検索

根治切除不能甲状腺がんにレンビマ®(レンバチニブ)   [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

長崎甲状腺クリニック(大阪)ではレンビマ®カプセル(レンバチニブ)の取扱いはありません

レンビマ

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

レンビマカプセル®(レンバチニブ)

Summary

レンビマカプセル®4mg(レンバチニブ)は甲状腺分化癌(甲状腺乳頭癌・甲状腺濾胞癌)、甲状腺髄様癌・甲状腺未分化癌含む根治切除不能甲状腺がんに適応ある分子標的薬。腫瘍血管新生・腫瘍悪性化に関与する受容体型チロシンキナーゼ(VEGFR、FGFR、RET)の選択的阻害。ネクサバール錠®(ソラフェニブ)抵抗性に効く事も。血管新生阻害作用強いため高血圧・ネフローゼ症候群・出血・血栓症の副作用、腫瘍が壊死すると出血の危険。可逆性後頭葉白質脳症、薬剤性心筋症も。休薬すると急激に甲状腺癌が進行するフレア現象。

Keywords

レンビマ,レンバチニブ,甲状腺,甲状腺乳頭癌,甲状腺未分化癌,甲状腺がん,分子標的薬,副作用,出血,フレア現象

レンビマカプセル®(レンバチニブ)の適応

レンビマカプセル®4mg(一般名:レンバチニブメシル酸塩)は、甲状腺分化癌(甲状腺乳頭癌甲状腺濾胞癌)のみならず、甲状腺髄様癌甲状腺未分化癌を含む根治切除不能な甲状腺がんに適応のある日本で始めての分子標的薬です。

レンビマ®(レンバチニブ)の作用機序

レンビマの作用機序

レンビマ®(レンバチニブ)の作用機序は、血管内皮増殖因子受容体(VEGFR) や線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)、血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)、KIT、RET などの腫瘍血管新生・腫瘍悪性化に関与する受容体型チロシンキナーゼ(RTK)に対する選択的阻害薬です。特に甲状腺がんの増殖、腫瘍血管新生に関与するVEGFR、FGFR およびRET を同時に阻害します。

レンビマ®(レンバチニブ)の効果

臨床第III相試験(SELECT試験)において、

  1. 無増悪生存期間(甲状腺がんの進行がなく生存した期間)は、レンビマ®(レンバチニブ)群で中央値18.3か月、プラセボ群(有効成分の入っていない薬を飲んだ群)で3.6か月(ハザード比0.21)でした。
  2. 64.8%にレンビマ®(レンバチニブ)投薬に対する反応(改善)がありました。

レンビマ®(レンバチニブ)の使用方法

レンビマ®(レンバチニブ)の実際の使用方法として、推奨量は24mg/日ですが副作用のため継続困難なことが多く、愛媛大学臨床腫瘍学の報告では、8-10mgから開始し増量していくのが現実的との事です。その量でも、早期に甲状腺がんは縮小し、治療効果は大きいとの意見です。(第114回 日本内科学会 156 進行期甲状腺がんに対するレンバチニブ治療の検討)

ネクサバール錠®(ソラフェニブ)治療抵抗性でレンビマ®(レンバチニブ)が有効な事も

ネクサバール錠®(ソラフェニブ)が、最初は効いていても治療抵抗性になる場合があります。レンビマ®(レンバチニブ)に変更し、病勢の増悪無く経過した甲状腺未分化癌の症例が報告されています。(第59回 日本甲状腺学会 O4-5 ソラフェニブ無効となった甲状腺乳頭癌に対してレンバチニブへ変更した一例)

レンビマ®(レンバチニブ)の副作用

レンビマ®(レンバチニブ)の副作用はネクサバール®(ソラフェニブ)と同じようなものですが、ネクサバール®(ソラフェニブ)より血管新生阻害作用が強いため、高血圧・ネフローゼ症候群・出血・血栓症が多いとされます。そのため、血管合併症の多い糖尿病患者には使い難いです。

レンビマ®(レンバチニブ)治療の副作用は高血圧(67.8%)、下痢(59.4%)、疲労感(59.0%)、食欲不振(50.2%)、体重減少(46.4%)、吐き気(41.0%)でした。14.2%が副作用により使用中止しました。

レンビマ®(レンバチニブ)治療における口内炎の発症時期は退院後に多く、痛みで食事が摂り難くなります。患者が、ある程度、自己管理せねばなりませんが、対処法は、潜在性シェーグレン症候群/顕在性シェーグレン症候群の生活上の注意 に準じればよいと思います。

甲状腺学会でも、全科が関わるような副作用に「がん専門医でない甲状腺専門医が対応できるのか?」との意見が相次ぎました。確かに、これほど重篤な副作用のオンパレードでは甲状腺専門病院・クリニックでの対応は不可能と思えます。甲状腺専門医がいて、かつ全科そろった大学病院クラスでなければ使用は困難でしょう。

肺転移例に対する使用は要注意

脳転移例に対する使用は要注意

レンビマ®(レンバチニブ)は、血管新生阻害作用強く、腫瘍が壊死すると出血おこる可能性があります。肺・骨転移では、気管内に浸潤した状態、などを除けば、問題になりませんが、脳転移では、即、脳出血に至ります。

だからと言って、脳転移例に対するレンビマ®(レンバチニブ)使用が禁忌と言う訳ではありません(レンビマ®(レンバチニブ)は最終手段なので)。主治医は、脳出血の危険性を、あらかじめ説明しておくべきでしょう。

頚動脈浸潤、椎骨動脈浸潤での使用は慎重に

頚動脈浸潤、頚椎転移で椎骨動脈浸潤でのレンビマ®(レンバチニブ)使用は、頚動脈・椎骨動脈破綻による出血の危険があり 致死的となるため要注意です。

頚動脈破綻出血が起これば、救命目的で緊急ステントグラフト留置術を試みた報告ありますが、間に合わないし、癌が浸潤した場所なので一時しのぎにしかならないと思います。(頭頸部外科 28(2):177-182,2018)

頚動脈・椎骨動脈出血を避けるために

頚動脈・椎骨動脈出血を避けるための工夫を、東京医科大学が提案しています。特に、甲状腺未分化癌についてですが、術後1ヶ月でウィクリー パクリタキセル[weekly Paclitaxel(w-PTX)]開始、4ヶ月継続後、椎骨動脈周囲の遺残腫瘍は不明瞭化するも、右顎下部リンパ節転移gた出現。 ここでレンバチニブに切り替えたが椎骨動脈出血なく、術後16ヶ月で担癌生存中。

頚動脈・椎骨動脈出血を避けるため、マイルドな効果のパクリタキセル(Paclitaxel)で頚動脈・椎骨動脈周囲の甲状腺がんを縮小させ、その後、レンビマ®(レンバチニブ)に切り替えるのと言う方法です。(第60回 日本甲状腺学会 P2-8-8 甲状腺未分化癌手術の動脈周囲遺残腫瘍に対し、パクリタキセル 治療後にレンバチニブを投与した一例)

レンビマ®(レンバチニブ)の副作用;薬剤性心筋症による心不全

血管障害ではありませんが、レンビマ®(レンバチニブ)による薬剤性心筋症による心不全が疑われた症例が報告されています。虚血性心疾患・心臓弁膜症は、エコー、心血管造影(CAG)で否定されたそうです。(第60回 日本甲状腺学会 P2-8-4 レンバチニブ投与後に心不全を発症した甲状腺乳頭癌多発肺転移の1例)

レンビマ®(レンバチニブ)の添付文書情報でも、「心障害として、

  1. 心電図QT延長(5.0%)
  2. 駆出率減少(1.8%)
  3. 心房細動(Af)・粗動(AF)(0.5%)
  4. 心不全(0.3%)

等があらわれることがある。十二誘導心電図検査の実施等、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量、休薬又は中止等の適切な処置を行うこと。」と明記されています。

レンビマ®(レンバチニブ)の副作用;可逆性後頭葉白質脳症(PRES)による意識障害

可逆性後頭葉白質脳症

レンビマ®(レンバチニブ)の添付文書では、可逆性後白質脳症症候群が0.3%で起こると記載されています。

レンビマ®(レンバチニブ)投与後、血圧上昇に伴う進行性の意識障害は、可逆性後頭葉白質脳症(PRES)の可能性あります。急激な血圧上昇による血管透過性亢進、血管内皮細胞障害による血管原性浮腫です。レンビマ®(レンバチニブ)中止で回復しますが、下記の如く、急激に甲状腺が進行するフレア現象が高率に起こります。 (写真 radiopaedia)

レンビマ®(レンバチニブ)のフレア現象

副作用などの理由でレンビマ®(レンバチニブ)を休薬すると、急激に甲状腺癌が進行するフレア現象が高率に起こります。和歌山県立医大の報告では、7例中5例におこり、1週間の休薬で

  1. 腫瘍熱
  2. 癌性疼痛(甲状腺癌による痛み)
  3. 血液検査で肝機能増悪、CRP(炎症反応)上昇

2週間の休薬で

  1. 血清サイログロブリン値の急な上昇(甲状腺癌細胞の急激な増殖)
  2. 胸水増大

が見られたそうです。(第114回 日本内科学会 449 進行期甲状腺におけるレンバチニブ中断時のフレア現象とその対策)

また、レンビマ®(レンバチニブ)の減量のみで、遠隔転移巣が、画像上、明らかに増大する事もあります。浜松医科大学の報告では、レンビマ®(レンバチニブ)24mg/日を手足症候群などの副作用により8mg/日 まで漸減すると、MRIで仙骨転移巣の増大を認めたそうです。(第60回 日本甲状腺学会 P2-8-6 甲状腺濾胞癌に対するレンバチニブ投与中に肺転移巣において未分化転化が疑われた1例 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら