検索

不妊・生理不順---高プロラクチン血症         [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

内分泌代謝(下垂体・妊娠/不妊等):最新・専門の検査/治療/知見  長崎クリニック(大阪)

甲状腺内分泌代謝の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)MRI画像

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝(副甲状腺/副腎等)・糖尿病に御用の方は  甲状腺編   動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編   をクリックください

Summary

下垂体の乳汁分泌ホルモン、プロラクチン増加(高プロラクチン血症)により不妊(排卵障害)・無月経になります。高プロラクチン血症の原因は、プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)甲状腺機能低下症、視床下部腫瘍、薬剤性高プロラクチン血症(ドーパミンブロック薬)、妊娠中など。プロラクチノーマは、女性は無月経や不妊、乳汁分泌おこし微小腺腫で、男性では視神経障害などマクロアデノーマになり見つかる事多い。下垂体ダイナミックMRIで見つけ、妊娠希望女性・視神経障害がある場合手術、それ以外ドパミン受容体刺激薬ブロモクリプチン,テルグリド,カベルゴリン。低ゴナドトロピン性性腺機能不全は,黄体刺激ホルモン(LH)/卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌低下です。

不妊・生理不順---高プロラクチン血症

甲状腺機能低下症と高プロラクチン血症

脳下垂体ホルモンの一つプロラクチンは、脳内でTSH(甲状腺刺激ホルモン)と調節機構が同じです。

原発性甲状腺機能低下症橋本病をはじめ、甲状腺自体に問題がある甲状腺機能低下症)では、下垂体-甲状腺フィ-ドバック機構により、TRH(TSH放出ホルモン)上昇→TSHとプロラクチン上昇がおこります。

高プロラクチン血症

下垂体で作られる乳汁分泌ホルモン、プロラクチン増加により授乳中と同様な卵巣抑制がおこり、不妊(排卵障害)・無月経になります。排卵障害の10~20%を占めます。

  1. プロラクチン産生性下垂体腺腫(20代女性に多い)
  2. 甲状腺機能低下症
  3. 視床下部障害(頭蓋咽頭腫、髄膜腫、転移性脳腫瘍など)
  4. 薬剤性高プロラクチン血症(ドーパミンをブロックする睡眠薬、精神安定剤、胃薬)
  5. すでに妊娠中(非妊娠時6.1~30.5ng/mℓ、妊娠中100~300 ng/mℓ)。
  6. 授乳中

プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)

プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)とは

プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)は、プロラクチン(PRL)産生する下垂体腺腫。下垂体腺腫の約30%を占め、若い女性(20~40歳代)に多いです。男性では、中高年に多くみられ、腫瘍が大きいことが特徴です。

プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)の症状

高プロラクチン血症(乳汁分泌)

プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)の症状は、女性は無月経や不妊、乳汁分泌(実際は乳腺を強くつねらないと出ないです)のため、腫瘍が小さい微小腺腫(ミクロアデノーマ: 10 mm未満)の段階で見つかる事が多いです。男性では、稀に乳汁分泌を認めますが、性機能低下程度の症状なので、腫瘍が大きくなり(マクロアデノーマ: 10 mm以上)、視神経を圧迫したり、頭蓋内圧亢進による頭痛がおこったりして見つかる事が多いです。

プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)の診断

  1. 複数回測定し、プロラクチン(PRL)基礎値がいずれも20 ng/ml (測定法により30 ng/ml)以上:プロラクチン(PRL)は睡眠、ストレス、性交、運動などに影響されるため
  2. その他の高プロラクチン血症おこす病気を除外
  3. 下垂体ダイナミックMRIプロラクチノーマを検出
プロラクチノーマ(下垂体ダイナミックMRI)

プロラクチン産生性下垂体腺腫(プロラクチノーマ)の治療

プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)の治療は、薬物治療が中心である点が他の下垂体腺腫と異なります。妊娠出産を希望する女性・視神経障害がある場合手術。

ドパミン受容体刺激薬ブロモクリプチン(パーロデル®),テルグリド(テルロン®),カベルゴリン(カバサール®)で腫瘍縮小効果(長期投与で線維化し手術できなくなります)、副作用は

  1. 悪心嘔吐・胃十二指腸潰瘍
  2. 高血圧・起立性低血圧
  3. 幻覚・妄想・ジスキネジア
  4. 心臓弁膜症・肺線維症・後腹膜線維症

プロラクチン産生性下垂体腺腫と自己免疫性下垂体炎(リンパ球性下垂体炎)を鑑別できない場合

プロラクチン産生性下垂体腺腫と自己免疫性下垂体炎(リンパ球性下垂体炎)を鑑別できない場合があります。

血中プロラクチン増加とMRIで下垂体腫大を認め、さらにダイナミック(造影)MRIで下垂体辺縁のみ増強されると、両者を鑑別できません。

下垂体生検おこない、リンパ球・形質細胞認めれば、自己免疫性下垂体炎(リンパ球性下垂体炎)が確定します。(第207回日本内科学会 近畿地方会:P127,非典型的な画像所見を示しステロイド療法により著明な改善を認めた自己免疫性下垂体炎の1例)

不妊・生理不順---中枢性性低ゴナドトロピン性腺機能低下症(男性不妊も)

Summary

低ゴナドトロピン性性腺機能不全は下垂体の黄体刺激ホルモン(LH)/卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌低下。治療は性ホルモン剤補充。カルマン(Kallmann)症候群は二次性徴の障害と嗅覚障害。

Keywords

低ゴナドトロピン性性腺機能不全,下垂体,黄体刺激ホルモン,LH,卵胞刺激ホルモン,FSH,性ホルモン,カルマン症候群

低ゴナドトロピン性性腺機能不全は、下垂体の黄体刺激ホルモン(LH)/卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌低下と、LHあるいはFSH単独の分泌低下です。治療は性ホルモン剤内服あるいは注射による補充を行います。挙児希望時か否かにより、男女とも性ホルモン補充の方法が異なります。

  1. 女性
  2. 男性:GnRH(LHRH)間欠皮下注療法またはhCG-hMG (FSH)療法
  3. カルマン(Kallmann)症候群

女性

  1. 挙児希望がない時。排卵誘発必要なし。第1度無月経、無排卵周期症、希発月経など軽度では、黄体ホルモン剤のみ(ホルムストローム療法)。第2度無月経はエストロゲン剤およびプロゲストーゲン剤を併用(カウフマン療法)。
  2. 挙児希望がある時。排卵誘発。第1度無月経、無排卵周期症、希発月経など軽度ではクロミフェン療法。第2度無月経ではゴナドトロピン療法[hCG-hMG(FSH)療法、LHRH間欠投与法)]を行う。

男性:GnRH(LHRH)間欠皮下注療法またはhCG-hMG (FSH)療法

  1. エナント酸テストステロンデポ剤の注射による補充(2-4週に1回)
  2. GnRH(LHRH)療法は視床下部性性ゴナドトロピン分泌低下症に有効ですが、下垂体が廃用性萎縮していると無効。
  3. 精子形成には、hCG-hMG (FSH)療法です。テストステロン投与で二次性徴を発現させ、挙児の希望の時にhCG-hMG (FSH)療法に切り替えます。

カルマン(Kallmann)症候群

カルマン(Kallmann)症候群とは

カルマン(Kallmann)症候群は、10万人に1.2〜10名程の稀な病気です。

カルマン(Kallmann)症候群は、胎生期の嗅脳原基より発生するゴナドトロピン放出ホルモン(LHRH)神経が、本来行くべき視床下部へ遊走せず、LHRH分泌が低下し、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症をきたす病気です。

嗅球障害も合併し、無嗅症や低嗅症、腎形成異常や難聴、口唇口蓋裂なども合併します。

カルマン(Kallmann)症候群

カルマン(Kallmann)症候群の症状

  1. 思春期における二次性徴の障害(女児で14歳、男児で15歳まで二次性徴が発来しないか、発来しても不完全)
  2. 思春期は一時的に低身長、しかし骨年齢が遅延するため最終的には高身長
  3. 骨密度は同年齢に比し低いが、性ホルモン補充により増加
  4. 無嗅症や低嗅症、腎形成異常や難聴、口唇口蓋裂なども合併する事がある(重症度に差がある)。

カルマン(Kallmann)症候群の治療

前項参照。

カルマン(Kallmann)症候群の予後

カルマン(Kallmann)症候群の予後は、

  1. 適切な性ホルモン補充療法により、二次性徴の進行・身長増加・骨密度増加が認められます。
  2. 生殖補助医療により挙児の例も報告されています。
  3. 一部症例で自然軽快も報告されています。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード