検索

チラーヂンS飲み間違い・ノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)[橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコー 長崎甲状腺クリニック大阪

服薬自己管理できない認知症患者

甲状腺専門長崎甲状腺クリニック(大阪府大阪市東住吉区)院長が海外・国内論文に眼を通して得た知見、院長自身が大阪市立大学 大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科で得た知識・経験・行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)以外の写真・図表はPubMed等で学術目的にて使用可能なもの、public health目的で官公庁・非営利団体等が公表したものを一部改変しています。引用元に感謝いたします。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

※英語でThyradin®、発音はチラーディンとなるため、「チラーヂンS」と「チラージンS」、「ヂ」と「ジ」どちらが正しいと言う訳ではありません。日本での商標は「チラーヂン®」になっています。

チラーヂンS錠で副作用

チラーヂンSの正しい飲み方、チラーヂンSが下痢/食事/薬/サプリ・健康食品で吸収されない?

患者さんのチラーヂンS飲み間違い・ノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)(本ページ)

チラーヂンS錠12.5μg

チラーヂンS錠12.5μg

チラーヂンS錠25μg

チラーヂンS錠25μg

チラーヂンS錠50μg

チラーヂンS錠50μg

チラーヂンS錠75μg

チラーヂンS錠75μg

チラーヂンS錠100μg

チラーヂンS錠100μg

チラーヂンS散

チラーヂンS散

レボサイロキシン25μg(ジェネリック)

レボサイロキシン25μg「サンド」®

レボサイロキシン50μg(ジェネリック)

レボサイロキシン50μg「サンド」®

Summary

チラーヂンSの有害事象でもっとも多いのは高齢者・認知症の甲状腺機能低下症患者で飲み過ぎによる人工的な甲状腺中毒症。吸収障害が無いが、いくらチラーヂンSを増やしても、飲み方を変えても甲状腺ホルモンが上がらない場合ノンコンプライアンス症候群・服薬アドヒアランス不良の事がある(病的な薬嫌い、ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群、ルーズな性格、認知症・高齢者)。入院して服薬管理(DOTS:直接監視下服薬短期療法)をすれば甲状腺機能低下症が見る見る良くなる。腸からの吸収障害か、飲んでいないだけかを鑑別するレボチロキシ吸収試験は危険。

Keywords

チラーヂンS,チラージンS,甲状腺機能低下症,ノンコンプライアンス,服薬アドヒアランス,飲み間違い,認知症,高齢者,DOTS,ミュンヒハウゼン症候群

本当に恐ろしのは患者さんのチラーヂンSの飲み間違い

服薬自己管理できない認知症患者

チラーヂンSの有害事象でもっとも多いのは、甲状腺機能低下症患者さんの飲み間違い(特に飲み過ぎ)です。認知症の方が、既にチラーヂンSを飲んだことを忘れ、もう一度飲んでしまう例があります。これでは人工的な甲状腺中毒症になります。誰かが服薬を管理する必要があります。あるいは薬を曜日ごと朝昼夕・眠前に仕分けする便利グッズは効果大です。

服薬アドヒアランス

高齢者は何種類もの薬を飲んでいる(ポリファーマシー、多剤併用)ため、どれを飲んで、どれを飲んでいないか本人も、周囲の人も分からなくなります。

飲み忘れるだけなら良いですが、同じ薬をもう一度飲んでしまうと人工的な甲状腺中毒症です。

高齢者のポリファーマシー(多剤併用)は、

  1. 医療施設間連携の欠如
  2. 複数医療機関からの処方
  3. 複数疾患をもつ高齢者の増加

が原因です。甲状腺専門医で処方されているチラーヂンを、総合内科でもついでに処方している(院外薬局、薬手帳が別なので気が付かない)事例は多いです。ポリファーマシー(多剤併用)は、

  1. 薬物有害事象(甲状腺中毒症)の発現頻度の増加
  2. 残薬の増加→医療費の膨張

が問題で、厚生労働省は2017年に高齢者医薬品適正使用検討会を設置しました。

チラーヂンSの飲み間違いを防ぐために薬ケース

チラーヂンSの飲み間違いを防ぐために

  1. 家人や介護者、ヘルパーなどが責任を持って服薬管理をする
  2. 薬ケースを利用する

などの工夫が必要です。

患者さんがチラーヂンSを飲まないノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)

ノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)とは

ノンコンプライアンス、内服アドヒアランスの不良

ノンコンプライアンス(noncompliance)とは、患者が医師の処方薬剤を指示通りに服用しない、「服薬アドヒアランスの不良」とは、服薬治療に患者が積極的に関わらない事です。

吸収障害が無いのに、いくらチラーヂンSを増やしても、食前・眠前に飲み方を変えても、一向に甲状腺ホルモンが上がらない場合。実は患者さんが

  1. 意図的に薬を飲まない(病的な薬嫌い、ミュンヒハウゼン症候群、自分の子供に薬をのませない代理ミュンヒハウゼン症候群)
  2. 本当にルーズな性格で飲み忘れる
  3. 甲状腺機能低下症を軽く考えて、ついつい飲み忘れる
  4. 認知症で服薬を自己管理できない
  5. 高齢者に何種類もの薬が処方され、どれを飲んで、どれを飲んでいないか本人も、周囲の人も分からなくなる

ノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)の事があります(Endocr Pract. 2010 Nov-Dec;16(6):1012-5.)。

意図的に薬を飲まない(病的な薬嫌い、ミュンヒハウゼン症候群)

薬を飲むことを拒否する

悪質なのは、患者さんが意図的に薬を捨てたり、服薬後のどに指を入れて吐いたりしても、「ちゃんと飲んでいる」と嘘をつくノンコンプライアンス症候群(服薬アドヒアランスの不良)です。

病的な薬嫌いは、最近は減りましたが、以前は「薬は体に毒である」とカルト宗教染みた妄想を持ち、「薬に頼らず人間が持つ自然な治癒力に頼る」と言って服薬拒否する方がおられました。自然に甲状腺機能低下症が治れば、甲状腺専門医は苦労しません。

ミュンヒハウゼン症候群(「ほら吹き男爵」の病気)は精神病の一種で、周囲の関心や同情を引くために自虐行為を行います。甲状腺機能低下症に苦しむ気の毒な自分を演じるため薬を飲みません。

さらに質の悪いのは代理ミュンヒハウゼン症候群で、甲状腺機能低下症に苦しむ近親者(子供や配偶者)に薬を飲ませず、苦しむ身内を献身的に世話する気の毒な自分を演じます。(Arq Bras Endocrinol Metabol. 2005 Apr;49(2):308-13.)

DOTS(直接監視下服薬短期療法)

DOTS(直接監視下服薬短期療法)

いずれの場合も、入院して服薬管理をすれば、甲状腺機能低下症が見る見る良くなり、驚いてしまいます。directly-observed-treatment-short-course-thumbnail = DOTS(直接監視下服薬短期療法)と言います。(Eur Thyroid J. 2017 Feb;6(1):52-56.)

とあるケースでは、「毎日欠かさず飲んでるよ!」と言っていながら、入院してDOTS(直接監視下服薬短期療法)行うと、「絶対、飲まんわい!」と服薬拒否し、やはり飲んでいなかった事が判明する場合も・・。

レボチロキシン(チラーヂン)吸収試験

海外では本当に腸からのチラーヂン吸収障害なのか、ただ飲んでいないだけなのかを鑑別するレボチロキシン(チラーヂンの事)吸収試験(Levothyroxine Absorption Test)があります。ただし、異常な量のレボチロキシン(チラーヂン)を飲んでもらい、0, 60, 120 分後に血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)、甲状腺ホルモン(FT4,FT3) を測定するものです。

飲んでいないだけなら、まともに吸収されて甲状腺中毒症、不整脈・狭心症・心筋梗塞を誘発する危険があるので、筆者はお勧めしません。(Int J Endocrinol Metab. 2015 Oct 13;13(4):e31051.)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査など]による甲状腺専門クリニック。大阪府大阪市東住吉区にあります。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)は日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]施設で、大阪府大阪市東住吉区にある甲状腺専門クリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪府大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ(地下鉄)谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら