長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2016.10.01

サイログロブリン、一体何をやってるの?

サイログロブリン、一体何をやってるの?

 甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝 専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

血中サイログロブリン値が異常を示す甲状腺の病態

血中サイログロブリンの値は、以下の様々な甲状腺の病態で異常を示します。

  1. 甲状腺分化癌(乳頭癌濾胞癌)で過剰産生されるだけでなく、
  2. 甲状腺良性腫瘍(良性濾胞腺腫)、腺腫様結節(過形成結節)中心の腺腫様甲状腺腫でも、過剰産生され上昇するからです。
  3. さらに、甲状腺機能亢進症/バセドウ病でも、TSHレセプター抗体(TR-Ab)の刺激に反応して、過剰産生されるため、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の活動性を反映します。
  4. 甲状腺機能低下症では、TSH(甲状腺刺激ホルモン)の刺激に反応して、過剰産生され上昇します。
  5. 橋本病無痛性甲状腺炎亜急性甲状腺炎甲状腺原発悪性リンパ腫甲状腺低分化癌甲状腺未分化癌でも甲状腺組織の破壊により、血中へ流出するため、破壊活動性を反映します。

詳しくは、 サイログロブリン、一体何をやってるの? を御覧下さい

今日は「サイログロブリン、一体何をやってるの?」の話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード