長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2017.10.02

緊急提言!米国甲状腺学会ガイドライン2017(不妊治療)の落とし穴

緊急提言!米国甲状腺学会ガイドライン2017(不妊治療)の落とし穴

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

米国甲状腺学会ガイドライン2017が発表されましたが、やはりアメリカは橋本病の患者が少ないためか、橋本病の研究者が少ないためか、「理解していない」と思わざる得ない部分があります。なぜ不妊症で甲状腺ホルモン剤)治療をするのか、原理を理解していないと言わざる得ません。

同ガイドラインによると「高度生殖補助医療(体外受精IVF や顕微受精ICSI)においては、甲状腺自己抗体の有無によらずTSH値が非妊時基準値上限以上の潜在性甲状腺機能低下症(TSH>5μIU/ml)の場合はTSH2.5μIU/ml 未満を目標としたレボチロキシン(甲状腺ホルモン剤)治療を推奨し、基準値上限以下(TSH<5μIU/ml)でも抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)陽性の場合はレボチロキシン治療の潜在的利益を考慮する」と記載されています。

分かったような、分らんような内容ですが、

体外授精などでは、

  1. TSH>5μIU/mlの場合は「甲状腺自己抗体の有無によらずTSH2.5μIU/ml 未満にする」と言う半面
  2. TSH<5μIU/ml(例えばTSH 4.0μIU/ml)の場合は抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)陽性の時のみ「レボチロキシン(甲状腺ホルモン剤)治療の潜在的利益を考慮する」と意味不明な文言です。(ガイドラインとは、たとえ専門家でなくても、その通り行えば間違いのない基準なのに、言葉の意味が不明ではガイドラインと言えません)

    甲状腺ホルモン剤使うのか否か、TSHをいくらにするのか数値目標無し!
    そもそも、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)は甲状腺の破壊の程度に相関し、TPO抗体陽性妊婦は甲状腺の予備力が低下しているため、妊娠週数が進むにつれ甲状腺ホルモン低下が大きくなります、しかし、着床時に「甲状腺自己抗体の有無によらず」、TSHが低い=プロラクチン(PRL;授乳ホルモン、妊娠させないホルモン)が低い事が最重要であるのを知らないようです。(本当、ひどい内容のガイドラインやな)

すなわち、「TSH>5であろうが<5であろうが」、「甲状腺自己抗体の有無によらず」、着床(妊娠成立)するための条件がTSH2.5μIU/ml 未満なのは自明の理です。

さらに付け加えると、

  1. 厚生労働省の統計では、日本人女性の流産率は13%ですが、上條甲状腺クリニックの上條桂一先生(尊敬しております)によると、TSH≧2.5の流産率は30%以上とされます。
  2. 隈病院の網野先生(尊敬しております)の報告では、妊娠可能かつ甲状腺の病気がない健康女性のTSH(甲状腺刺激ホルモン)は0.39(ほぼ0.4)~3.0μU/ml(95%信頼区間)です。そこで、一般的な正常上限の5.0でなく3.0をカットオフ値とし、甲状腺ホルモン剤でTSHを3未満にすると、84.1%が妊娠したそうです。

ならば、「高度生殖補助医療(体外受精IVF や顕微受精ICSI)」を行わなくても、不妊女性はTSH<2.5μIU/mlにすべきことは明らかです。

日本では、挙児を希望するカップルの10~15% が不妊に悩んでおり、不妊女性の潜在性甲状腺機能低下症の頻度は約12%、流産リスクは顕性甲状腺機能低下症と同程度です。近年、日本の出生率は減少から転じて微増傾向にあります。不妊医療を行う婦人科の先生方の甲状腺に対する関心が高まり、甲状腺専門医が協力して管理を行う事で満期出産が増えたのが一因と思います。(必ずしもアベノミクスの恩恵だけでもないと思います)

それに水を差すかのような米国甲状腺学会ガイドライン2017は無視(一蹴)してよいと考えます。アメリカと日本では、人種やヨード摂取量の違いによりTSHの基準値は異なるはずで、そのことを考えずガイドラインを鵜呑みにしてはいけません。

今日は「緊急提言!米国甲状腺学会ガイドライン2017(不妊治療)の落とし穴」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,c・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら