検索

てんかんと甲状腺      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:新専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

てんかんと甲状腺

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

Summary

てんかんと甲状腺を解説。甲状腺クリーゼの中枢神経症状として、強直性間代性けいれんの事あります。フェノバルビタール・カルバマゼピンは、薬剤性甲状腺機能低下症無痛性甲状腺炎を誘発することあります。バルプロ酸は脱アセチル化酵素阻害により、甲状腺未分化癌の放射線感受性・抗癌剤効果を高める報告あります。TSH産生下垂体腺腫など下垂体腺腫が、浸潤性に脳内に広がれば、てんかん起こす可能性あります。

Keywords

てんかん,甲状腺,甲状腺クリーゼ,強直性間代性けいれん,フェノバルビタール,カルバマゼピン,薬剤性甲状腺機能低下症,無痛性甲状腺炎,バルプロ酸,甲状腺未分化癌,TSH産生下垂体腺腫

てんかんでなく、甲状腺クリーゼの中枢神経症状

甲状腺クリーゼの中枢神経症状として、強直性間代性けいれんおこす事もあります。甲状腺クリーゼの死亡率は10%程ですので、適切に治療されねばなりません。強直性間代性けいれん以外に、

  1. 38℃以上の発熱
  2. 頻脈(脈が1分間130以上)
  3. 心不全起こし、呼吸困難[肺水腫、肺野の50%以上の湿性ラ音(肺に水がたまった音)、心原性ショックなど重度な症状
  4. 嘔気・嘔吐、下痢、黄疸

のいずれか一つを満たせば、甲状腺クリーゼと診断できます。

の詳細は、 命の危険:甲状腺クリーゼ を御覧ください。

てんかん薬と甲状腺

抗てんかん薬による甲状腺機能障害

  1. 全般発作にバルプロ酸
  2. 大発作にフェノバルビタール:薬剤性甲状腺機能低下症
  3. 部分てんかん発作・成人未分類てんかん発作にカルバマゼピン:薬剤性甲状腺機能低下症無痛性甲状腺炎SIADH(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群)
    第2選択フェニトイン:薬剤性甲状腺機能低下症低カルシウム血症(ビタミンD代謝障害)
  4. 欠神発作にエトスクシミド
  5. ミオクロニー発作にクロナゼパム(リボトリール®)、ピラセタム[GABAの環状誘導体]併用

が用いられます。

フェノバルビタール・カルバマゼピン・フェニトインは肝臓における薬物代謝酵素系のCYP3Aなどを誘導して、甲状腺ホルモンの分解代謝を促進、薬剤性甲状腺機能低下症に。無痛性甲状腺炎(痛みを伴わない甲状腺の急性破壊)を誘発することもあります。

カルバマゼピンで本当に薬剤性甲状腺機能低下症おこすか?

カルバマゼピンにより、甲状腺ホルモンの代謝分解が促進され、薬剤性甲状腺機能低下症おこすか否か疑問もあります。添付文書には、慎重投与「甲状腺機能低下症の患者〔甲状腺ホルモン濃度を低下させるとの報告がある。〕 」と書かれていますが、「甲状腺機能検査値の異常(T4値 の低下等) 」とも書かれており、FT4ではないため根拠になりません。

カルバマゼピン投与1年後に甲状腺機能を調べた報告では、TSHは変化しないが、FT4のみ有意に低下したそうです。これは、中枢性甲状腺機能低下症の所見と考えられます(J Child Neurol. 2015 Jan;30(1):63-8.)

イーケプラ®(レベチラセタム)

新しい抗てんかん薬のイーケプラ®(レベチラセタム)は、従来の抗てんかん薬に比べ副作用が少ないと言われます。しかし、添付文書には、

  1. 易刺激性、錯乱、焦燥、興奮、攻撃性等の精神症状が出る事あるとされます。
  2. 内分泌障害として、①甲状腺腫 ②高プロラクチン血症 ③甲状腺機能低下症
  3. 高血圧

など、それなりに副作用がある様です。

甲状腺未分化癌にバルプロ酸

甲状腺未分化癌は予後不良で、平均生存期間は約6か月です。バルプロ酸はヒストンの脱アセチル化酵素阻害作用があり、甲状腺未分化癌の放射線感受性・抗癌剤ドキソルビシンの効果を高めることが報告されています。(第59回 日本甲状腺学会 O1-6 甲状腺未分化癌に対するバルプロ酸併用集学的治療)

側頭葉てんかん(複雑部分発作)

側頭葉てんかんは動作停止し一点を凝視、口をぺちゃぺちゃさせたり、手をもぞもぞさせたりの自動症が見られますが、患者さんは全く記憶がなくなります。MRIで海馬萎縮・硬化を確認。側頭葉てんかんにはテグレトール®(カルバマゼピン)、併用薬にガバペンチン、トピラマート、ラモトリジン、イーケプラ®(レベチラセタム)。レベチラセタムは薬剤性甲状腺機能異常無いが、高血圧の副作用。

抗てんかん薬、ガバペンチンは肝腎で代謝されず、血中蛋白とも結合しないため他剤と併用しやすく、他の抗てんかん薬のような血中濃度モニタリングは不必要ですが、腎不全では容量調節要。ガバペンチン改良型のレグナイト®はむずむず脚症候群に保険適応あります。

下垂体腺腫によるてんかん、脳外科手術後てんかん

中枢性甲状腺機能亢進症の原因となるTSH産生下垂体腺腫など下垂体腺腫が、浸潤性に脳内に広がれば、てんかんを引き起こす可能性があります。

また、それらを広範囲に外科的切除おこなった場合、脳外科手術後続発性てんかんが起こる事があります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら