検索

特報!長崎甲状腺クリニック(大阪)に新型のプレミアム超音波診断装置が登場    [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)が新たに導入した新技術の結晶。プレミアム超音波診断装置ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)です。

ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

技術立国、日本を代表する超音波診断装置のメーカー、日立(Hitachi)がこれまで培った超音波技術を結集したプレミアム機が、甲状腺専門クリニックにふさわしい画像を提供します。

まだ、大阪市立大学病院 超音波室にすら導入されていない新技術!新たに開発された超高周波数(22MHz;今までは18MHzが限界)プローブが、高精細な甲状腺の画像を可能にしました。

その名は、ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)

日立(Hitachi)担当者曰く、「これ総合病院の検査室用なんですけど・・・」

ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)
ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)
OLED Monitor(有機ELモニタ)
ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)

※画像中の女性は、日立(Hitachi)のイメージモデルさんで、長崎甲状腺クリニック(大阪)とは何の関係もありません。

Summary

日立の超音波技術を結集したプレミアム機、超音波診断装置ARIETTA 850 SE 甲状腺特化型が、甲状腺専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)に登場。超高周波数(22MHz)プローブが、高精細な甲状腺の画像を可能に。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の再発予測の下甲状腺動脈血流測定、甲状腺癌亜急性甲状腺炎IgG4関連甲状腺炎を瞬時に診断するエラストグラフィ-、2mm未満の腫瘍もみつかる超高解像度、甲状腺・甲状腺腫瘍内の微細血流を見るeFlow(イー フロー)、甲状腺内の血流を定量評するvascular index(血流指数)、橋本病 破壊の程度の評価に有用。

Keywords

日立,超音波,ARIETTA 850,甲状腺,長崎甲状腺クリニック,大阪,エラストグラフィ-,バセドウ病,甲状腺癌,亜急性甲状腺炎,橋本病

ARIETTA 850 との出会い

筆者とARIETTA 850 との出会いは、2017年10月、大分で開催された第60回 日本甲状腺学会の企業展示ブースでした。そこにあったのは半年前に発表されたばかりの新型モデル、しかも、プレミアム機種のARIETTA 850 。そのあまりに精細な、美し過ぎる甲状腺画像に驚愕しました。「ついに、ここまで超音波技術は進歩したのか・・・」

この6年間、長崎甲状腺クリニック(大阪)の主力機デジタルハイビジョン 超音波診断装置「HI VISION Avius」の高精細な画像こそが頂点と考えていた筆者の認識は粉々に砕けました。

大分 別府公園 第60回 日本甲状腺学会

同時に「甲状腺超音波(エコー)診断の頂点を目指すのであれば、どうしてもARIETTA 850が必要だ!」との思いが熱く込み上げて来ました。

翌年、長崎甲状腺クリニック(大阪)の「HI VISION Avius」も、使用後7年が経過したため、ARIETTA 850の導入を検討し、日立製作所の担当者と協議を重ね購入に至りました。

更に、機器の設定を細部まで詰めて、甲状腺に特化したカスタム機、ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)が誕生しました。

ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)の新技術

ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)

4G CMUT;日立(Hitachi)の新技術①

4G CMUT;日立の新技術①

日立(Hitachi)は半導体プロセスによるCMUT(Capacitive Micro-machined Ultrasound Transducer)技術を用いたプローブを医学界で初めて実用化しました。

4G CMUT(CMUTリニア SML44 プローブ)により、超広帯域(2~22MHz)を高精細に観察可能です。まさに、甲状腺のためにあると言っても過言ではありません。

4G CMUT外観と内部構造
CMUTセルの配列

 無数のCMUTセルが、あらゆる深度の音波を拾います。CMUTの振動膜は軽く、生体に近いため精細な信号を正確に発生可能です。

eFocusing;日立(Hitachi)の新技術②

eFocusing;日立の新技術②

日本超音波医学会第18回技術賞を受賞した技術です。

eFocusingは複数の送信から得られた受信信号を合成することにより、フォーカス依存を低減します。

被検者依存が少なく、浅部から深部まで均一な画像を得ることができます[要するに、患者さんによって(甲状腺によって)見え難い事が無くなります。

OLED Monitor(有機ELモニタ);日立(Hitachi)の新技術③

OLED Monitor(有機ELモニタ)

22型ワイドOLED Monitor(有機ELモニタ)は、自発光のため、黒が白浮きせず、白黒はっきりした高いコントラスト分解能を可能にします。

グレイスケールにこだわる超音波診断装置に適したモニタです。

長崎甲状腺クリニック(大阪)でARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)が威力を発揮するシーン

長崎甲状腺クリニック(大阪)でARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)が威力を発揮するのは以下のシーンです

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)再発・抗甲状腺薬の効き易さの予測

下甲状腺動脈血流(ITA-PSV)測定

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の再発予測は、甲状腺専門医でも難しいと言われます。しかしそれは、TSHレセプター抗体(TSH Receptor Antibody:TR-Ab)などの自己抗体を予測の指標にしているところに問題があります。TR-Abの高い方は、低い方に比べ再発しやすいのは事実ですが、TR-Abが上昇するのは再発した後なのです。

院長が、大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究では、甲状腺へ流入する下甲状腺動脈の血流速度(ITA-PSV)を測定し、

甲状腺機能亢進症/バセドウ病が再発する可能性
抗甲状腺薬が効きやすい甲状腺機能亢進症/バセドウ病か否かを予測できます。


下甲状腺動脈血流速度測定

下甲状腺動脈の血流(ITA-PSV)

院長の論文

院長が共同研究した論文

甲状腺重量(容積)推定

甲状腺が大きいほど抗甲状腺薬が効きにくく、再発しやすいです[The significance of thyroid blood flow at the inferior thyroid artery as a predictor for early Graves' disease relapse.(Clinical Endocrinology)]。

甲状腺の正常重量は、男性 15~35g, 女性 10~25gです。

推定甲状腺重量(容積)が60(g,ml)以上の男性は、現在の日本の甘い抗甲状腺薬中止基準(3年で90%以上再発するような)ですら、中止は不可能との報告があります(上條甲状腺クリニックのデータ)

甲状腺容積(ml)=0.479×縦(cm)×横(cm)×深さ(cm)

エラストグラフィ-(甲状腺癌を瞬時に診断)

甲状腺診療に特化したプレミアム超音波診断装置ARIETTA 850 SE(甲状腺特化型)、22MHZの超高解像度プローブ使用により最大限に能力を発揮します。

「甲状腺専門医にとってエコーは聴診器と同じ」なのです。

「甲状腺専門医にとってエコーは聴診器と同じ」

甲状腺腫瘍の良悪性(甲状腺癌・甲状腺良性腫瘍)を見分けるエラストグラフィー

大阪市立大学附属病院 超音波エコー検査室より2年早く長崎甲状腺クリニック(大阪)が導入した先進医療。甲状腺穿刺細胞診で甲状腺癌の85%は診断可能ですが、残り15%は診断不能と言われます。しかし、エラストグラフィーを用いて以下のような結果になれば、甲状腺癌を疑う有力な証拠になります。甲状腺腫瘍の90%はエラストグラフィーで良悪性の判別ができると言われています(感度82% 特異度96%)。筋肉をゼロポイントとしたstrain ratioを計算すると、1.87以上で感度95.6%, 特異度92.8%とされます。

 

エラストグラフィー (甲状腺腫瘍)

左のに見える良性腫瘍は良性濾胞腺腫、右に見える青い甲状腺癌甲状腺濾胞癌です(写真:MEDIX Vol.53 p4-7)。

※現在の甲状腺癌の診断基準に、エラストグラフィーは含まれません。また、良悪性の判別ができたとしても、甲状腺癌の組織型の確定診断(甲状腺乳頭癌など)は、穿刺細胞診・穿刺組織診・摘出標本病理診断でしか判りません。

JTEC エラストグラフィーパタ-ン

JTEC エラストグラフィーパタ-ン

  • パターン1;腺腫様甲状腺腫良性濾胞腺腫微小浸潤型濾胞癌悪性リンパ腫
  • パターン2;広範浸潤型濾胞癌
  • パターン3;乳頭癌
  • パターン4;乳頭癌広範浸潤型濾胞癌低分化癌未分化癌・転移性甲状腺癌(他臓器からの転移)

パターン2、3は特徴的なので、一目でわかります。パターン4は、少なくとも悪性であるのは一目瞭然です。しかし、パターン1は、必ずしも良性とは限りません。微小浸潤型濾胞癌甲状腺原発悪性リンパ腫の事があります。

甲状腺良性濾胞腺腫腺腫様結節エラストグラフィー

エラストグラフィー (甲状腺良性濾胞腺腫)

甲状腺良性濾胞腺腫エラストグラフィー甲状腺良性濾胞腺腫は、軟らかいために見えます。

腺腫様結節 エラストグラフィー

腺腫様結節エラストグラフィー腺腫様結節は、軟らかいために見えます。

甲状腺乳頭癌濾胞癌エラストグラフィー

甲状腺乳頭癌エラストグラフィーで腫瘍内部がのモザイク(下右)か、腫瘍全体が青くなります。また、甲状腺乳頭癌転移リンパ節になります。

エラストグラフィー (甲状腺癌)

(下)5mmに満たない甲状腺微小乳頭癌

エラストグラフィー (甲状腺微小乳頭癌)

典型的な甲状腺乳頭癌

エラストグラフィー (甲状腺乳頭癌)

エラストグラフィーはこのような方にお勧めです

  1. 血をサラサラにする薬(抗凝固剤)やステロイド・免疫抑制剤を常用し、休薬できないため甲状腺穿刺細胞診(皮膚の上から針を刺し、細胞を採る検査)のできない方。
  2. 甲状腺腫瘍の穿刺細胞診でクラスⅢ(良悪性の境界:グレイゾーン)が出て不安な方。(甲状腺穿刺細胞診で甲状腺癌の85%は診断可能ですが、残り15%は診断不能と言われます)

新たな試み;バセドウ病橋本病(慢性甲状腺炎)を採血前にエラストグラフィーで判別

バセドウ病橋本病(慢性甲状腺炎)を採血前にエラストグラフィーで判別しようとする試みがあります。[Assessment of Diffuse Thyroid Disease by Strain Ratio in Ultrasound Elastography. Ultrasound Med Biol. 2015 Nov;41(11):2884-9.]

しかし、実際、バセドウ病の80%程は橋本病(慢性甲状腺炎)の自己抗体を持っていて、橋本病(慢性甲状腺炎)からバセドウ病に移行する場合、バセドウ病から橋本病(慢性甲状腺炎)に移行する場合もあるため、単純には行きません。(橋本病バセドウ病は入れ替わる---元は同じ自己免疫性甲状腺疾患)

亜急性甲状腺炎は、特徴的な臨床症状と白黒画像(Bモード画像)で、簡単に診断できるため、エラストグラフィーは地固め的な意味を持ちます(炎症起こしている低エコー領域は、癌より癌らしい硬さのため、エラストグラフィー青くなります)。(亜急性甲状腺炎

IgG4関連甲状腺炎は、線維化が著明な白黒画像(Bモード画像)に加え、エラストグラフィーによる硬さの評価が役に立ちます。

エラストグラフィー (正常甲状腺)

正常な甲状腺。軟らかいために見えます。

エラストグラフィー (橋本病)

橋本病(慢性甲状腺炎):線維化が進んで硬くに見えます

エラストグラフィー (亜急性甲状腺炎)

亜急性甲状腺炎:炎症部は硬くに見えます

エラストグラフィー IgG4関連甲状腺炎)

IgG4関連甲状腺炎:線維化が進んで硬くに見えます

エラストグラフィー (バセドウ病,橋本病,亜急性甲状腺炎)

(上)バセドウ病:全体的に  (中)橋本病(慢性甲状腺炎):全体的に (下)亜急性甲状腺炎炎症部が・正常部が

超高解像度:なんと2mm未満の腫瘍もみつかる!?

Unbelievable! 超高解像度のため、2mm未満の腫瘍もみつかります。小さすぎて、穿刺細胞診も不可能、エラストグラフィ-も無効です。

2mm未満の甲状腺腫瘍 超音波(エコー)画像

2mm未満(1.5x1.8x1.5mm)の甲状腺腫瘍 超音波(エコー)画像:通常倍率では、甲状腺のう胞か甲状腺腫瘍か判別できません。しかし、以下のように拡大すると

2mm未満の甲状腺腫瘍(拡大) 超音波(エコー)画像

2mm未満の甲状腺腫瘍(拡大) 超音波(エコー)画像:拡大しても甲状腺のう胞か甲状腺腫瘍かはっきりしませんが、ドプラーeFlow(イー フロー)で内部血流が確認できるため甲状腺腫瘍である事が判ります。

eFlow(イー フロー;甲状腺の微細血流)

高精細なカラー表示機能 eFlow(イー フロー)を搭載。通常のカラー表示よりも、血管からのはみ出しが少なく、甲状腺内の微細血流が鮮明に見えます。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病

甲状腺機能亢進症/バセドウ病 eFlow(イー フロー)

(左) eFlow(イー フロー);甲状腺内の血管が鮮明に判ります
(右) 通常ドプラー;甲状腺内の血流のため、血管と周辺の甲状腺組織までが隠れてしまいます

甲状腺機能亢進症/バセドウ病 eFlow(イー フロー)

eFlow(イー フロー)と通常ドプラーの比較
(左)eFlow(イー フロー);甲状腺内の血管が鮮明に判ります
(右) 通常ドプラー;甲状腺内の血流のため、血管と周辺の甲状腺組織までが隠れてしまいます

甲状腺機能亢進症/バセドウ病 eFlow(イー フロー)

eFlow(イー フロー)と組織ドプラーの比較
(左) eFlow(イー フロー);甲状腺内の血管が鮮明に判ります
(右) 組織ドプラー;甲状腺内の血流のため、血管と周辺の甲状腺組織までが隠れてしまいます

甲状腺腫瘍

腺腫様結節  eFlow(イー フロー)

腺腫様結節

のう胞型腺腫様結節  eFlow(イー フロー)

のう胞型腺腫様結節

甲状腺腫瘍 eFlow(イー フロー)

甲状腺腫瘍[濾胞性腫瘍](拡大)
(左)通常ドプラー
(右) eFlow(イー フロー);腫瘍血管が鮮明に

甲状腺腫瘍[濾胞性腫瘍] eFlow(イー フロー)

甲状腺腫瘍[濾胞性腫瘍]
(左)通常ドプラー
(右) eFlow(イー フロー);腫瘍血管が鮮明に

甲状腺内の血流評価 [%vascuralityまたはvascular index(血流指数)または血管密度]

甲状腺内の血流を定量評価[%vascuralityまたはvascular index(血流指数)または血管密度]

現在、有用性を検証中です。甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症無痛性甲状腺炎の回復期でも甲状腺内血流は増加し、少なくとも甲状腺ホルモンが正常範囲を外れているのを瞬時に予測できます。

甲状腺機能低下症の報告では感度65%特異度67%で、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)に正の相関、FT3に負の相関を認めます。

甲状腺機能低下症/橋本病の甲状腺内血流増加

甲状腺機能低下症/橋本病でも甲状腺内血流の増加が起こります。橋本病における甲状腺内の血流は、甲状腺機能低下の程度、特に甲状腺刺激ホルモン(TSH)の上昇度と相関します。TSHが血管内皮細胞増殖因子(VEGF)を増加させることが原因と考えられます。甲状腺機能亢進症/バセドウ病のカラードプラ所見に似ていますが、症状が真逆なので鑑別は容易です。

甲状腺機能低下症(橋本病)超音波(エコー)画像

甲状腺機能低下症(橋本病)甲状腺機能低下症(橋本病)超音波(エコー)画像

甲状腺機能低下症(橋本病)ドプラー

甲状腺機能低下症(橋本病)ドプラー:甲状腺内血流増加

グレースケール解析(甲状腺内部の新たな評価法)

橋本病(慢性甲状腺炎)では、超音波(エコー)検査で評価した甲状腺のエコー輝度(白さと黒さの度合い)は、甲状腺内部の炎症と破壊の程度、ホルモン産生能を総合的に反映します。特に甲状腺機能低下症において、甲状腺ホルモン(FT4)や甲状腺刺激ホルモン(TSH)と有意に相関します。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、超音波(エコー)検査で評価した甲状腺のエコー輝度(白さと黒さの度合い)は、バセドウ病の活動性を反映します。バセドウ抗体(TR-Ab)高値な程、TSH抑制されている程、甲状腺のエコー輝度は低くなります。(European Journal of Endocrinology (1999) 141 332–336)。

グレースケール解析
甲状腺機能低下症 正常人
甲状腺のエコー輝度(GWE) 61·9 ± 8·3 71·9 ± 3·1
甲Joう君 グレースケール解析
バセドウ病 正常人
甲状腺のエコー輝度(GWE) 21.3 ± 3.3 25.6 ± 2.0

甲状腺のエコー輝度(GWE)は、超音波(エコー)機械によってかなりばらつきがあります。超音波(エコー)機械毎の正常値の設定が必要になります。

甲状腺の腫れ具合の評価

甲状腺の腫れ具合の評価は、甲状腺超音波(エコー)検査で甲状腺の縦・横・深さを計測し、

甲状腺容積(ml)=0.479×縦(cm)×横(cm)×深さ(cm)

の換算式を用います。

正常な甲状腺 超音波(エコー)画像

正常な甲状腺容積は、成人女性で15-18g(日本乳腺甲状腺超音波医学会が公式採用)とされますが、伊藤病院の報告では実際には、5.88-19.03(中央値11.26)mlです。(第58回 日本甲状腺学会 P1-13-1 成人女性における甲状腺超音波検査での正常甲状腺容の検討)

萎縮性甲状腺炎

最初からTSB-Abしか存在しない場合、甲状腺刺激ホルモン(TSH)が甲状腺に結合できず、甲状腺機能低下症になっている事があり、萎縮性甲状腺炎と言われます。橋本病の破壊性抗体の合併がなければ、写真の如く、甲状腺内部は正常そのものでサイズだけが萎縮します。

(左)萎縮性甲状腺炎  (右)正常甲状腺炎 

高齢者バセドウ病

高齢者甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、若年性バセドウ病中年性バセドウ病と異なる症状を示します[Arch Intern Med. 1988 Mar;148(3):626-31.]。甲状腺が腫れにくい(甲状腺が小さい)ため、甲状腺の病気が見逃され易い[バセドウ抗体(TR-Ab)に対する反応性低下]。

高齢者バセドウ病 超音波(エコー)画像

高齢者バセドウ病 超音波(エコー)画像

高齢者バセドウ病 超音波(エコー)画像 ITA-PSV

高齢者バセドウ病 超音波(エコー)画像 ITA-PSV(下甲状腺動脈の血流速度)

 

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら