検索

胆石と甲状腺  [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

胆のう結石 超音波(エコー)画像

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックにつき、胆石 自体の診療は行っておりません。

Summary

甲状腺機能低下症で胆石できやすく、男性に多い。甲状腺ホルモン不足により①血清コレステロール値が高くなり、②胆汁うっ滞が生じるのが原因。1cm未満の純コレステロール結石は、胆石溶解剤で30%が溶け、溶けなくても体外衝撃波の砕石治療適応。総胆管結石は、胆のう結石の移動が原因として多く、閉塞性黄疸・急性胆管炎(発熱・黄疸・右上腹部疝痛)⇒敗血症・DICの危険。総胆管結石は無症状でも内視鏡的乳頭切開術/内視鏡的乳頭拡張術の適応。原発性副甲状腺機能亢進症の胆石の頻度は25%とされ、胆汁中のカルシウム濃度の上昇が結石形成において重要と考えられる。

Keywords

甲状腺機能低下症,胆石,甲状腺,コレステロール,胆石溶解剤,総胆管結石,胆のう結石,閉塞性黄疸,原発性副甲状腺機能亢進症,カルシウム

胆のう結石と甲状腺

甲状腺機能低下症で胆石ができやすく、男性の甲状腺機能低下症で多いとの報告があります。甲状腺ホルモン不足により①血清コレステロール値が高くなり、②胆汁うっ滞が生じるのが原因と考えます。

1cm未満の純コレステロール結石であれば、胆石溶解剤[原発性胆汁性肝硬変(PBC)/慢性C型肝炎と同じウルソ(熊の胆汁)]で30%が溶け、溶けなくても体外衝撃波の砕石治療適応です。特に胆嚢機能が保たれている浮遊結石が溶けやすい条件。石灰化結石になるといずれも適応外です。

胆石 超音波(エコー)画像

 総胆管結石

胆のう結石の移動が原因として多く、閉塞性黄疸・急性胆管炎(発熱・黄疸・右上腹部疝痛)⇒敗血症・DICの危険あり。総胆管結石が発見されると無症状でも内視鏡的乳頭切開術/内視鏡的乳頭拡張術おこないます。

急性胆管炎は、胆管内圧が上昇し、細菌またはエンドトキシンが血流内に逆流すると起こり、早急に胆道ドレナージしないと敗血症・DICで死亡します(日本での死亡率2.4%)。

総胆管結石 閉塞性黄疸 超音波(エコー)画像

胆石と原発性副甲状腺機能亢進症

尿管結石は原発性副甲状腺機能亢進症の60~80%に合併するとされます(J Am Med Associ 178: 547-555, 1961)。しかし、胆石との因果関係は明らかでありません。原発性副甲状腺機能亢進症の胆石の頻度は25%と報告され(Arch Surg 105: 369-374, 1972)、胆汁中のカルシウム濃度の上昇が結石形成において重要と考えられています。[複数臓器に結石を合併した原発性副甲状腺機能亢進症の1例:日本臨床外科学会雑誌Vol. 66 (2005)  No. 2  P 327-331]

胆汁酸は、骨格筋・脂肪組織の代謝亢進させる

胆汁酸は、骨格筋・脂肪組織の2型脱ヨード酵素を活性化、細胞内の甲状腺ホルモンのFT3(遊離トリヨードサイロニン)を増やし、代謝亢進させます(Nature. 2006 Jan 26;439(7075):484-9.)。

骨格筋・脂肪組織の2型脱ヨード酵素は、甲状腺ホルモンのFT4(遊離サイロキシン)のヨードを一つ外し、ホルモン作用が強いFT3(遊離トリヨードサイロニン)に変換し、エネルギー消費を活発にします。

急性化膿性甲状腺炎の治療、ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)で偽胆石

ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)は広いスペクトラムを持ち、半減期が長く、組織への移行性が高い。特に甲状腺, 脾臓, 腎臓に蓄積するため急性化膿性甲状腺炎の治療や、甲状腺生検の予防投与に有用です。(CHEMOTHERAPY 1984, 32(7) 158-164)

ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)投与後、胆嚢内に一過性に胆石様物質が出現、ほとんどは無症状ですが、胆石発作と同じ症状おこす事もあります。エコーやCTで、胆石様物質(見た目は、胆石と区別できず、小さな胆石が無数にあります)を認め、ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)投与を中止すると早期に自然消失し、キツネにつままれた様です。ゆえに偽胆石と呼ばれます。

ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)の一部は胆汁中に排泄され、カルシウムイオンと結合、偽胆石になります。ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)の投与量が多い、投与速度が速いと起り易いです。治療は胆石に準じます、閉塞性黄疸おこすと外科治療。(写真; Case Reports in Medicine Volume 2011, Article ID 730250, 3 pages )

ceftriaxone(CTRX:ロセフィン®)で偽胆石

胆嚢破裂

胆嚢破裂の原因は、

  1. 胆嚢結石→胆嚢炎→胆嚢壁の壊死(最も多い)
  2. 膵頭部癌、慢性膵炎などによる膵液の胆管内逆流・胆道内圧上昇(Am J Gastroenterol 76: 27-31, 1989
  3. 糖尿病・高血圧・心疾患などによる虚血;血流の乏 しい胆嚢頸部に多い(Am J Gastroenterol 76: 27-31, 1989)
    甲状腺機能低下症では動脈硬化が促進し、胆嚢頸部も虚血状態の可能性あり、注意が必要。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝 専門の大阪市東住吉区のクリニックです。平野区、住吉区、阿倍野区、住之江区、松原市、生野区、天王寺区も近く、堺市、羽曳野市、八尾市、東大阪市、浪速区も圏内。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら