長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー) 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2019.02.28

ドナー適格性判定基準と甲状腺

ドナー適格性判定基準と甲状腺

 甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

水泳選手の白血病が報道されたのを機に、「甲状腺の病気でもドナー(臓器提供者、今回は造血幹細胞の提供者ですが)になれるの?」と言う質問を患者さんから受けました。詳細は以下の通りです。

財団法人 骨髄移植推進財団のドナー適格性判定基準、内分泌疾患;甲状腺疾患では、

  1. 甲状腺機能亢進症は不可(既往・131-Iアイソトープ治療後・手術後も含む)
  2. 甲状腺機能低下症の既往があるものは不可
  3. 単純性甲状腺腫(非中毒性甲状腺腫)の既往は、橋本病(慢性甲状腺炎)が否定されれば可
  4. 甲状腺腫瘍の既往は、良性結節であれば可
  5. 急性(化膿性)甲状腺炎亜急性甲状腺炎は治癒していれば可. 

となっています。甲状腺専門医が作成した基準でないため、片手落ちはありますが、大体こんなものでしょう。甲状腺機能亢進症は、正確には甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症は、甲状腺機能低下症/橋本病の事を言っているのだと思います。バセドウ病橋本病共に、自分の免疫細胞(白血球)が自分の甲状腺を攻撃する病気なので、移植された幹細胞より作り出される白血球が、レシピエント(移植された人)の甲状腺を攻撃するだろう事は容易に推測できます。自分の甲状腺すら攻撃する白血球なら、他人の甲状腺を更に激しく攻撃するはずです。

単純性甲状腺腫は、橋本病(慢性甲状腺炎)の予備軍が多いので、どうかと思います。

甲状腺癌の既往は、放射線療法をしていない限り、ドナー白血球に関係なので理由は不明です。癌細胞がドナー幹細胞に混じるとでもいうのでしょうか?

実際の症例も報告されています。HLA完全一致の姉より同種骨髄移植を施行されたが、移植2年後にバセドウ病発症。移植前の姉の甲状腺機能正常で抗甲状腺抗体陽性だったそうです。(臨床血液 2002 43(9)833-835)

まさか甲状腺の病気を持っているとは夢にも思わない人がドナー登録して、移植されたレシピエントが橋本病(慢性甲状腺炎)による甲状腺機能低下症になった後、ドナーが遅れて甲状腺機能低下症/橋本病を発症した症例も報告されています。(Bone Marrow Transplant. 1990 May;5(5):357-61.)

非常に興味深いのは、ドナーがバセドウ病TS-Ab(TSHレセプター抗体[刺激型]; TSH刺激性レセプター抗体) 優位)なら、レシピエントは萎縮性甲状腺炎TSB-Ab(TSHレセプター抗体[阻害型])  保険適応外 優位)になったと言う報告が複数あった事です。(Endocr J. 2004 Aug;51(4):439-43.)(Bone Marrow Transplant. 2000 Dec;26(11):1217-20.)

詳しくは、 白血病・白血病治療薬と甲状腺  を御覧ください。

今日は「ドナー適格性判定基準と甲状腺」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区,浪速区も近く

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら