検索

甲状腺と茶,コーヒー,活性酸素:SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)[専門医 橋本病 バセドウ病  甲状腺超音波(エコー) 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

甲状腺と活性酸素

甲状腺編 では収録しきれない専門の検査/治療です。

Summary

甲状腺機能低下症/橋本病で、コンブを含むブレンド茶を大量、毎日飲み続ければ、ヨード過剰摂取による甲状腺組織の破壊が進行、甲状腺ホルモン合成が妨げられる。高麗人参(ニンジン)を含むブレンド茶(ドリンク剤)は甲状腺機能亢進症/バセドウ病症状増悪の危険。難溶性デキストリンを含むブレンド茶(特保茶)は甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)の腸吸収を妨げる。過剰なコーヒーは甲状腺機能亢進症/バセドウ病症状を増悪。コーヒー豆は甲状腺ホルモン剤の腸吸収を妨げる。SOD (スーパーオキシドディスムターゼ) は体内で発生した活性酸素を不活化する酸化還元酵素で甲状腺機能亢進症/セドウ病橋本病甲状腺乳頭癌高値。

Keywords

茶,コーヒー,甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,甲状腺,カフェイン,チラーヂンS,活性酸素,甲状腺乳頭癌

甲状腺と茶

昔からあるお茶に加え、様々なブレンド茶・特保茶が巷にあふれています。これらの中には、健康な人には害はないものの、甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺機能亢進症/バセドウ病など甲状腺の病気を持つ人には必ずしも好ましくないものが含まれています。(製品名を名指しすると問題がおこるので敢えて伏せさせていただきます)

  1. コンブを成分に含むブレンド茶:常識的な飲み方では問題ないですが、1日2リッター以上、毎日飲み続ければ、ヨードによる甲状腺への悪影響が出る可能性があります。(「夏場は1日2リッター以上お茶を飲まねばならん!」とコンブを成分に含むブレンド茶を飲んでいた患者さんが、長崎甲状腺クリニック(大阪)で本当におられました。)
    (もちろん、本当のコンブ茶は、もっと悪い)

    特に甲状腺機能低下症/橋本病の人では、ヨードの過剰摂取により、甲状腺組織の破壊が進行し、甲状腺ホルモンの合成が妨げられます(ヨードと甲状腺  )。
     
  2. 高麗人参(ニンジン)を成分に含むブレンド茶(ドリンク剤も):甲状腺機能亢進症/バセドウ病が安定した状態では問題ありません。しかし、未治療・治療開始後数か月以内の甲状腺ホルモンが正常化していない状態で、甲状腺ホルモンと似た作用を持つ高麗人参(ニンジン)は甲状腺機能亢進症/バセドウ病症状を増悪させる危険性があります。

    例えば、発汗が増える、動悸がひどくなる(ドキドキする)、イライラが強くなる、眠りにくくなるなど。高麗人参(ニンジン)も甲状腺ホルモンも、交感神経を活発にする作用があるからです。
     
  3. 難溶性デキストリンを成分に含むブレンド茶(特保茶):甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)の腸からの吸収を妨げる可能性があります。甲状腺機能低下症/橋本病で、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)を飲んでいる人は注意が必要です(チラーヂンS吸収障害おこす食べ物 )。
    特に、「血糖値が下がる」「腸から糖の吸収を抑える」のが歌い文句の特保茶は、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)の吸収を妨げる危険性があります。
     
  4. ルイボスティー

甲状腺の病気に活性酸素:SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)

甲状腺と活性酸素

SODはスーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) の略で体内で発生した活性酸素を、酸素と過酸化水素へ不活化する酸化還元酵素です。甲状腺機能亢進症/セドウ病橋本病 、甲状腺乳頭癌 で血中SODは高値になりますが、特に甲状腺乳頭癌で高くなると言われます(Biol Trace Elem Res. 2010;138(1-3):107-15.)。甲状腺内で活性酸素がこれらの病気の進行に関与しているためと考えられます。

もともと甲状腺内には、酸化酵素が豊富で、酸化・抗酸化のバランスが崩れると細胞障害を起こしやすい環境にあると言えます。

甲状腺とコーヒー

コーヒーはパーキンソン病や糖尿病を改善させる可能性が報告されています。しかし、甲状腺機能亢進症/バセドウ病にはどうでしょうか?

米国では成人のカフェイン摂取量は、コーヒー1杯当たり100mgとして1日4杯(400mg)までが安全域とされます。それ以上のカフェインは睡眠障害、イライラ・不安など精神障害、頻脈を増強させます。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、甲状腺ホルモン過剰による睡眠障害、イライラ・不安など精神障害、頻脈があるため、カフェイン摂取で増悪します。

甲状腺機能低下症では、体の新陳代謝が低下し、活力が落ちているため、カフェイン摂取で代謝が改善する可能性があります。ただし、コーヒー豆は、甲状腺ホルモン剤[チラーヂンS(チラージンS)]を吸着し、腸からの吸収を妨げるため要注意です(チラーヂンS吸収障害おこす食べ物 )。

甲状腺とルイボスティー

「甲状腺の病気がある人はルイボスティーを飲んでも良いのか?」筆者は、よくこの様な質問を受けます。

ルイボスティーは紅茶に似ていますが、南アフリカ原産の“ルイボス”というマメ科の植物の葉を乾燥させたお茶で、ハーブティーに分類されます。

ルイボスティーの特徴は、

  1. SOD様物質;活性酸素を除去するは、スーパー・オキシド・ディスムターゼ(SOD)様物質フラボノイドやケルセチンを含む。甲状腺の病気に活性酸素が悪影響している可能性があるので丁度よいと思います。
     
  2. ミネラル;マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれている。
    甲状腺機能亢進症/バセドウ病では低カリウム血症になるのでカリウム補充に良い(甲状腺の低カリウム血症 )。
    亜鉛欠乏症甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症に関連が強いため亜鉛補充に良い(亜鉛欠乏症 )
    マグネシウム、カルシウム、亜鉛は、チラーヂンSの吸収を妨げるので、チラーヂンSと同時に飲まない方が良い(ただし、服薬後最低30分以上してチラーヂンSが吸収された後は良い)(チラーヂンS錠が吸収されない? )
     
  3. 低タンニン;鉄の吸収を妨げるタンニンが少ない
     
  4. ノンカフェイン;カフェインを含まないので、妊娠中授乳中も問題ない。カフェインで症状が増悪する甲状腺機能亢進症/バセドウ病でも安心して飲める

結論

甲状腺の病気がある人はルイボスティーを飲んでも良いが、チラーヂンS服薬後最低30分以上してから飲むこと

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,東大阪市,生野区,浪速区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら