検索

甲状腺で認知症?      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

甲状腺で認知症?

甲状腺編 では収録しきれない専門の検査/治療です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。甲状腺以外の認知症の診療は行っておりません。尚、当院で診療するのは、当院で継続して甲状腺の通院・治療できる方のみです。

Summary

甲状腺機能低下症は脳の活動も緩慢になり、うつ病や認知症と間違われ、神経伝達物質への影響からパーキンソン症状おこし仮性認知症も加わる。甲状腺機能低下症/橋本病は動脈硬化が進行、脳動脈硬化性(脳血管性)認知症・アルツハイマー型認知症が進行。甲状腺機能低下症の徐脈はアリセプト®(ドネペジル)・レミニール®(ガランタミン)・リバスタッチ®(リバスチグミンで悪化。高齢者の甲状腺機能亢進症/バセドウ病、甲状腺クリーゼでは、妄想・幻視・夜間せん妄などの認知症状が増悪。重症筋無力症を合併すると認知症のように。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬はは精神症状・認知症様症状を悪化。

Keywords

甲状腺,認知症,うつ,甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,夜間せん妄,アルツハイマー,動脈硬化

甲状腺機能低下症で認知症

甲状腺機能低下症と認知症

甲状腺機能低下症では脳の活動も緩慢になり、うつ病や認知症と間違われるケースがよくあります(仮性認知症)。また、脳内の神経伝達物質への影響からパーキンソン症状おこすことがあり、パーキンソン自体の仮性認知症も加わります。

さらに、甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、脳動脈硬化性(脳血管性)認知症アルツハイマー型認知症が進行します。

院長の論文

甲状腺機能低下症/橋本病を間違えてアルツハイマー型認知症の治療をしたら大変なことに!?

甲状腺機能低下症/橋本病を間違えてアルツハイマー型認知症の治療をしたら大変なことになります。

アリセプト®(ドネペジル)・レミニール®(ガランタミン)・リバスタッチ®(リバスチグミン)は、アルツハイマー型認知症/レビー小体型認知症の進行を遅らせる最も一般的な抗認知症薬です。これらは、アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ)を阻害するため、アセチルコリンが過剰になると、洞停止(心臓のリズムが止まる事)・徐脈・心臓ブロック(心筋の電気刺激の伝導が妨げられること)などの副作用がおきます。甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの心臓刺激作用が弱くなるため、徐脈・心臓ブロックを起こしやすい状態です。アリセプト®(ドネペジル)・レミニール®(ガランタミン)・リバスタッチ®(リバスチグミン)の相乗効果で、これらが更に悪化します。

認知症と間違えられる高齢者の甲状腺機能亢進症/バセドウ病、甲状腺クリーゼ

高齢者の甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼでは、

  1. 妄想・幻視・夜間せん妄などの認知症状が増悪するため、
  2. あるいは、中枢神経症状として妄想・幻視・夜間せん妄などの認知症状がおこるため

認知症が悪化していると間違えられることあります。

また、潜在性甲状腺機能亢進症/バセドウ病でも、物盗られ妄想おこす症例が報告されています。(第55回 日本甲状腺学会 P0-01-05 精神症状を主徴としたバセドウ病の4例)

原発性副甲状腺機能亢進症、ビタミンD中毒、サルコイドーシスなど高カルシウム血症で、中枢神経症状おこり、軽い意識障害を認知症と間違えることがあります。

重症筋無力症の併発

自己免疫性甲状腺疾患の橋本病/バセドウ病に、同じく筋肉への抗アセチルコリン受容体抗体を持つ重症筋無力症を合併することがあります。全身の筋力低下、易疲労性(夕方・入浴後に症状が憎悪)が現れ、ぼおっとして、あたかも認知症のようになります。甲状腺眼症(橋本病眼症/バセドウ病眼症)のような眼瞼下垂、複視など見られます。

甲状腺機能低下症の喉頭浮腫/心のう液貯留、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼの心不全ような呼吸困難(重症筋無力症では呼吸筋麻痺による)

球症状(嚥下・構音障害)は、筋無力症性クリーゼという危険な状態で血漿交換・ステロイドパルスを行います。(巨大甲状腺腫・甲状腺癌の様)

詳しくは、 重症筋無力症とは を御覧下さい。

抗アセチルコリン受容体抗体(全身型の80%・眼筋型の50%に陽性)/ 抗筋特異的チロシンキナーゼ(MuSK)抗体(前者陰性の場合)測定

薬剤誘発性認知症:抗コリン剤に軽度認知症をおこす可能性

  1. ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬[サイレース®、ロヒプノール®、トリアゾラム(ハルシオン®)]は、もうろう状態・健忘・精神錯乱おこす事あるため、甲状腺機能亢進症/甲状腺機能低下症のうつ症状・不眠に投与すると、それらの精神症状・認知症様症状を悪化させる危険。
     
  2. 抗コリン薬(甲状腺機能低下症をうつと誤認され、投与される三環系抗うつ薬,抗ヒスタミン薬,抗精神病薬):抗コリン剤を継続使用の高齢者、8割に軽度認知障害との報告があります。

甲状腺ホルモンと認知症の関係

  1. 甲状腺の病気のない正常な高齢男性で、甲状腺ホルモンのFT4[遊離サイロキシン(チロキシン)]濃度が正常範囲の高い目の人は、認知症になりやすいとの報告があります。理由は全く不明、真偽も不明。
  2. 女性のみ、甲状腺刺激ホルモン(TSH)濃度が高いか低い場合、アルツハイマー病リスクが2倍以上になるとのフラミンガム研究データが出ています。やはり血管障害か?

甲状腺と本当の認知症との比較

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら