検索

甲状腺と心臓弁膜症            [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。心臓疾患の治療は行っておりません。

動脈硬化:専門の検査/治療/知見  [甲状腺 専門医 動脈硬化の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺動脈硬化の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

僧帽弁狭窄症 心房細動

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。心臓疾患の治療は行っておりません。

甲状腺と心臓弁膜症

Summary

心臓弁膜症に甲状腺機能亢進症が合併すると心不全悪化・不整脈。ドーパミン受容体刺激薬ガベルゴリン(カバサール®)は心臓弁膜症を悪化。僧帽弁狭窄症による心房細動(Af)は甲状腺機能亢進症/バセドウ病に伴うものと鑑別。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の30%に僧帽弁逸脱症。甲状腺癌など担癌患者の大動脈弁狭窄症(AS)は、人工心肺により悪性腫瘍が全身に飛び散るため、余命が2年以上ある場合、経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI) 適応。脈拍が急激に大きくなり、ついで急激に小さくなる速脈は循環血液量多くなる甲状腺機能亢進症、大動脈弁閉鎖不全症(AR)でみられる。

Keywords

心臓弁膜症,甲状腺機能亢進症,心不全,僧帽弁狭窄症,心房細動,バセドウ病,僧帽弁逸脱症,大動脈弁狭窄症,経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI) ,大動脈弁閉鎖不全症

心臓弁膜症と甲状腺

心臓弁膜症と甲状腺機能亢進症

心臓弁膜症の慢性心不全が基礎疾患として存在すると、甲状腺機能亢進症が加われば、

  1. 心不全悪化
  2. 不整脈が出現、最悪、心室頻拍(VT)による心停止。(第54回 日本甲状腺学会 P212 心室頻拍から心停止を生じ多臓器不全を合併し甲状腺クリーゼの一例)

ドーパミン受容体刺激薬のガベルゴリン(カバサール®)で心臓弁膜症が悪化

TSH不適切分泌症候群(SITSH)の一つ、TSH産生下垂体腺腫は、下垂体からTSH(甲状腺刺激ホルモン)と同時に成長ホルモンプロラクチンが分泌される事あります。プロラクチン産生下垂体腺腫にはドーパミン受容体刺激薬のガベルゴリン(カバサール®)を使用します[保険適応はプロラクチン産生下垂体腺腫だけですがTSH産生下垂体腺腫成長ホルモン産生下垂体腺腫(先端巨大症)にも有効]。

副作用として心臓弁膜症の悪化があり、事前に心臓超音波検査を行い、心臓弁の異常がないか確認する必要があります。

僧帽弁狭窄症と心房細動(Af)

僧帽弁狭窄症 心房細動

僧帽弁狭窄症が原因で起こる心房細動(Af)と、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に伴う心房細動(Af)は紛らわしいですが、写真のように心臓超音波(エコー)検査して、左心房の拡張と僧帽弁の狭窄を確認すれば一目瞭然です。

僧帽弁逸脱症

僧帽弁逸脱症

僧帽弁逸脱症は人口の5-10%に存在し、女性は男性の2倍です。よって循環血液量・心拍出量が増加する甲状腺機能亢進症/バセドウ病非自己免疫性家族性甲状腺機能亢進症に合併する率も高くなります。(J Clin Endocrinol Metab. 1999 Apr;84(4):1459-62.)

未治療甲状腺機能亢進症/バセドウ病の30~40%との報告あります。

ほとんど無症状ですが、胸痛・不整脈による動悸もおこし、甲状腺機能亢進症状と紛らわしいです。

僧帽弁閉鎖不全・感染性心内膜炎(原因の1/3)をおこすと予後不良(突然死、敗血症など)。

聴診で収縮中期クリック・収縮後期雑音があれば疑わしく、心エコーすべきです。胸痛や不整脈による動悸に甲状腺機能亢進症と同じくベータ遮断薬が有効です。

僧帽弁閉鎖不全症(MR)

僧帽弁閉鎖不全症(MR)は、

  1. 僧帽弁破壊:動脈硬化、リウマチ熱による僧帽弁の石灰化、感染性心内膜炎
  2. 僧帽弁逸脱:閉塞性肥大型心筋症、甲状腺機能亢進症の30%に起こります。
  3. 乳頭筋障害・心筋障害:
    拡張型心筋症、虚血性心疾患(狭心症/心筋梗塞)
    心筋梗塞(右冠状動脈、回旋枝梗塞)による乳頭筋断裂
    虚血性心疾患(狭心症/心筋梗塞)では腱索/乳頭筋が断裂しなくても、左室・左房・僧帽弁輪拡大、壁運動低下により僧帽弁閉鎖不全症(MR)
    甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症/橋本病(下記)

などが原因となります。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病、甲状腺機能低下症/橋本病では僧帽弁腱索/乳頭筋断裂の頻度が高い(Endocr Rev. 2005;26(5):704–728.)。

自己免疫性に粘液多糖類の蓄積による僧帽弁の粘液水腫性変化が生じます

  1. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の33%
  2. 甲状腺機能低下症/橋本病の36%

(Thyroid. 2002 Mar; 12(3):193-5.)

特に循環血液量・心拍出量が増加する甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、僧帽弁腱索/乳頭筋断裂おこす危険性が増す可能性あります。(J Endocr Soc. 2018 Sep 17;2(11):1246-1250.)

大動脈弁狭窄症(AS)

大動脈の動脈硬化大動脈弁に達し、弁が(ガチガチに)石灰化すると開きが悪くなります[加齢性大動脈弁狭窄症(AS)]。

心拍出量が低下、冠動脈血流が減少し狭心症症状・脳血流が減少し失神が現れると3年の命といわれます。

診断は胸骨右縁第2肋間を最強点とする収縮期雑音が頚部へ放散します。心電図I, aVL, V5.6誘導でST低下と深い陰性T波をともなう左室肥大(ストレインパターン)が特徴的です。

経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI, transcatheter aortic valveimplantation) 

経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI)

最近、経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI, transcatheter aortic valveimplantation) が普及し、

  1. 高齢者
  2. 甲状腺癌など担癌患者(人工心肺により悪性腫瘍が全身に飛び散る)
  3. 糖尿病など高度の大動脈石灰化(大動脈遮断ができない)
  4. 甲状腺機能低下症/橋本病動脈硬化糖尿病などの頸動脈狭窄(人工心肺により脳梗塞の危険性)

により外科手術できない場合に有用です。

甲状腺癌の経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI)

担癌患者でも余命が2年以上ある場合、経カテーテル大動脈弁留置術 (TAVI)の適応になります。甲状腺癌は、甲状腺未分化癌甲状腺扁平上皮癌を除けば、ほとんどが適応になります。

大動脈弁狭窄症(AS)に良く似た症状:閉塞性肥大型心筋症

常染色体優性遺伝による心筋の収縮単位「サルコメア」異常[心筋収縮関連蛋白(β‐ミオシン重鎖,トロポニンT/I,ミオシン結合蛋白C)異常]。運動時大動脈弁狭窄症と似た症状(脱水で症状増悪)。若年者は突然死、中高年は心不全死や塞栓症死の危険。

心臓エコーは左室流出路狭窄・心臓壁肥大・僧房弁前尖の収縮期前方運動(僧房弁逸脱、収縮早期心筋との摩擦による過剰心音)。頚動脈拍動は左室流出路狭窄びよるspike and dome型

β遮断薬、ベラパミル使用(ニフェジピンなどのジヒドロピリジン系カルシウ ム拮抗薬・ニトロは禁忌)。心室頻拍は植込み型除細動器の適応。経皮的中隔心筋焼灼術や心室筋切除術、難治性心不全は心移植が適応。

長年の経過で心筋が薄くなり拡張型心筋症のようになる拡張相肥大型心筋症があります。

大動脈弁閉鎖不全症(AR)

逆流により左室血液量増加し、相対的な大動脈弁狭窄症(AS)をおこします。

脈拍が急激に大きくなり、ついで急激に小さくなる速脈は循環血液量多くなる甲状腺機能亢進症、大動脈弁閉鎖不全症(AR)でみられます。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら