長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2016.03.01

受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)の間違った使われ方

受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)の間違った使われ方

 甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

長崎甲状腺クリニック(大阪)ではネクサバール錠・レンビマの取扱いはありません

受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)使用のトンデモナイ勘違い

受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)の間違った使われ方

受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)使用のトンデモナイ勘違いが、全国で多々おこっているようです。「根治切除不能な分化型甲状腺癌で、放射線内照射に抵抗性の症例に保険適応が認められてる」を額面通りに取り、元々チロシンキナーゼ阻害薬が不必要な患者に投与し、上記の副作用のオンパレードを引き起こすのです。

放射線治療抵抗性の分化型甲状腺癌の疾患関連死亡率(要するに甲状腺癌が何らかの原因となり死ぬ確率)は、5年死亡率5%、10年死亡率30%です(Endocr J. 2014;61(12):1145-51.)。放射線治療が効かなくても、5年後95%、10年後70%は生きているのです。

よって、放射線治療抵抗性だからと言って、むやみに受容体型チロシンキナーゼ阻害薬を使用すると、長年にわたりトンデモナイ副作用のオンパレードに苦しめられることになります。また、それら副作用には、中毒性表皮壊死融解症,皮膚有棘細胞癌,消化管出血,気道出血,脳出血,劇症肝炎,間質性肺炎,心筋梗塞など死につながる危険なものも多数含まれています。更には、受容体型チロシンキナーゼ阻害薬は、いくら保険が効くと言っても非常に高価で、高額医療費に長期間悩まされることにもなります。

どのような症例に受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)を使用すべきか?受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)の正しい使い方は、 

「放射線治療無効な甲状腺癌」にネクサバール・レンビマ

 を御覧ください

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

今日は「受容体型チロシンキナーゼ阻害薬(ネクサバール錠・レンビマカプセル)の間違った使われ方」の話でした。

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら