検索

福島原発事故と甲状腺、ヨード131内部被曝、放射線誘発性甲状腺癌  [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺エコーの長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

福島県の甲状腺検診

甲状腺編 では収録しきれない最新・専門の検査/治療です。

福島原発事故と甲状腺、ヨード131内部被曝、放射線誘発性甲状腺癌を解説します。福島県の甲状腺検診の問題点、福島県で現在見つかっている小児甲状腺癌、チェルノブイリの小児甲状腺癌、原爆(原子爆弾)による放射線誘発性甲状腺癌も説明します。

福島原発事故/被災地ガレキ処理と甲状腺

福島原発事故と甲状腺検診

福島原発事故はレベル7の原発事故ですが、漏れた放射性物質はチェルノブイリの7%、50mSv以上被曝した小児はいないだろうと予測されています。あくまで予測なので真偽は不明、確かめるすべもありません。しかし、福島県を中心に広範囲に放射性物質が飛散し、直接的、あるいは食物・水を介し間接的に、多くの未成年者が自然放射線以上の放射線に被曝したのも事実です。

現在、福島県の未成年者を対象に行われている甲状腺検診は科学的根拠からも妥当なものです。しかしながら、不安を持つ方には、さらに細かな検査を提供するのも間違いでないはずです。

コロイド嚢胞 超音波(エコー)画像
デジタルハイビジョン 超音波診断装置

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、関東・関西にかかわらず希望される方は、1-3か月に一度の甲状腺超音波(エコー)検査など、緻密な医療を提供致します。

「福島県の約半数の学童に甲状腺のう胞を認める」のが放射線の影響か否かを確かめるべく、山梨県・長崎県・青森県で福島と同様の甲状腺検診が行われました。驚くべき事に、福島県よりも高率にのう胞性病変・結節性病変が見つかりました。放射線の影響を度外視しても、小児甲状腺超音波(エコー)検査は必要です。

3県の

  1. A2判定(5mm以下の結節・20mm以下の充実部をともなわないのう胞):56.5%
  2. B判定(5.1mm以上の結節・21mm以上の充実部をともなわないのう胞):1%
    そのうち35.5%がA判定に再評価・64.5%がB判定のまま

また、とあるブログでは"「福島県で起こっている事は原発事故の影響とは考えにくい」というのではなく、「日本中に原発事故の影響が及んでいる」"と主張している方もおられ、結局何が真実なのか判らないなと思いました。

福島県の甲状腺検診の問題点

精度の問題:一次検診ではノートパソコン型の簡易装置を使用

左は福島県の甲状腺検診です。2次検診では、長崎クリニックのデジタルハイビジョン 超音波診断装置「HI VISION Avius」の姉妹機・アシェンダスを使用しているものの、一次検診ではノートパソコン型の(正直ちゃちな)装置を採用しています(ただでさえ小児の甲状腺は小さく、頭をよく動かすので甲状腺超音波(エコー)検査をし難いのに、本当に見つけられているか疑問です)。一次検診で異常が見つからねば、2次検診へ進めないので、これではダメです。

長崎クリニック(大阪)では言うに及ばず、最初からデジタルハイビジョン 超音波診断装置「HI VISION Avius」を用い、精度の高い甲状腺超音波(エコー)検査を行います。

一次検診でバセドウ病、橋本病、腺腫様甲状腺腫の有無を調べない

最近、海外の研究者から疑問の声が聴かれます。30万人を対象とした福島県の甲状腺検診ですが、「一次検診でバセドウ病橋本病腺腫様甲状腺腫の有無を全く調べないのはなぜか?」というのです。2次検診で初めて調べますが、放射線が人体に与える影響を正確に調べるには、やはり一次検診で調べるべきです。

福島県で現在見つかっている小児甲状腺癌

福島県で現在見つかっている小児甲状腺癌は0.03%台(1万人に3人以上、4人未満)です。

  1. 原発事故時のSPEEDYの放射線量等分布マップと、福島県の震災時居住地域別小児甲状腺癌発生率を比べたのが図1です(Journal of the Japan Thyroid Association, 2014;vol5,138)。被曝の多い地域に小児甲状腺癌発生率が多いという訳ではないようです。
  2. 山梨県・長崎県・青森県でおこなわれた福島県と同様の甲状腺検診での小児甲状腺癌発生率と比べ、多くはありません。

しかし、これだけで「原発事故による小児甲状腺癌の発生はない」との結論はまだ早いのです。チェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺癌発生のグラフと比較してみると、事故後3年間の被曝時年齢別の小児甲状腺癌数と分布のパターンはほぼ同じです。しかし、チェルノブイリ原発事故後4-6年間は、小児甲状腺癌が急激に増えています。理由として、「原発事故後も放射能汚染されたミルクを飲み続けたからだ」というのが定説ですが、本当かどうかは、放射能汚染された食品を食べなかった福島県の小児の4年後以降の結果と比べれば判るはずです。(Thyroid. 2014;24:1547-8.)

チェルノブイリ小児甲状腺癌の特徴はこちらを御覧ください

福島県「県民健康調査甲状腺検査(先行検査=1回目の検査)」の結果

震災と甲状腺

福島県「県民健康調査甲状腺検査(先行検査=1回目の検査)」が、2015年4月30日に終了しました。原発事故時、福島県に在住していた0-18歳の367,635名を対象に行われ、最終受診者数は300.476名(81.7%)でした。受診されていない18.3%は大丈夫なのでしょうか?実際、福島県内でも、事故現場から遠く離れた他県との県境などに住んでいれば、ほとんど被曝しなかったと推察されますが・・。

最終的に、113名(震災時年齢6-18歳、男性/女性=38名/75名=約1:2)が悪性・悪性疑いの診断となり、H27年6月現在、99名が外科手術になりました。病理診断は、良性結節1名、甲状腺乳頭癌95名、低分化がん3名でした。

特徴的なのは、

  1. 悪性・悪性疑いの診断率は10万人対37.3人=2681人に1人
  2. 震災時年齢6-18歳であり、5歳以下が皆無。チェルノブイリのデータから、甲状腺乳頭癌が1細胞から、発見される大きさになるまで5年以上なので、今回見つかった甲状腺乳頭癌は、原発事故と無関係の可能性大。
  3. 男性/女性=約1:2で、成人の甲状腺乳頭癌(約1:6)より男性の比率が多い

(第58回 日本甲状腺学会 シンポジウムⅢ 福島県「県民健康調査甲状腺検査(先行検査)」結果概要)

甲状腺超音波検診で発見された甲状腺癌の組織型と遺伝子診断

甲状腺超音波検診で発見され、福島医大で手術された甲状腺癌68名(平均年齢17.3歳、男性/女性=22名/46名)は、

  1. 通常型甲状腺乳頭癌(61名)
  2. 濾胞型甲状腺乳頭癌(2名)
  3. モルラ型甲状腺乳頭癌(4名)
  4. 低分化がん(1名)

遺伝子変異は、

  1. BRAF V600E変異(63.2%)
  2. RET/PTC1再配列(8.8%)
  3. RET/PTC3再配列(1.5%)
  4. ETV6/NTRK3(5.9%)

と、成人の遺伝子変異パターンとほぼ同様で、チェルノブイリ放射線誘発甲状腺癌の報告とは全く異なるものでした。(第58回 日本甲状腺学会 シンポジウムⅡ 検診で発見された小児・若年者甲状腺癌に見られる遺伝子変異の特徴)

野口病院で手術された小児甲状腺癌との比較

1961-2013年の間に、野口病院で手術された小児甲状腺癌128名(平均年齢16.4 ±2.8歳、男性/女性=15名/113名)と比較すると、

  1. 野口病院の症例は明らかに女性が多い点が異なります。
  2. また、91%にリンパ節転移を認め(特に外側区域リンパ節に多い)る点は、同様です。
  3. 術後40年の無病再発率は65.2%
  4. 疾病特異的生存率は、96.1%です。高率にリンパ節転移し、再発するが、予後は良好であると言う従来の報告に一致します。

野口病院の症例は、福島県のような全員検診で見つけられたものでなく、何らかの理由で甲状腺の精密検査を行った患者のデータです。明らかに女性が多い理由は、女性ホルモンが多い(高エストロゲン血症)と、甲状腺乳頭癌が発育しやすいと言う仮説で説明できます。(第58回 日本甲状腺学会 シンポジウムⅡ 小児甲状腺乳頭癌の臨床的特徴と治療成績)

本当の問題は、ヨウ素131以外では?

除染対象外の森林地区に残り続けるセシウム

除染対象外の森林に残り続けるセシウムについて、2016.2.28産経新聞の朝刊コラムに書かれていました。森林の葉に付着したセシウムは、腐葉土となり、山菜・キノコに集積。また、腐葉土から流れ出し、河川に流れ込み、川魚イワナの体内へ。震災から4年以上経過した現在も、山菜・キノコ・イワナの放射線量は高いそうです。放射線検査に合格し県外に出るものは安心ですが、もし除染対象外の森林地区のものが、放射線検査を受けない非正規のルートで、あるいは産地を偽装して流通すれば・・・。怖い事だと思います。

ヨウ素131以外の放射性物質の人体への影響

どの放射性物質が人体のどこに蓄積されるか
※( 日)は半減期:放射線量が半分になるのに必要な時間です

甲状腺→ヨウ素131 (8日)
筋肉・生殖腺→セシウム137 (30年)
骨→ストロンチウム90 (28年)

ヨウ素131は8日で放射線量が半分になるので、飛び散って3週間もすれば、ほぼ消失します。再び飛び散らない限り、新たな被曝はありません。しかし、一度体内に取り込まれたセシウム・ストロンチウムは何十年も放射線を出し続けるため、どのような影響が出るのか予想不可能です。特に、被曝時の年齢が低い程、生涯の影響を心配せねばなりません。

さすがに以下は、今回の事故で飛散していないと思いますが
すい臓→ポロニウム210 (138日)
腎臓→ルテニウム106 (1年)
皮膚→クリプトン85 (10年) 
骨→ラジウム226 (1620年) 炭素14 (5600年)
肺・生殖腺→プルトニウム239 (2万4000年)

放射性セシウムによる体内汚染を軽減! ラディオガルダーゼ®カプセル

放射性セシウム体内除去剤ラディオガルダーゼカプセル(ヘキサシアノ鉄(II)酸鉄(III)水和物)は、世界保健機関(WHO)においても備蓄推奨されます。 また、タリウム中毒の治療剤でもあります。

体内に吸収されたセシウムは、2日以内に10%が腎排泄され、残りは30年間体内に貯留し、骨髄、皮膚、消化管、中枢神経、心臓血管等の障害をおこします(甲状腺への影響は30年後しかわからないでしょう)。

福島県の子供の甲状腺2次検査(細胞診)とベイズの定理

福島県の子供の甲状腺2次検査で細胞診を施行された76名のうち、10人が悪性または悪性の疑いがとされたました。細胞診の感度90%(偽陰性率10%)、特異度90%(偽陽性率10%)とすると

x=真に甲状腺癌である人数、76-x= 真に甲状腺癌でない人数
10=0.9x + 0.1(76-x) 

でx=3人になります。

ヨード131内部被曝放射線(ガンマ線)測定

甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺乳頭癌甲状腺濾胞癌のヨード131アイソトープ治療後の内部被曝放射線測定。原発事故でヨード131による被曝が起こった際にも有用。

子供がヨード131を含む煙を吸ったかもしれないと気になる方にも。(ただしヨード131の半減期は8日ですので、それ以降の判定は難です。)

放射線誘発性甲状腺癌

原爆(原子爆弾)による放射線誘発性甲状腺癌

原爆(原子爆弾)による放射線誘発性甲状腺癌の調査は、放射線影響研究所により現在も続いています。原爆(原子爆弾)による放射線誘発性甲状腺癌

  1. 被曝線量が多いほど
  2. 若年者であるほど
  3. 女性の方が男性より30%多く

おこるとされます。(Radiat Res 168:1-64, 2007)

ヨウ素131による内部被曝

胎内に入ったヨウ素は甲状腺のみに取り込まれ濃縮されます。それは放射性ヨウ素であるヨウ素131も同じであるため、ヨウ素131による内部被曝は甲状腺とその周囲臓器(実際は甲状腺のみ)におこります。さらに、この濃縮効果が問題で、全身の被曝量は大した事なくても、濃縮されたヨウ素131の内部被曝量は大きくなります。

チェルノブイリを含めたこれまでの研究から、40歳以上では放射線誘発性甲状腺癌の危険はありません。細胞分裂が激しい乳幼児期が最も放射線誘発性甲状腺癌のリスクが高く、年齢とともにリスクは下がります。

小児の放射線誘発性甲状腺癌は、放射線と無関係の甲状腺癌と基本的に同じと考えられていました。しかし、福島県の甲状腺検診で、原発事故後4年以内に見つかった小児甲状腺癌の組織型と遺伝子変異(福島県「県民健康調査甲状腺検査(先行検査=1回目の検査)」の結果)は(放射線発癌がおこるのは被曝後5年以降とされます)、下記のチェルノブイリ小児甲状腺癌・日本の医療機関で報告された組織型と遺伝子変異小児甲状腺癌と大きく異なりました

チェルノブイリ小児甲状腺癌

チェルノブイリ小児甲状腺癌の特徴は、Tuttleらがまとめたもの(Clin Oncol 23:268-275,2011)では

  1. 危険因子として、放射線被曝以外に、甲状腺癌の家族歴・甲状腺結節(しこり)・ヨード欠乏(日本人ではあり得ない)・肥満があります
  2. チェルノブイリ事故後6-25年の20年間で5000人以上の小児甲状腺癌が発生
  3. リンパ節転移60-70%
  4. 遠隔転移10-15%
  5. 短期再発率17%
  6. 再発率30%(平均観察期間10年)
  7. 死亡率1%以下

甲状腺以外の癌の放射線治療によって発生する甲状腺癌

放射線治療による放射線誘発性甲状腺癌は、

  1. 甲状腺以外の癌(頭頚部癌、頭頚部の悪性リンパ腫、頭頚部が照射野に入る肺癌など)の放射線外照射(体の外から放射線を当てる事)
  2. 脳腫瘍などに行う放射線内照射[腫瘍や患部に放射性同位元素(アイソトープ)を取り込ませる]

によって発生する甲状腺癌です。

因果関係を証明する事はできませんが、

  1. 60Co(コバルト)[院長が出くわした症例]を頭頚部癌に照射
  2. 嚢胞性の鞍上部頭蓋咽頭腫を摘出後、再発予防のため198Au(金) コロイドによる腫瘍腔内照射(26mCi)を施行され30年後
    (β 線を発生する放射線コロイドは局所的な効果あるが、全身への影響が少ない治療として70 年代に普及しました。)(第56回日本甲状腺学会 P2-102 小児期の頭蓋咽頭腫に対する放射線コロイド内照射後に甲状腺乳頭癌を発症した1 例)

などがあります。被曝時の年齢が若いほど・累積(合計)線量が多いほど発症しやすくなります。40歳以上での被曝では発症せず、組織型は甲状腺乳頭癌のみになります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード