検索

潜在性甲状腺機能亢進症を治療すべきか?      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺疾患早見表

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

潜在性甲状腺機能亢進症を治療すべきか?

Summary

潜在性甲状腺機能亢進症は血清TSHが正常値以下、血中遊離型甲状腺ホルモン(FT3,FT4)は正常範囲の状態で、心房細動・心不全・骨折リスク・非特異的死亡率が上昇。バセドウ病機能性甲状腺結節等が原因。対症療法が現実的。

Keywords

潜在性甲状腺機能亢進症,TSH,心房細動,心不全,骨折,バセドウ病,機能性甲状腺結節.治療,甲状腺ホルモン,死亡率

潜在性甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺疾患早見表

潜在性甲状腺機能亢進症(subclinical hyperthyroidism)は、血清TSH値が正常値以下に抑制されており、血中遊離型甲状腺ホルモン(FT3値とFT4値)は正常範囲にある状態です。簡単に言えば、ごく軽度の甲状腺機能亢進症と言えます。

要するにTSH(甲状腺刺激ホルモン)が少し抑制され、やや甲状腺の刺激が減るだけで、甲状腺ホルモン(FT3,FT4 あるいはFT4のみ)を正常に保てる、軽度の甲状腺機能亢進症です。

無痛性甲状腺炎/亜急性甲状腺炎など破壊による一過性の場合、潜在性甲状腺中毒症という表現の方が適切かもしれません。

潜在性甲状腺機能亢進症の頻度

TSHの値を0.1 μUml未満とすると、日本人の約2%(50人に1人) 程度が潜在性甲状腺機能亢進症に該当します。[ホルモンと臨床 2008; .56 (7) 653-654.]

潜在性甲状腺機能亢進症の原因

潜在性甲状腺機能亢進症の原因は、

  1. バセドウ病
  2. バセドウ病の抗体が陰性の甲状腺機能亢進症---非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進症
  3. バセドウ病の抗体が陰性の甲状腺機能亢進症---甲状腺機能性結節
  4. バセドウ病機能性甲状腺腫甲状腺機能性結節)が合併(マリンレンハート症候群: Marine-Lenhart症候群
  5. 甲状腺機能低下症でチラーヂンSの服薬量が過剰(チラーヂンS減量の必要あり)
    妊娠中・甲状腺癌の再発予防目的の抑制療法中は減量の必要なし

があります。

潜在性甲状腺機能亢進症の自覚症状・他覚症状

潜在性甲状腺機能亢進症では

  1. 心房細動の発症率が有意に高くなる(約2倍)[N Engl J Ned. 1994 ;31, 1249-1252.]
    心不全の発症率が有意に高くなる(約1.5倍だが高齢程高くなる)[N Engl J Ned. 1994 ;31, 1040-1049.]
  2. 骨折のリスクが高くなる(J Clin Endocrinol Metab. 1996 Dec;81(12):4278-89.)
  3. 非特異的死亡率が上がる(特に心血管死が増える)(Lancet. 2001 Sep 15;358(9285):861-5.)
  4. 精神神経状態やクオリティオブライフ(QOL)への影響についてもいくつかの報告がある

潜在性甲状腺機能亢進症の鑑別

潜在性甲状腺機能亢進症の鑑別として、

  1. 無痛性甲状腺炎(TSHの低下は一過性)
  2. 中枢性甲状腺機能低下症(ただし、FT3,FT4は正常値下限)

があり、診断に苦慮する事があります。

潜在性甲状腺機能亢進症の治療

TSHが0.1μU/ml未満の潜在性機能亢進症患者では、

  1. TSHの値
  2. 年齢
  3. 心疾患の既往
  4. 骨密度

を考慮して治療するか、しないかを判断する事が、米国甲状腺学会他で推奨されています。(American Association of Clinical Endocrinologists Medical Guidelines for clinical practice for the evaluation and treatment of hyperthyroidism and hypothyroidism. Endocr Pract 8 : 457―469, 2002.)

ただ欧米では、潜在性甲状腺機能亢進症の原因として機能性甲状腺結節autonomously functioning thyroid nodule:AFTN)が多く、バセドウ病の多い日本とは状況が異なります。

また、バセドウ病治療の第一選択である抗甲状腺薬(甲状腺ホルモン合成を抑える薬)は、

  1. 無顆粒球症
  2. 劇症肝炎
  3. ANCA関連疾患

を始め重大な副作用が起こり得るため、よほどの事が無い限り、(例え甲状腺専門医であっても)使用をためらいます。骨粗鬆症(骨軟化症)・頻脈症/心房細動に対する対症療法が現実的です。

潜在性甲状腺機能亢進症の経過観察

潜在性甲状腺機能亢進症は、治療しないにしても、経過観察は必要です。その後、

  1. 顕在性甲状腺機能亢進症になれば、根本的なバセドウ病の治療が始まります。
  2. 一過性に甲状腺機能正常化、低下後正常化し、無痛性甲状腺炎だった場合は、再発予防の生活指導(ヨード制限等)が必要になります。
  3. 潜在性甲状腺機能亢進症のままなら、バセドウ病の活動性を低下させる生活指導(禁煙、アレルギーの治療等)が必要になります。

筆者の経験ではTS-Ab(TSHレセプター抗体[刺激型]; TSH刺激性レセプター抗体)が>250%の場合(正常値120%未満)、ほとんどが数か月~数年後、顕在性甲状腺機能亢進症/バセドウ病に移行します。

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら