検索

甲状腺と低血糖  [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺 クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

低血糖症状

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下

甲状腺編 では収録しきれない専門の検査/治療です。

(低血糖症状 糖尿病サイトよ)

長崎甲状腺クリニック(大阪は、甲状腺専門クリニックです。糖負荷試験・低血糖症自体の治療は、行っておりません。

Summary

甲状腺ホルモンは腸管から血糖吸収を促進、甲状腺機能亢進症は食後の過血糖、反動の反応性低血糖症、バセドウ病治療薬のメチマゾール(メルカゾール)は高容量でインスリン自己免疫症候群の低血糖症を誘発(プロパジール、チウラジールは起こらない)。甲状腺クリーゼは肝不全による低血糖。甲状腺機能低下症は糖吸収障害、橋本病に副腎皮質機能低下症(アジソン病)合併の低血糖症。多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)でTSH以外のホルモンを分泌する下垂体腺腫による中枢性甲状腺機能低下症、インスリノーマが併発する可能性。

Keywords

甲状腺,低血糖,メルカゾール,甲状腺機能亢進症,甲状腺機能低下症,バセドウ病,粘液水腫性昏睡,橋本病,副腎皮質機能低下症,インスリン自己免疫症候群

甲状腺ホルモンは腸管から血糖の吸収を促す作用があります。

甲状腺機能亢進症と低血糖症

  1. 甲状腺機能亢進症では食後の過血糖及びその反動で反応性低血糖症を起こします
     
  2. 甲状線機能亢進症/バセドウ病治療薬のメチマゾール(メルカゾール)はインスリン自己抗体を誘発し、インスリン自己免疫症候群と言う低血糖症を起こします。(下記参照)
     
  3. 甲状腺クリーゼでは、肝不全による低血糖と、低血糖後代謝性脳症で脳死状態になり死亡した報告例もあります。(第53回 日本甲状腺学会 P-93 著明な低血糖と肝不全を呈した甲状腺クリーゼの一例)

1. 食後の反応性低血糖症

甲状腺機能亢進症/バセドウでは、過剰な甲状腺ホルモンの作用で

  1. 消化管蠕動運動が亢進
  2. 甲状腺ホルモンに反応し腸でのNa+/グルコース共輸送体(SGLT1)の発現が増加(Biochem J. 1998 Sep 15;334 ( Pt 3):633-40.)

により、腸からの糖吸収が亢進。食後の過血糖及びその反動で反応性低血糖症を起こします。

2. インスリン自己免疫症候群

甲状線機能亢進症/バセドウ病治療薬のメチマゾール(メルカゾール)によるインスリン自己免疫症候群は、

  1. メチマゾール(メルカゾール)のSH基の強力な還元作用(酸化還元反応の還元)でインスリンが自己抗原化するの原因ると言われています。
     
    ※PTU(プロパジール、チウラジール)はSH基を持たないため起こりません。但し、メチマゾール(メルカゾール)で誘発された抗インスリン抗体は、PTU(プロパジール、チウラジール)に切り替えた後も4-12ヶ月は消えないため、あたかもPTUで誘発されたような錯覚おこす事あります。
     
  2. 投与開始後4~6 週の発症が多いとされますが、数ヶ月後に起こる場合もあります。報告例では、5ヶ月後に起こり、メルカゾール減量と6分割食により、低血糖発作が減少し、甲状線手術に移行できたそうです。(第56回 日本甲状腺学会 P2-012 チアマゾール減量と分割食導入により低血糖発作の発現頻度を減少しえたインスリン自己免疫症候群合併バセドウ病の一例)
     
  3. 特にメルカゾールの量が多い場合(1日12錠など)に起こりやすく、メルカゾールの減量と分割食の導入で軽快し、その後インスリン自己抗体が消失するとされます。
     
  4. また、一端、甲状腺機能亢進症/バセドウ病が寛解(活動が沈静化)してメルカゾールを中止し、再発後にメルカゾール再投与しインスリン自己免疫症候群おこす事もあります。(第61回 日本甲状腺学会 O9-3 持続グルコースモニター(CGM)で血糖変動を観察したチアマゾールによるインスリン自己免疫症候群と考えられた一例)

インスリン自己免疫症候群自体の詳細は、インスリン自己免疫症候群 を御覧ください。

甲状腺機能低下症低血糖症

  1. 甲状腺機能低下症では糖吸収障害による低血糖症を起こします
    甲状腺機能低下症/橋本病に自己免疫性の副腎皮質機能低下症(アジソン病)を合併する事があります(シュミット症候群)。副腎皮質ホルモン欠乏単独でも低血糖起こすため、シュミット症候群はより重症の低血糖症になります。
     
  2. 甲状腺機能低下症の究極の病態である粘液水腫性昏睡では、副腎皮質機能低下症も加わり、重症の低血糖症
     
  3. 多発性内分泌腫瘍症1型(multiple endocrine neoplasia type1; MEN1)でTSH以外のホルモンを分泌する下垂体腺腫による中枢性甲状腺機能低下症に、インスリン分泌内分泌腫瘍のインスリノーマが併発する可能性があります。

甲状腺以外の低血糖症は、 低血糖症 を御覧ください

甲状腺関連の上記以外の検査・治療      長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,天王寺区,東大阪市,浪速区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら