検索

甲状腺と再生不良性貧血  [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

無顆粒球症を早期発見するための定期採血

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。再生不良性貧血の診療は、行っておりません。

Summary

再生不良性貧血と甲状腺機能亢進症/バセドウ病合併で汎血球減少増悪、抗甲状腺薬の副作用でも再生不良性貧血(無顆粒球症より遅い)。シクロスポリン(CyA)減量中、無痛性甲状腺炎発症。G-CSFは好中球数1,000/mm3未満で。関節リウマチの治療薬メトトレキサートで薬剤性再生不良性貧血。

Keywords

再生不良性貧血,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,汎血球減少,抗甲状腺薬,副作用,シクロスポリン,無痛性甲状腺炎,G-CSF,好中球

  1. 再生不良性貧血と甲状腺機能亢進症/バセドウ病が元々合併
  2. 抗甲状腺薬と再生不良性貧血
  3. 再生不良性貧血の検査所見
  4. 再生不良性貧血の治療
  5. G-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤と甲状腺
  6. 再生不良性貧血治療中に無痛性甲状腺炎が発症
  7. 血清病
  8. 関節リウマチの治療薬メトトレキサートと薬剤性再生不良性貧血

再生不良性貧血と甲状腺機能亢進症/バセドウ病が元々合併

再生不良性貧血甲状腺機能亢進症/バセドウ病が元々合併している事があります。再生不良性貧血は骨髄の造血細胞産生を抑制する自己免疫であるため、バセドウ病が合併しても不思議ではありません(British Journal of Haematology, 2002, 118, 327–329)。

再生不良性貧血甲状腺機能亢進症/バセドウ病に併発している場合、染色体異常が11%存在します。

また、甲状腺ホルモンによる代謝亢進により、白血球・赤血球・血小板の消費・ターンオーバーが亢進するため(甲状腺ホルモンが正常に近付くにつれて改善)、再生不良性貧血の汎血球減少は増悪します。

抗甲状腺薬と再生不良性貧血

抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)の無顆粒球症は珍しくありませんが、再生不良性貧血は稀で症例報告も少ないです。再生不良性貧血は白血球、赤血球、血小板すべてが減少しますが、赤血球は寿命が長いため、最初は白血球、血小板の減少のみです。報告では、

  1. 抗甲状腺薬(メルカゾール)投与後16週で発症しており、無顆粒球症よりも遅く、
  2. 抗甲状腺薬中止5-6週で自然軽快する症例が多いものの、シクロスポリンが必要になる場合もあります。
  3. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病自体はアイソトープ治療に。
    (第54回 日本甲状腺学会 P207 チアマゾール開始後に再生不良性貧血を発症し、薬剤性としては非典型的な経過を辿ったバセドウ病の1例)

再生不良性貧血の検査所見

通常正球性貧血で、汎血球減少の遅い慢性型では赤血球が大小不同の大球性貧血。

典型的には骨髄低形成ですが、実際、巨核球減少とトロンボポエチン軽度高値であれば、免疫異常による骨髄形成不全と言えます。

再生不良性貧血の治療

再生不良性貧血の治療法は、

  1. 軽症:対症療法と蛋白同化ステロイド免疫抑制療法
  2. 中等症以上
    40歳未満は骨髄移植
    40歳以上は免疫抑制療法で、造血幹細胞を傷害しているリンパ球を抑えます。抗胸腺細胞グロブリンと免疫抑制剤シクロスポリンを使用。

G-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤と甲状腺

G-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤投与は具体例として、G-CSF 100 μg 皮下注(ノイトロジン®等)を連日行います(施設により異なります)。血液中の好中球数が1000/μlを超えれば回復とみなします。(厚生労働省;重篤副作用疾患別対応マニュアル 無顆粒球症)

参考までに以下は、甲状腺の病気でG-CSF(顆粒球コロニー形成刺激因子)製剤を使用する基準です

  1. 再生不良性貧血)/骨髄異形成症候群(MDS)に伴う好中球減少症:好中球数1,000/mm3未満
  2. 悪性リンパ腫(甲状腺原発悪性リンパ腫)など造血幹細胞の末梢血中への動員⇒造血幹細胞移植時の好中球数の増加促進
  3. 悪性リンパ腫(甲状腺原発悪性リンパ腫)、小細胞肺癌:がん化学療法剤投与終了後、翌日以降から
  4. 甲状腺未分化癌の抗癌剤治療では好中球数1,000/mm3未満で発熱(38℃以上)あるいは好中球数500/mm3未満が観察された時点から

再生不良性貧血治療中に無痛性甲状腺炎が発症

再生不良性貧血に使用するシクロスポリン(CyA)はIL-2 [インターロイキン(Interleukin)-2] を阻害します。シクロスポリン(CyA)を、急に減量すると、IL-2 [インターロイキン(Interleukin)-2] がリバウンドして増加し、甲状腺の自己免疫を活性化し無痛性甲状腺炎を起こす事があります。(第59回 日本甲状腺学会P2-2-3 再生不良性貧血に対するシクロスポリン(CyA)減量中に無痛性甲状腺炎を発症した一例)

血清病

破傷風などに抗血清(ヒトのタンパク質ではない)を投与すると、抗体が生成され、再度、抗血清を注射した際にⅢ型アレルギー:血清病がおこります。抗胸腺細胞グロブリンは異種蛋白(ヒトのタンパク質ではなくウマ・ウサギのタンパク質)であるため血清病おこします。

関節リウマチの治療薬メトトレキサートと薬剤性再生不良性貧血

橋本病(慢性甲状腺炎)に合併する関節リウマチの治療薬メトトレキサートの副作用に、薬剤性再生不良性貧血があります。腎不全の合併、葉酸欠乏、高齢、低蛋白血症、プロトンポンプインヒビターや利尿薬の併用で起こり易いとされます[Reumatology44:1051-1055(2005)]。治療は、特発性再生不良性貧血に準じます。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら