検索

亜急性甲状腺炎       [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 動脈硬化の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺の基礎知識を、初心者でもわかるように、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が解説します。

高度で専門的な知見は甲状腺編 甲状腺編 part2 甲状腺編 part3 を御覧ください。

亜急性甲状腺炎の性別・年齢層,原因,症状,検査,ステロイド治療,再発を解説。亜急性甲状腺炎の80%以上でHLA-B*35陽性、約50%で1ヶ月以上前に上気道感染。発熱・甲状腺のはれ・移動性の痛み、痛みに一致して低エコー領域。バセドウ病へ移行することあり。副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)が劇的に効く。

亜急性甲状腺炎の性別・年齢層

亜急性甲状腺炎は30歳代、40歳代の女性に多く、女性は男性の12倍です。

亜急性甲状腺炎の原因

亜急性甲状腺炎

  1. 夏に多く、冬にもみられ、約50%で1ヶ月以上前に上気道疾患にかかっていて、ウイルス感染後におこる過剰な免疫反応と考えられます。(ウイルスは、インフルエンザウイルス、ムンプスウイルス、アデノウイルス、エコーウイルス、コクサッキーウイルスなど様々)
  2. 組織適合性抗原HLA-B*35:01、HLA-B*67:01に関連が強いとされ、この遺伝子型をもつ人に特に起こりやすいとされます(亜急性甲状腺炎の83-87%でHLA-B*35陽性)。

亜急性甲状腺炎の症状

亜急性甲状腺炎の症状は、

  1. 発熱
  2. 甲状腺のはれ、痛みで、左右どちらかから始まり、他方へだんだん移動していきます。痛みがある部分は硬く、「癌より癌らしい硬さ」といわれます。
  3. 甲状腺中毒症バセドウ病ほどではありませんが、血中の甲状腺ホルモンが過剰になり、動悸息切れ、発汗、倦怠感などがおこります。
    甲状腺の組織が破壊され、内部の甲状腺ホルモンが急激に血液中に放出されるためです。

亜急性甲状腺炎の検査

亜急性甲状腺炎の診断は

  1. 炎症反応:血中CRPの上昇
  2. 甲状腺超音波(エコー)検査で亜急性甲状腺炎に特徴的な所見(痛みがある・あるいはあった所が炎症の強い部分で、エコー輝度が低く、黒色に見えます。同部は硬く、エラストグラフィーにて青く見えます。)
  3. どうしても診断付かない場合、甲状腺穿刺細胞診で免疫細胞である多核巨細胞/類上皮細胞と、好中球(急性炎症の白血球)の浸潤を証明。
亜急性甲状腺炎 超音波(エコー)画像

亜急性甲状腺炎 超音波(エコー)画像

亜急性甲状腺炎細胞診

亜急性甲状腺炎細胞診(写真:隈病院 第10回神戸甲状腺診断セミナーより提供)

エコー亜急性

亜急性甲状腺炎バセドウ病橋本病(慢性甲状腺炎)の合併/移行

亜急性甲状腺炎の経過中、バセドウ病の自己免疫抗体(TSH受容体抗体:TRAb)、橋本病(慢性甲状腺炎)の自己免疫抗体[抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)もしくは抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]が、血液検査で検出されることがあります。

  1. 既にバセドウ病橋本病(慢性甲状腺炎)ひとが亜急性甲状腺炎になった
  2. もともとバセドウ病橋本病(慢性甲状腺炎)素因のある人の自己免疫反応が、亜急性甲状腺炎で破壊され血中へ放出された甲状腺濾胞細胞が抗原となり誘発された

と考えられます。亜急性甲状腺炎終息後

  1. ほとんどはTSH受容体抗体・抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)消失
  2. TSH受容体抗体・抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)残存し、バセドウ病橋本病(慢性甲状腺炎)へ移行

亜急性甲状腺炎の鑑別

  1. 甲状腺未分化癌
  2. 甲状腺原発悪性リンパ腫
  3. 甲状腺乳頭癌被膜浸潤・腫瘍内出血・急速な増大・甲状腺乳頭癌周囲の炎症巣(炎症反応も出て、炎症部の穿刺細胞診でも癌細胞出ない)
  4. のう胞性腫瘍、のう胞内出血甲状腺エコーで一目瞭然
  5. 急性化膿性甲状腺炎亜急性甲状腺炎と同じような症状。
    皮膚に発赤がある点、
    甲状腺周囲に膿を認める点、炎症所見(WBC, 好中球, CRP)の上昇が高度である点
    が異なります。
    甲状腺エコー/CTで判別、穿刺細胞診で膿を証明。
    甲状腺エコーを行わず、
    亜急性甲状腺炎と高をくくり、ステロイド剤を投与してしまうと、急性化膿性甲状腺炎を悪化させます。(第58回 日本甲状腺学会 P1-8-3 亜急性甲状腺炎の診断でステロイド投与がなされた急性化膿性甲状腺炎の一例)
  6. 甲状腺結核
  7. 橋本病急性増悪:亜急性甲状腺炎と同じような症状。甲状腺エコーで簡単に判別
  8. リーデル甲状腺炎
  9. 頸静脈血栓性静脈炎:甲状腺エコーで簡単に判別
のう胞内出血

のう胞内出血

頸静脈血栓性静脈炎

頸静脈血栓性静脈炎

亜急性甲状腺炎の治療

亜急性甲状腺炎の治療

副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)が劇的に効きます。たいてい服薬開始後、1-2日で、痛みも消え、熱も下がり、治ったような錯覚に陥ります。これにだまされ、服薬中止すれば(患者の自己判断・治療経験のない医者)、1週間以内に元の症状になり、最初からステロイドをやり直さねばなりません。最善の方法は、エコー所見で改善しているか確認しながらステロイドをゆっくり着実に減量する事です。(2-3か月はかかります。)

具体的には、長崎甲状腺クリニック(大阪)でしかできない亜急性甲状腺炎の治療プロトコル をご覧ください。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病に使う抗甲状腺薬は効きません。また、ロキソニンなどの抗炎症薬はほとんど効果ありません。

齲歯(虫歯)治療中の方に副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)投与はできません。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、齲歯(虫歯)治療中の方に副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)投与はできません。他の甲状腺専門医施設では、気にせず副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)投与する所もあるでしょう。

副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を20mgから開始し、数か月投与すると、正常な免疫も抑えられ、日和見感染(通常では感染しないような弱毒菌で重篤な感染症)起こす危険が生じます。齲歯(虫歯)治療中は、傷口から口腔内の弱毒菌が血中へ入り日和見感染→感染性心内膜炎に至ります(糖尿病と歯周病⇒急性化膿性甲状腺炎・全身膿瘍・感染性心内膜炎)。

亜急性甲状腺炎の転帰

某甲状腺専門病院のホームページには「自然に治る病気ですので、慢性化することはなく、再発もめったにありません。」と楽観的なことが書かれていますが、現実は異なります。

  1. 他院の治療が遅れ、甲状腺全体が破壊され尽くし、永続的甲状腺機能低下症になった亜急性甲状腺炎の方も長崎甲状腺クリニック(大阪)におられます。
  2. 亜急性甲状腺炎の1年後以上の再発は1-2%あるとされ、長崎甲状腺クリニック(大阪)でも20年後に再発した亜急性甲状腺炎がありました。亜急性甲状腺炎は組織適合性抗原HLA-B*35:01、HLA-B*67:01に関連が強いとされ、HLAの型は遺伝子で決まっているため、再発しても不思議ではありません。
  3. 2回目の亜急性甲状腺炎は、1回目に比べて症状は軽くなります。
  4. バセドウ病に移行することあり、日本甲状腺学会では毎年、どこかの施設が亜急性甲状腺炎からバセドウ病へ移行した症例を報告しています。
    これは、もともとバセドウ病の素因のある人の自己免疫反応が、破壊され血中へ放出された甲状腺濾胞細胞が抗原となり誘発されるためと考えられます。

上記のような事にならなくても、ある程度、甲状腺に破壊がおこり、代償的に組織が増殖すると、

  1. のう胞変性;甲状腺組織が溶けてしまい、空洞ができます。
  2. 代償的に組織が増殖し、腺腫様結節(過形成結節)

が生じます。長崎甲状腺クリニック(大阪)では、亜急性甲状腺炎が終息後数カ月で、念のため甲状腺超音波(エコー)検査を施行するようにしています。

亜急性甲状腺炎後の、のう胞変性

亜急性甲状腺炎後の、のう胞変性 超音波(エコー)画像

亜急性甲状腺後発生した腺腫様結節

亜急性甲状腺後発生した腺腫様結節 超音波(エコー)画像

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,天王寺区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード