長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2013.08.06

p53抗体

p53抗体

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

p53抗体

癌抑制遺伝子p53が変異し癌化すると、p53抗体が作られます。p53抗体は早期の乳癌、大腸癌、食道癌の20~30%で上昇する腫瘍マーカーです。甲状腺乳頭癌で陽性だった症例が報告され、また更に悪性の低分化癌未分化癌p53が変異した症例も報告されています。また、甲状腺髄様癌p53変異が認められた症例も報告され、カルシトニン、CEAとともに上昇する可能性があります。

Li-Fraumeni症候群(リ・フラウメニ症候群)

Li-Fraumeni症候群(リ・フラウメニ症候群)は、生まれつきの癌抑制遺伝子p53変異が、常染色体優性遺伝する病気で、子どもに50%の確率でp53変異が受け継がれます。以前は稀と考えられていましたが、5千~2万人に1人と推定されます。

Li-Fraumeni症候群(リ・フラウメニ症候群)は、30歳までに約50%、60歳までに男性は約70%・女性は約90%が発がんします。女性では約30%に乳がんが発生し、その1/3は30歳以前に発症、閉経前乳がんが多いのが特徴です。

軟部組織肉腫/骨肉腫はLi-Fraumeni症候群(リ・フラウメニ症候群)関連腫瘍の約25%を占め、副腎皮質癌は約11%です。副腎皮質癌は、元々まれな病気で、副腎皮質癌が見つかれば、Li-Fraumeni症候群(リ・フラウメニ症候群)の可能性高いと言えます。

甲状腺髄様癌、大腸癌(転移性甲状腺癌おこす可能性あり)、腎細胞癌(転移性甲状腺癌おこす可能性あり)、脳腫瘍、白血病、細気管支肺胞上皮がんなども起こり得ます。

詳しくは、 p53抗体 を御覧ください。

今日は「p53抗体」の話でした。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード