本病バセドウ病はコインの裏表で、何かのきっかけで入れ替わる可能性があります。

甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)

甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)は甲状腺濾胞細胞の濾胞腔側に存在する甲状腺ホルモン合成酵素で、cell-mediated cytetoxiety (細胞障害性免疫)に関与し、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)はリンパ球浸潤の程度、結果、炎症・破壊の程度に相関します。(J Endocrinol Invest 2003, 26: 1208–1212.)

院長の指導論文

妊娠出産TPO抗体

胎盤早期剥離:TPO抗体陽性の女性が妊娠すると胎盤早期剥離の確率は3倍になると言われます

出産後甲状腺炎TPO抗体陽性の女性が出産すると60-70%の確率で出産後甲状腺炎が起こります(Thyroid. 1999 Jul;9(7):705-13.)。出産後甲状腺機能異常の89%がTPO抗体とされます。バセドウ病へ移行する(4%)、無痛性甲状腺炎からバセドウ病へ移行(7%)、無痛性甲状腺炎(68%)、一過性甲状腺機能低下(20%)、永続性甲状腺機能低下(0.3%)と多様な病態を呈するのが特徴です。

抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)

抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)は自分の甲状腺を破壊してしまう自己免疫抗体で、血液検査で検出されると橋本病(慢性甲状腺炎)の診断が確定します。TPO抗体より陽性率が高い反面、甲状腺の破壊の程度を反映しないと言われています。TPO抗体と同時に測定すると橋本病(慢性甲状腺炎)の診断率がアップしますが、保険診療では同時測定が認められておらず、翌月以降になります。

上條甲状腺クリニックの統計では、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の67%でも陽性になり、恩師 稲葉雅章 大阪市立大学 代謝内分泌内科教授の抗体併存説では、矛盾なく説明可能です。すなはち、橋本病バセドウ病はコインの裏表で、何かのきっかけで入れ替わる可能性あります。

サイログロブリン

ヨード化されたサイログロブリンは、多様な抗原性を有しますが、濾胞腔内に存在し、濾胞細胞自体の免疫反応に直接関与しません。そのため、抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)はリンパ球浸潤の程度、結果、炎症・破壊の程度に相関しません。(J Endocrinol Invest 2003, 26: 1208–1212.)

IgG4

橋本病(慢性甲状腺炎)で急速に甲状腺機能低下が進行する場合、IgG4甲状腺炎(橋本病型IgG4甲状腺炎)の可能性があります。IgG4甲状腺炎

  1. 橋本病(慢性甲状腺炎)の急速進行型と言われ、甲状腺機能低下が速い
  2. 通常の橋本病(慢性甲状腺炎)(女:男=74:3)より男性の比率が高く(女:男=21:7)
  3. 自己抗体の値(TPO抗体Tg抗体)が高い
  4. 超音波(エコー)像も、びまん性低エコーを示す例が多い

とされます(Mod Pathol. 2012 Aug;25(8):1086-97)。

血中IgG4を測定し診断します。

最近では、高ガンマグロブリン血症(血液中の免疫抗体量が多い)を示す本病(慢性甲状腺炎)患者の30%に認められるとの報告もあります。しかしながら、IgG4高値群と非高値群で甲状腺ホルモン剤(LT4)補充量(75μg/日 vs 75μg/日)は有意差なかったとの事です。(第56回 日本甲状腺学会 O7-4 高γグロブリン血症の橋本病患者における、血清IgG4 と臨床病態の検討)

橋本病型IgG4甲状腺炎は全身他臓器に、IgG4関連疾患の合併を認めず、臓器特異的IgG4関連疾患と呼ばれます。

IgG・血中蛋白分画測定にて高ガンマグロブリン血症を検査

IgG4を直接測定(保険適応にならない場合があります)

IgG4甲状腺炎 超音波(エコー)画像
IgG4甲状腺炎

IgG4関連疾患以外でも血清IgG4が上昇

IgG4関連疾患以外でも血清IgG4がの135mg/dl以上に増加する事あります。

  1. 反復感染
  2. 原発性免疫不全
  3. 悪性腫瘍
  4. IgG4関連疾患以外の自己免疫疾患
  5. 血管炎
  6. 間質性肺炎

などです。

橋本病(慢性甲状腺炎)の破壊の程度の評価

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら