長崎俊樹 院長ブログ[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2019.10.01

大阪警察病院 (内分泌外科、ER・救命救急科、血液内科)との連携開始

大阪市立大学医学部附属病院、大阪急性期総合医療センター、大阪警察病院(第2大阪警察病院含む)への紹介状を書かせる事が目的の当院への受診は一切お断り

こんにちは。甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 長崎俊樹です。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

長崎甲状腺クリニック(大阪)が提携する高次機能病院は、主に

  1. 大阪市立大学医学部附属病院
  2. 大阪急性期総合医療センター(耳鼻咽喉科・頭頚部外科)
  3. 東住吉森本病院(救急総合診療センター、放射線科など)

でしたが、新たに大阪警察病院(第2大阪警察病院含む)(内分泌外科、ER・救命救急科、血液内科)とも連携を開始しました。

内分泌外科部長の鳥 正幸先生と直接お会いして、話を詰めさせていただきました。大阪で唯一、甲状腺の内視鏡手術が可能な大阪警察病院との提携は、長崎甲状腺クリニック(大阪)にとっても大きな収穫です。(甲状腺内視鏡手術

同時に、ER・救命救急科、血液内科(金 義浩部長)での無顆粒球症の対応もお約束していただけ、更に長崎甲状腺クリニック(大阪)の診療の幅が広くなりました。バセドウ病の薬の副作用として、いつ起こるのか分からない無顆粒球症の24時間対応をお願いしているのは、東住吉森本病院(救急総合診療センター)だけでしたが、大阪警察病院が近い方もおられ利便性が向上しました。

本日は「大阪警察病院 (内分泌外科、ER・救命救急科、血液内科)との連携開始」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら