長崎俊樹 院長ブログ[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2018.10.11

甲状腺がらみの病気しか診れません!

 こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺がらみの病気しか診れません!

医師の役割は多種多様です。大学で研究・教育に携わる医師、かかりつけ医として総合的に診療する医師、救急医療の医師、手術する医師、厚生労働省の医系技官等々。

当然向き、不向きがあり、皆、自分で選択した仕事を一生懸命やっています。「長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹にできる事は何でしょう?」と自分に問いかければ、答えは「自分にしかできない事を、究極まで追及せよ」となります。

他の内科的な事、他科の医療の知識に一切、目もくれず、自分の持てる全ての時間を、甲状腺の知識の習得に費やし、長崎甲状腺クリニック(大阪)の診療、出向している大阪市立大学附属病院の甲状腺超音波(エコー)検査の公務に反映しています。

よって、小生に甲状腺以外の事を聞かれても、「専門外なので診れません。専門の所へ行ってください。」としか返答できません。冷たいと感じる方もおられるようですが、専門外の事に無責任な診療をすべきでない思います。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、なんでも診れる医療機関ではありません。長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺がらみの病気しか診れません!

御理解、御納得いただけない方は、当院を受診しないようにお願いいたします。

本日は「甲状腺がらみの病気しか診れません!」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

2017.07.01

遠隔地(北海道、神奈川県など)から来られる方

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

遠隔地(北海道、神奈川県、広島県など)から来られる方、遠路はるばるお疲れ様です。確かに、空路数時間、お車で長時間、大変な労力だと思います。結局のところ、内分泌・甲状腺は知識と経験の勝負です。知っていなければ何も解決しない領域が、他の分野に比べて多すぎます。このような事を言ったら怒られるかもしれませんが、冠動脈の詰まっている箇所をカテーテル検査で見つけバルーンで広げる、内視鏡でポリープ、腫瘍を見つけ切除するのとは明らかに異なる領域なのです。故に、医師個人の力量に完全に左右される(ある意味ブラジル式のサッカー)と言えます。

おそらく遠隔地から来られる方の大半は、長崎甲状腺クリニック(大阪)のホームページを御覧になり、居住地の主治医から得られなかった診断、治療方法などを求めて来られるのだと思います。それ故に、私自身が更なる研鑽を積み、内分泌・甲状腺の知識と経験を常にアップグレードし、「私以上に知っている医師はいない、私でなければ解決できない」極みまで自身を昇華しなければならないと言う使命感を切に感じます。

本日は「遠隔地(北海道、神奈川県など)から来られる方」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

2017.04.29

ResearchGate: citation

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

私が以前指導した「Thyroid heterogeneity, as indicated by the CV of ultrasonographic intensities, correlates with anti-thyroid peroxidase antibodies in euthyroid Hashimoto's thyroiditis」の論文を、引用していただいた論文が発表されたとの知らせが来ました。この場を借りて、御礼申し上げます。Dr Tugrul Ormeci,Dr Mukaddes Çolakoğullar, Dr İsrafil Orhanİsrafil, thank you very much for your citation of my article!

Toshiki(呼び捨てにするなよな・・), we found one more citation of your research

Congratulations! This article recently cited your work:Importance of Delphian Lymph Node Evaluation in Autoimmune Thyroiditis: Fact or Fiction?

Article in Polish Journal of Radiology 81:72-9 · February 2016 DOI: 10.12659/PJR.895761

本日は「ResearchGate: citation」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニックとは
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

2017.03.01

Invitation to Guest Edit a Special Issue for the International Journal of Endocrinology

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

何回目か忘れましたが、またしても、内分泌の雑誌(the International Journal of Endocrinology)から、the Lead Guest Editorの御招待が届きました。本当、光栄なことですが、Nagasaki Thyroid Clinic(Osaka) first, 大阪市立大学 代謝内分泌内科 非常勤講師 secondの生活を維持するだけで、全ての時間が潰れます。。

Dear Dr. Nagasaki,

We are planning to publish a number of Special Issues in the International Journal of Endocrinology http://www.hindawi.com/journals/ije/, and I would like to invite you to be the Lead Guest Editor for a Special Issue on a topic of your choice. The topic of the Special Issue must currently be of increasing interest; it should be broad enough to attract a reasonable number of submissions but at the same time narrow enough to sharpen the focus of the Special Issue.

The International Journal of Endocrinology is published using an open access publication model, meaning that all interested readers are able to freely access the journal online at http://www.hindawi.com/journals/ije/contents/ without the need for a subscription. All published articles will be made available on PubMed Central and indexed in PubMed at the time of publication. The most recent Impact Factor for the International Journal of Endocrinology is 2.376 according to 2015 Journal Citation Reports released by Thomson Reuters in 2016.

As the Lead Guest Editor, your main responsibilities would be inviting 2-4 Guest Editors, writing a one-page Call for Papers in consultation with the other Guest Editors, assigning the incoming submitted manuscripts to yourself or the Guest Editors so they can send them for peer review, and coauthoring an Editorial with the other Guest Editors to be published as an opening to the Special Issue. Our staff provides our Lead Guest Editors with as much administrative and editorial assistance as possible to make sure that the whole process is as seamless and rewarding as possible.

Special Issues are made freely available online to all interested readers leading to the maximum possible dissemination and recognition within the scientific community. I would be happy to provide more details if you are interested in being the Lead Guest Editor for one of our upcoming Special Issues in the International Journal of Endocrinology.

I look forward to hearing from you.

Best regards,

Special Issue Developer

Hindawi Publishing Corporation

本日は「nvitation to Guest Edit a Special Issue for the International Journal of Endocrinology」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

2016.02.01

the Lead Guest Editor for the International Journal of Endocrinology

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

またしても、内分泌の雑誌(the International Journal of Endocrinology)から、the Lead Guest Editorの御招待が届きました。非常に光栄なことですが・・・・。無理やわ、そんな。大阪市立大学 代謝内分泌内科 非常勤講師をしているだけで、週1日潰れるのに・・・。これ以上のボランティア活動は、健康を害します。

Dear Dr. Nagasaki,

We are planning to publish a number of Special Issues in the International Journal of Endocrinology http://www.hindawi.com/journals/ije/, and I would like to invite you to be the Lead Guest Editor for a Special Issue on a topic of your choice. The topic of the Special Issue must currently be of increasing interest; it should be broad enough to attract a reasonable number of submissions but at the same time narrow enough to sharpen the focus of the Special Issue.
The International Journal of Endocrinology is published using an open access publication model, meaning that all interested readers are able to freely access the journal online at http://www.hindawi.com/journals/ije/contents/ without the need for a subscription. All published articles will be made available on PubMed Central and indexed in PubMed at the time of publication. The most recent Impact Factor for International Journal of Endocrinology is 1.948 according to 2014 Journal Citation Reports released by Thomson Reuters in 2015.
As the Lead Guest Editor, your main responsibilities would be inviting 2-4 Guest Editors, writing a one-page Call for Papers in consultation with the other Guest Editors, assigning the incoming submitted manuscripts to yourself or the Guest Editors so they can send them for peer review, and coauthoring an Editorial with the other Guest Editors to be published as an opening to the Special Issue. Our staff provides our Lead Guest Editors with as much administrative and editorial assistance as possible to make sure that the whole process is as seamless and rewarding as possible.
Special Issues are made freely available online to all interested readers leading to the maximum possible dissemination and recognition within the scientific community. I would be happy to provide more details if you are interested in being the Lead Guest Editor for one of our upcoming Special Issues in the International Journal of Endocrinology.
I look forward to hearing from you.

Best regards,

本日は「the Lead Guest Editor for the International Journal of Endocrinology」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

2015.11.01

Invitation to Guest Edit a Special Issue for the International Journal of Endocrinology

 こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)動脈硬化内分泌代謝専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

初めてですが、内分泌の雑誌(the International Journal of Endocrinology)から、the Lead Guest Editorの御招待が届きました。非常に光栄なことですが、今でも一日25時間欲しい状態ですので、こんなの引き受けたら一日28時間は必要になります。体壊すで・・・。そら、誰も引き受けまへんで。涙を飲んでお断りしました。

Dear Dr. Nagasaki,
We are planning to publish a number of Special Issues in the International Journal of Endocrinology http://www.hindawi.com/journals/ije/, and I would like to invite you to be the Lead Guest Editor for a Special Issue on a topic of your choice. The topic of the Special Issue must currently be of increasing interest; it should be broad enough to attract a reasonable number of submissions but at the same time narrow enough to sharpen the focus of the Special Issue.
The International Journal of Endocrinology is published using an open access publication model, meaning that all interested readers are able to freely access the journal online at http://www.hindawi.com/journals/ije/contents/ without the need for a subscription. All published articles will be made available on PubMed Central and indexed in PubMed at the time of publication. The most recent Impact Factor for the International Journal of Endocrinology is 1.948 according to 2014 Journal Citation Reports released by Thomson Reuters (ISI) in 2015.
As the Lead Guest Editor, your main responsibilities would be inviting 2-4 Guest Editors, writing a one-page Call for Papers in consultation with the other Guest Editors, assigning the incoming submitted manuscripts to yourself or the Guest Editors so they can send them for peer review, and coauthoring an Editorial with the other Guest Editors to be published as an opening to the Special Issue. Our staff provides our Lead Guest Editors with as much administrative and editorial assistance as possible to make sure that the whole process is as seamless and rewarding as possible.
Special Issues are made freely available online to all interested readers leading to the maximum possible dissemination and recognition within the scientific community. I would be happy to provide more details if you are interested in being the Lead Guest Editor for one of our upcoming Special Issues in the International Journal of Endocrinology.
I look forward to hearing from you.
Best regards,
Hindawi respects your right to privacy. To see the types of information we may hold or collect about you and how we may use that information, please see our Privacy Policy. If you would prefer not to receive any further messages from International Journal of Endocrinology, please visit our unsubscribe page. 

 本日は「Invitation to Guest Edit a Special Issue for the International Journal of Endocrinology」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

2014.11.27

甲状腺微小乳頭癌に対する長崎甲状腺クリニック(大阪)の考え方

「非手術経過観察中の甲状腺微小乳頭癌」に対するセカンドオピニオンは、お断りしております。

甲状腺微小乳頭癌」に対する長崎甲状腺クリニック(大阪)の考え方は、本ページに記載した通りです。

「非手術経過観察」か「積極的手術」か、あるいは「積極的非手術経過観察」か、どのように考えるかは、患者様自身、医師により異なります。

「非手術経過観察」「積極的非手術経過観察」に納得できないなら、主治医とよく相談されることをお勧めします。

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

「甲状腺がんの非手術経過観察療法」→「手術で取らなくても命にかかわりはない!」は極論と思います。

長崎甲状腺クリニック(大阪)の方針として「甲状腺微小乳頭癌は一律に手術すべきでない」という極論には反対です。特に、癌センターなどでは、「甲状腺乳頭癌など癌ではない」と言い切る癌専門医もいるようです。確かに手術しなくて良い甲状腺微小乳頭癌が多くある一方で、絶対手術すべき甲状腺微小乳頭癌が存在するのも事実です。

[長崎甲状腺クリニック(大阪)は内科系甲状腺専門医ですので手術は致しません]

1cm 未満の微小甲状腺乳頭癌は35歳以上の女性の3.5%に存在するとの報告があります(Takabe et al. KARKINOS 1994)。超音波(エコー)機械の進歩に加え、肺CTや頚動脈エコーで偶然見つかる甲状腺乳頭癌が増えているためで、アメリカでも甲状腺微小乳頭癌が増加しています(JAMA. 2006, 10;295:2164-7)。

近年、手術しないで経過観察するのが主流になりつつあります。絶対手術すべき甲状腺微小乳頭癌も紛れており、見逃してはいけません。

甲状腺微小乳頭癌の中には、浸潤・転移しやすい浸潤型微小乳頭癌が確かに存在します。浸潤・転移しやすい甲状腺微小乳頭癌か否かを調べるのは現時点では不可能で、浸潤・転移するかどうか経過観察するしかありません。

  1. 「周囲リンパ節腫大がなく、遠隔転移が無い症例では、80%の症例で5 年以上経過をみても何の変化もなく、生命にかかわることもなし。」との根拠で、甲状腺微小乳頭癌は手術しない方針を打ち出している医療機関が主流になりつつあります。

    甲状腺微小乳頭癌でも1%は(10年では3.8%)経過観察中にリンパ節転移します(隈病院公表データ: Thyroid,24;7-34,2014)
    実際、橋本病バセドウ病では甲状腺周囲のリンパ節は複数腫れていることが多く、甲状腺微小乳頭癌が発生してもよほど典型的な形状の転移リンパ節でなければ、区別は難しいです。
    (穿刺細胞診は必ずしも確実でなく、全身麻酔によるリンパ節生検も余程疑わしくない限りおこなえません。)

    甲状腺微小乳頭癌でも、経過観察中に肺に遠隔転移すれば甲状腺全摘出して放射線療法が始まります[こうなると「最初から手術していれば甲状腺半分だけの摘出で(全摘したとしても)、放射線治療しなくて済んだ。放射線治療による2次発癌におびえる必要もなかった。」と言う事になります]。肺CTで肺転移の有無を定期的に確認せねばなりません。

    私がこれまで遭遇した症例には、肺転移が先に見つかり、全身の原発巣を調べた結果、甲状腺微小乳頭癌にたどり着いたものが数例あります(浸潤型微小乳頭癌)。
     
  2. 同じ甲状腺微小乳頭癌でも年齢によって予後が違います。通常の甲状腺乳頭癌とは逆で、40 才以下で、サイズ増大・リンパ節転移しやすいです。高齢者の甲状腺微小乳頭癌は進行しにくいです。
    これは、40 才以下の甲状腺微小乳頭癌には大きくなる途上のものが含まれ、高齢者の甲状腺微小乳頭は長年小さいまま変化しないのがほとんどだと考えられます。


  3. 甲状腺微小乳頭癌でも10年では10%以下は経過観察中に3mm以上のサイズ増大します(隈病院公表データ: Thyroid,24;7-34,2014)。若年者では10%です。サイズ増大してから手術すれば間に合うとの見解ですが、1例のみ手術後の残存甲状腺に再度甲状腺微小乳頭癌が現れたそうです(現在は、甲状腺微小乳頭癌でも甲状腺全摘するので心配ないとの事ですが)。

    ※2014年の隈病院の新しいデータでは、15年後に3mm以上のサイズ増大した甲状腺微小乳頭癌の累積率は、なんと!20%(つまり、15年後には甲状腺微小乳頭癌の5人に1人は3mm以上のサイズ増大する)。
    40歳未満の若年者に限定すれば、甲状腺微小乳頭癌発見後15年で、約60%は3mm以上のサイズ増大、約40%はリンパ節転移するというトンデモナイ(15年間、癌の恐怖におびえた挙句、結局手術になるやん。リンパ節転移する前に手術していれば、手術後の再発を一生恐れる精神的負担から解放されるのでは?)
    隈病院の見解では、「手術すれば0.2%に永続性反回神経麻痺の合併症がおこるから、それでも手術せずに経過観察の方が良い」と言う事ですが・・・・

以上から、長崎甲状腺クリニック(大阪)の方針として甲状腺微小乳頭癌も、患者さん本人が強く希望する場合は手術すべきと考えます。

詳細は 甲状腺微小乳頭癌に対する長崎甲状腺クリニック(大阪)の考え方を御覧ください。

本日は甲状腺微小乳頭癌の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

続きを読む

2014.06.30

血液検査で測れるホルモンの数

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝専門の長崎甲状腺(クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

初診時は別として、2-3か月に一度の血液検査で測れるホルモンの数は2つが相場とされます。これは、甲状腺刺激ホルモン(TSH)、甲状腺ホルモン(FT4, FT3)、サイログロブリン副腎下垂体のホルモンすべてから2つを選んでということです。もちろん、医学的な理由ではありません。保険診療のルールなのです。日本の社会保険・国民保険とも赤字財政であり、可能な限り医療費を削減するため、暗黙のルールが存在します。医学的な妥当性がないため、文書としては存在しません(ここが役人のずるいところで、もし文書化されれば医学的な根拠を徹底的に追及されます)。

TSH、FT4, FT3どの2つを選ぶのか

  1. TSH:日内変動ありますが、もっとも感度が高く、もっとも鋭敏に病態を反映するので外せません。
    (夜寝るころ~睡眠中高く、 明け方に下がりますが、こんな時間に誰も採血しません)
    ただし、中枢性甲状腺機能低下症で、構造に欠陥があり本来の機能を果たさないTSHは、経過をみるのに向きません。
  2. FT4:日内変動がないのが利点。脱ヨード酵素により体内で活性型のFT3に変化するため、
    甲状腺機能亢進症/バセドウ病で脱ヨード酵素の働きが強ければ、FT4正常でもFT3が高くなり
    高齢・薬剤などの影響で脱ヨード酵素の働きが弱ければ、FT4正常でもFT3が低くなります。
  3. FT3:わずかな日内変動あります。
    甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、FT4正常でもFT3が高くなることがあり(T3優位型バセドウ病)、バセドウ病の活動性をFT4より正確に反映します。
    甲状腺全摘出後は、FT4よりもFT3が身体症状を強く反映するとされます。(第55回 日本甲状腺学会 O-03-02 甲状腺全摘出術後LT4服用患者の甲状腺機能と身体症状の関連についての検討)(甲状腺癌全摘出後のホルモン補充療法 )

結局、個々人の病態により、最適な2つを的確に選択せねばなりません。(甲状腺専門医の腕の見せどころでしょうか

本日は血液検査で測れるホルモンの数の話でした。

文責:長崎甲状腺(クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺(クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

2014.06.29

Call for New Editor in Chief

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

よほど人がおらんのかいな。 PHARMACOLOGIAという学術誌がEditor in Chief (編集長)を募集しており、志願せんかとのことです。MD and/or PhD degree(臨床医・医学博士)であるのが条件で、そんなもん今時誰でももっとるやろ。全く興味ないので応募しません。

Dear Dr. Toshiki Nagasaki 

As of May 20, 2014, new Management has been taken over the charge of PHARMACOLOGIA immediately and the very first task for the new management is to search out the new Editor in Chief and then new editorial board which will take full responsibility on July 1, 2014. 
PHARMACOLOGIA is currently inviting nominations and applications for the position of Editor-in-Chief for a two-year term, ending December 31, 2016. The Editor-in-Chief is responsible for oversight of each journal issue, all supplements, and the journal website. The transition will begin September 1, 2014, with full responsibility on January 1, 2015. 
Candidates must hold a MD and/or PhD degree or equivalent and should hold an ongoing clinical practice and/or academic position. Candidates must be acknowledged experts and thought-leaders in the field and members of leading professional societies in the field of pharmacology. Candidates must have considerable authoring and editing experience in prominent, peer-reviewed journals and should have experience as active members and peer-reviewers on the Editorial Boards of journals in the field, with a proven track record for excellence and timeliness. Candidates must possess excellent communication, organizational and interpersonal skills, and a wide network of professional contacts. Candidates must be able to meet the time demands of the Editor-in-Chief position. 
Interested candidates should submit their most updated CVs, with the following documents to the Publications Committee by email editor@pharmacologia.com with a letter from the head of department indicating that their support of the application, indicating that they are in principle willing to support their active participation in the journal for a potential period of 2-3 years. A cover letter from the applicant explaining their motivation behind the application. 
For further information and clarifications, please write email to editor@pharmacologia.com 
Regard 
Marc Carus 
Pharmacologia, Science Reuters 
26 York Street, London, W1U 6PZ, UK 
Fax: +44 203 357 3191 
http://www.pharmacologia.com
________________________________________

本日は甲状腺・動脈硬化・糖尿病とは無関係で編集長募集の話でした。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

2014.02.10

海外学術誌からの依頼が多すぎる!

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

アメリカ内分泌学会誌(通称JCEM)から論文審査(Reviewer)依頼が時々届きますが、それ以外の海外の学術誌からもオファーが来るようになりました。また、以下のように”自分ところの雑誌に論文出してくれ!!”と言う強引なものまで現れました。とても時間を裂けるような状況でないため全てお断りしています。

名誉な事なのでしょうが・・・

  • Journal of Thyroid Disorders & Therapy

We would like to invite you to contribute a Manuscript for publication in the Journal of Thyroid Disorders & Therapy. We have chosen selective Scientists/ Researcher who contributed their excellent work in the field of Thyroid Disorders & Therapy to help us in releasing the best quality articles for upcoming issue. I kindly request you to contribute any kind of article (Research, Review, Short Commentaries, Case reports, Mini Review, etc.)

  • Journal of Atherosclerosis and Thrombosis

We recently sent an e-mail asking if you would like to review the above-referenced manuscript.  We have not heard from you so we are resending this invitation.  Please let us know if you are able to review this manuscript

I am approaching you with the peer-review request of the below mentioned manuscript  submitted in Advances in Research

I would be grateful if you would kindly find some time to review the above mentioned manuscript and send your valuable comments within 21 calendar days (13 Dec’2013). Abstract of the manuscript is available as attachment. If you accept our invitation, we’ll send you the full paper.  Authors’ affiliation will be supplied, if requested by the reviewer.

本日は「海外の学術誌から論文審査(Reviewer)依頼」の話でした。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

2014.02.05

ネット de 内覧会開催中

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

私の同期の氷室先生という方が都島で神経内科クリニックを開院されました。
大阪市大に居た頃、大変お世話になった先生です。豪快でありながら、常に冷静に医療に臨むスタイルは、同期の中でも傑出していた事を覚えています。

認知症、パーキンソン病など神経内科疾患でお困りの方は是非、氷室クリニックを受診ください。

その氷室クリニックの内覧会、行きたかったのですが時間の都合が付きませんでした。

ここで、ふと思ったのですが、当院は内覧会などしていなかったのです。では、せめてネット de 内覧会でもしてみようと思い立ちました。

ネット de 内覧会

本日は「ネット de 内覧会」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

2014.02.05

日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医: 内分泌代謝専門医との違い

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

内分泌代謝専門医は甲状腺が専門とは限りません。日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医は100%甲状腺の専門家です。

甲状腺専門医は大阪府内で30人程しかいません。ほとんどは阪大系列の方で、北大阪に集中しており、大阪市大系列は、ごく少数です。

5年前に新設されたばかりの資格です。大阪市立大学は国際舞台での英語研究発表で、国内学会に眼が向かず、日本甲状腺学会入会、甲状腺専門医認定が遅れました。

本日は「甲状腺専門医」の話でした。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

2014.02.03

肥満指導にサノレックス(マジンドール)は使いません

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

肥満指導においてサノレックス(一般名マジンドール)は使用いたしません。これは、依存性・禁断症状が生じる危険性のある薬です。3か月以上の使用は禁止されているため、患者が薬を求めて肥満指導をしている医療機関をハシゴしているようです。

肥満指導

当院オリジナルの肥満指導は
step 1:甲状腺機能低下症による脂肪分解の低下、甲状腺機能亢進症/バセドウ病による異常食欲亢進(痩せると思われがちですが、30%の人は食欲が上回り逆に太るのです)、副腎皮質ホルモン分泌過剰[クッシング症候群(あるいはクッシング病)]による脂肪同化、インスリノーマ(インスリンを過剰分泌する膵臓の腫瘍)による脂肪同化の可能性がないか検査
step 2:食生活、一日の運動量、日常の生活パターンなどをヒアリングし、問題点を指摘。改善方法を指示。

step 3:原則行わない方針ですが、希望される方のみ、脂肪分解・脂肪燃焼を促進する漢方、ビタミンなどを処方。

サノレックス(一般名マジンドール)は使用いたしません。これは、依存性・禁断症状が生じる危険性のある薬です。3か月以上の使用は禁止されているため、患者が薬を求めて肥満指導をしている医療機関をハシゴしているようです。

肥満の漢方薬 治療 (ダイエット漢方)

漢方薬にも糖・内臓脂肪を分解し、メタボリック症候群、生活習慣病を改善する成分が含まれています。これは、甲状腺ホルモンが脂肪を分解したり、ある糖尿薬が腸からの糖吸収を妨げるのに似ています。

アクティブ肥満:血の気の多いタイプ「防風通聖散」「大柴胡湯」
むくみ肥満:冷え性・虚弱タイプ「防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)」「五苓散」
ストレス肥満:過食症タイプ「加味逍遥散」「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」
更年期・出産後肥満「桃核承気湯」「桂枝茯苓丸」

に分け、最適の漢方をチョイス。

本日は「肥満指導においてサノレックス(一般名マジンドール)は使用いたしません」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

2013.07.13

今年も日本甲状腺学会にて発表します

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

今年も日本甲状腺学会にて発表します。

 橋本病合併関節リウマチ患者における甲状腺内部の不均質性とmatrix metalloproteinase-3の相関

抄録本文:

【目的】関節リウマチ(RA)に橋本病(HT)が高頻度に併発する。RAの最終的な関節破壊と活動性のマーカーであるmatrix metalloproteinase-3(MMP-3)から、両疾患の関連を前向きに検討した。

【方法】53人の連続したRA患者のMMP-3と、甲状腺内部の超音波強度の不均質性を表す不均質係数[heterogeneity index (HI)]を測定した。HIは超音波強度のCV (SD/mean)と定義した。

【結果】TPO-AbかTg-Abを有するHTは、RA患者の34.0%だった。HT併発群はRA単独群に比べ、男女比、TSHとHIが有意に高かった(5/13 vs 7/28, p=0.047, means±SE; 7.25±0.69 vs 2.52±0.30 mIU/l, p<0.001; 3.8±0.2 vs 3.2±0.2 %, p=0.042)が、MMP-3に有意差はなかった。HT併発群でMMP-3はFT3と有意な負の相関(rho=-0.545, p=0.048)を、TPO-AbとHIに有意な正の相関(rho=0.735, p=0.02; rho=0.769, p=0.01)を示した。HIはMMP-3の有意な正の寄与因子だった(r=0.883, F=31.91)。

【結論】HT併発RA患者で、HIが有意に増加し、MMP-3の有意な正の寄与因子になる事を報告した。HTの炎症や破壊が、RAの最終的な関節破壊と疾患活動性に密接に関連する可能性が考えられた。

本日は日本甲状腺学会にて発表予定の「橋本病合併関節リウマチ患者における甲状腺内部の不均質性とmatrixmetalloproteinase-3の相関」の話でした。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

2013.03.05

初の指導論文完成

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

初の指導論文(要するに、誰かの研究を指導して完成させた論文)を投稿中です。今まで、自分自身が筆頭著者である事に頑なに、こだわり続けていましたが・・・・。しかし、学位の指導をする事は、教授との約束ですので、無事約束を果たして肩の荷が下りた気分です。

内容は、橋本病における最終的な甲状腺の破壊の程度は、最初から決まっており、甲状腺ホルモンが低下する前の初期でも、最終的な破壊の程度に応じた甲状腺内部の変化をエコーで評価できると言うものです。

Thyroid heterogeneity, as indicated by the CV of ultrasonographic intensities, correlates with anti-thyroid peroxidase antibodies in euthyroid Hashimoto's thyroiditis

Wakita Y, Nagasaki T, Nagata Y, Imanishi Y, Yamada S, Yoda K, Emoto M, Ishimura E et al.Thyroid Research 2013,6:5 (23 March 2013)

本日は「指導論文を初めて完成させた」の話でした。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら