検索

甲状腺の腫れだけの単純性甲状腺腫、甲状腺に異常なく数値異常の低T3症候群 [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコーの長崎クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見④甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

単純性甲状腺腫

甲状腺の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

Summary

甲状腺がはれているだけで原因不明の単純性甲状腺腫は将来、バセドウ病橋本病になる可能性があります。甲状腺に異常がないのに甲状腺の数値が異常のノンサイロイダルイルネス(低T3症候群、ユウサイロイドシック症候群)を解説。

甲状腺がはれているだけで原因不明の単純性甲状腺腫

単純性甲状腺腫は、甲状腺が全体的にはれているだけで、腫瘍や炎症なく、ホルモンも異常ありません。年齢的には思春期(成長期)の女性に多く見られます(男性の5~10倍)。単純性甲状腺腫の1/3は、親戚や家族にバセドウ病橋本病の人がいるとされます。

単純性甲状腺腫

将来、バセドウ病橋本病になる可能性があるため、定期的に血液検査・甲状腺超音波(エコー)検査を行う必要があります。また、ヨーロッパでは、長い間経過を見ると甲状腺に複数の腫瘍ができる腺腫様甲状腺腫になることがあるとされます。ただし、日本で同じかどうかは不明です。

ほとんどの場合、治療は必要ありません。甲状腺の腫れが大きく、圧迫症状があれば、甲状腺ホルモン剤を飲んで縮める治療をすることもあります。

単純性甲状腺腫の超音波(エコー)画像

正常な甲状腺 超音波(エコー)画像

正常な甲状腺 超音波(エコー)画像

単純性甲状腺腫 超音波(エコー)画像

単純性甲状腺腫 超音波(エコー)画像

甲状腺腫内部は、破壊性変化が全くなく、ただ腫れているだけです。

甲状腺に異常がないのに甲状腺の数値が異常(ノンサイロイダルイルネス)

ノンサイロイダルイルネスとは

ノンサイロイダルイルネスは、甲状腺に異常がないのに甲状腺の数値が異常になる、一見、理解しにくい病態です。あらゆる甲状腺以外の病気でおこる可能性があり、特に慢性の消耗性疾患・ICU入院中の患者に多くみられます。

低T3症候群

別名、低T3症候群(low T3 syndrome)、ユウサイロイドシック症候群(euthyroid sick syndrome)。検査所見は

  1. 血清FT3は低値
  2. 基礎疾患が重篤化するとFT4も低値
  3. TSHは正常
  4. rT3(保険適応外検査)の値が上昇

です。

  1. 甲状腺ホルモン(FT3、FT4)の低下は、慢性の消耗性疾患で甲状腺ホルモンによるタンパク分解が進まないようにする生理的代償反応です。末梢の1型5’-脱ヨード酵素活性低下および異所性3型5-脱ヨード酵素活性亢進が関与します。
  2. 甲状腺自体からのT3分泌低下も関与します。
  3. 血清FT3が低下しているのに、TSHは正常です。これは、
    TSH分泌を調節する2型5’-脱ヨード酵素活性は正常なため、
    サイトカインによるTRHの分泌低下のためです

低T3症候群(low T3 syndrome)が更に進行すると、

  1. 低T3,T4症候群(low T3,T4syndrome)
  2. 低T3,T4,TSH症候群(low T3,T4,TSHsyndrome)

になり、

  1. 中枢性甲状腺機能低下症
  2. 無痛性甲状腺炎の経過中

との鑑別が必要です。

低T3,低TSH,高T4は甲状腺機能亢進症/バセドウ病に低T3 症候群を合併

低T3,低TSH,高T4を認めた場合、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に低T3 症候群を合併した可能性を考えねばなりません。甲状腺機能亢進症/バセドウ病単独では、低TSH,高T3,高T4になるべきところが、T4→T3への変換が妨げられ(第55回 日本甲状腺学会 P1-08-11 バセドウ病に進行食道癌による低T3 症候群を合併した一例)

低T3,低TSH,正T4の事も

甲状腺機能亢進症/バセドウ病に低T3 症候群を合併した場合、低T3,低TSH,正T4の事もあります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病単独に、低T3,T4症候群(low T3,T4syndrome)、あるいは低T3,T4,TSH症候群(low T3,T4,TSHsyndrome)が重なるためです。

(第55回 日本甲状腺学会 P1-08-12 1 型糖尿病による高血糖のため、low T3 症候群を呈したバセドウ病の1 例)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード