検索

甲状腺と白内障、緑内障        [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、白内障、緑内障の診療は行っておりません。これらは眼科で行うものです。

甲状腺専門の長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

甲状腺と白内障、緑内障

(写真 eo健康より)

Summary

白内障手術により沈静化している甲状腺眼症/バセドウ病眼症が再活性化される事あり。副甲状腺機能低下症、クッシング症候群・副腎皮質ステロイド長期投与、亜鉛欠乏症、糖尿病でも白内障。甲状腺機能亢進症/バセドウ病は緑内障(開放隅角緑内障、正常圧緑内障)頻度高い、活動型バセドウ病眼症は緑内障の可能性、眼窩内圧高くなると眼球を前に押し出すため眼圧も連鎖的に上昇。甲状腺機能低下症は線維柱帯に過剰なムコ多糖体が蓄積、緑内障に。

Keywords

白内障,甲状腺眼症,バセドウ病眼症,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,緑内障,開放隅角緑内障,正常圧緑内障,甲状腺機能低下症,甲状腺

甲状腺と白内障

内分泌代謝と白内障

「白内障は加齢よって起こるもの」と信じて疑わない人が大勢います。内分泌代謝の病気によって起きる白内障がかなりの数あります。代表的なのは

  1. 副甲状腺機能低下症
  2. クッシング症候群 副腎皮質ステロイドの長期投与
  3. 亜鉛欠乏症
  4. 糖尿病

白内障手術と甲状腺眼症/バセドウ病眼症

白内障 眼内レンズ挿入

白内障手術により沈静化している甲状腺眼症/バセドウ病眼症が再活性化される可能性があります(Jpn J Ophthalmol. 2009 Jan;53(1):44-46.)。

(写真 白内障 眼内レンズ挿入 第111回医師国家試験問題)

甲状腺と緑内障

緑内障は視力障害・失明の原因の第一位を占め、発生率は年齢とともに増加します。緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が上昇する病気です。(写真 eo健康より)

眼の中の水(房水)は、新たに産生される一方、隅角から、フィルターの役割をする線維柱帯を通って眼の外に排出されます。そのバランスで房水の量は一定に保たれていますが、線維柱帯が詰まると、房水を排出できなくなり、過剰な房水の蓄積で眼圧が上昇します。

緑内障

緑内障の症状は

  1. 頭痛(悪心を伴う場合あり)
  2. 霧視

緑内障の検査は

  1. 眼圧上昇
  2. 視野狭小化、暗点
  3. 眼底検査で視神経乳頭陥凹の拡大

が認められます。

甲状腺眼症/バセドウ病眼症緑内障

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では緑内障(開放隅角緑内障、正常圧緑内障)の頻度が高いとされます。(Am J Ophthalmol. 2000 May;129(5):613-7.)

活動型バセドウ病眼症では緑内障おこす可能性がある(Ophthalmology. 1997 Jun;104(6):914-7.)

甲状腺眼症/バセドウ病眼症では、眼球の後ろにある眼窩の炎症により眼窩内圧が高くなります。一方、緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が上昇する病気で、圧が上昇する場所が異なります。しかし、眼窩内圧が高くなると眼球を前に押し出すため、眼圧も連鎖的に上昇します(Otolaryngol Clin N Am. 2006;39:923–42.)。そのため、甲状腺眼症/バセドウ病眼症を、ただの緑内障と間違える事あります。

甲状腺機能低下症/橋本病内障

甲状腺機能低下症/橋本病緑内障の因果関係が報告されています(Eur J Ophthalmol. 2005;15:556–61.)(Ophthalmology. 2004;111:1649–1652.)。特に甲状腺ホルモン剤服用中の患者に多いとの報告もあります(Eye (Lond). 2004 Jun;18(6):600-8.)。

甲状腺機能低下症では、線維柱帯に過剰なムコ多糖体が蓄積し、界面活性剤のように隣接する内皮膜に、くっ付きます(Eye. 2004;18:600–608.)。

甲状腺機能低下症/橋本病緑内障に関連を否定した報告もあります。(PLoS One. 2015 Jul 31;10(7):e0133688.)

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪) 

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,浪速区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら