長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2017.08.01

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と熱中症

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と熱中症

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で甲状腺ホルモンが正常になっていない方は、熱中症になる危険性が高いです。甲状腺ホルモンが過剰な状態では、体の糖や脂肪がドンドン燃焼され熱を発生します。

人間の体は、汗をかく事により体内の過剰な熱を捨て、体温の異常上昇を防ぐ機能があります。しかし、汗をかいた分、水分を補充しなければ、汗が出なくなり、熱が体にこもり体温が異常上昇します(熱中症)。

甲状腺ホルモンが高い状態の方は、普通の人より多くの水分を摂取しなければ、たちまち熱中症になってしまいます。

メルカゾール、プロパジール/チウラジールなどの薬で、甲状腺機能を正常にコントロールできている方は、普通の人と同じ条件です(甲状腺関係ない人でも熱中症でバタバタ倒れていますし・・)。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で甲状腺ホルモンが正常になっていない方は、熱中症や脱水の予防のため、

  1. 身体を冷やす。(炎天下に長時間いない、冷房下にいる)
  2. ミネラルを含んだ水分を補給する(ミネラルウォーター、茶)

必要が、普通の人より多くあります。

同時に甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、カリウムが過剰に体外に排出され、低カリウム血症になりやすく、筋の脱力や低カリウム性不整脈を起こします。汗にカリウムが失われれば、さらに低カリウム血症が進み、横紋筋融解症や致死性不整脈などの重篤な状態に陥る危険があります。

故に補給する水分はカリウムなどのミネラルを含んだミネラルウォーター、茶でなければなりません。

40℃以上・意識を失う程(Ⅲ度)の熱中症では、一次救急病院で微温湯噴霧・冷たい生食大量輸液し39~38℃まで冷却します。

詳しくは、 甲状腺機能亢進症/バセドウ病と熱中症 を御覧ください。

今日は「甲状腺機能亢進症/バセドウ病熱中症」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら