検索

小児橋本病・小児無痛性甲状腺炎       [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

6歳の橋本病 超音波(エコー)画像

長崎甲状腺クリニック(大阪)ゆるキャラ Jo君 動脈硬化した血管に甲状腺が!バセドウ病の甲状腺がモデル)

Summary

小児橋本病の3/4は甲状腺機能正常で、5年以内に30%が無痛性甲状腺炎を発症。3-6歳で超音波(エコー)検査の橋本病性変化(慢性炎症)が認められる。長崎甲状腺クリニック(大阪)の超高解像度デジタルハイビジョン超音波装置で小児橋本病(慢性甲状腺炎)の破壊の程度を評価。小児橋本病の破壊性のう胞(嚢胞変性)は境界が不明瞭、一方、成長過程で現れるコロイドのう胞は境界が比較的明瞭、甲状腺自体も白く(等エコー)、目が細かく、破壊性変化を認めない。橋本病抗体[抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]は小児橋本病で陽性率低い。

Keywords

小児,甲状腺機能,無痛性甲状腺炎,エコー,検査,橋本病,抗サイログロブリン抗体,Tg抗体,抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体,TPO抗体

小児橋本病

小児橋本病の甲状腺機能

小児期に診断される橋本病の約3/4(75%)は、甲状腺機能正常とされます(成人橋本病では、約2/3が甲状腺機能正常)。しかし、甲状腺機能正常小児期に診断される橋本病の約30%は、5年以内に無痛性甲状腺炎をおこすと報告されています。(第58回 日本甲状腺学会近 P1-8-4 小児期に診断された機能正常橋本病の自然経過

甲状腺機能低下症まで進行した約1/4(25%)の小児橋本病では、骨代謝の低下と2次的な成長ホルモン(GH)分泌不全による成長障害(低身長、貧血、ソマトメジンC(IGF-1)低値等を認める)をおこします。早期に発見して、甲状腺ホルモン補充の治療が必要です。

小児橋本病の甲状腺超音波(エコー)検査

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、超高解像度のデジタルハイビジョン超音波装置を用いて、小児橋本病(慢性甲状腺炎)の破壊の程度を評価します。以下の写真の様に例え3歳でも(当院の最年少記録)、6歳くらいなら明らかに、超音波(エコー)検査で橋本病性変化(慢性炎症所見)が認められます。

3歳の橋本病 超音波(エコー)画像

3歳の橋本病 超音波(エコー)画像 (当院の最年少記録)、下の6歳の橋本病の超音波(エコー)画像よりも、低エコー、内部粗雑で、橋本病性変化(慢性炎症所見)がはっきりしています。

3歳の橋本病 超音波(エコー)画像 ドプラー

3歳の橋本病 超音波(エコー)画像 ドプラー

6歳の橋本病 超音波(エコー)画像

6歳の橋本病 超音波(エコー)画像;辺縁が不整(凸凹)、甲状腺全体が腫れていて、黒い色調(低エコー)、内部は目が粗く慢性的な甲状腺の炎症を示唆する所見。

6歳の橋本病 超音波(エコー)画像 拡大

6歳の橋本病 超音波(エコー)画像 拡大:成長の過程で現れるコロイドのう胞と異なる破壊性の嚢胞(嚢胞変性)

8歳の橋本病 超音波(エコー)画像

8歳の橋本病 超音波(エコー)画像;辺縁が不整(凸凹)、甲状腺全体が腫れていて、黒い色調(低エコー)、内部は目が粗く慢性的な甲状腺の炎症を示唆する所見。

8歳の橋本病 超音波(エコー)画像

8歳の橋本病 超音波(エコー)画像;辺縁が不整(凸凹)、甲状腺全体が腫れていて、やや黒い色調(低エコー)、内部は目が粗く、のう胞変性多数あり、慢性的な甲状腺の炎症を示唆する所見。

8歳の橋本病 超音波(エコー)画像(拡大)

8歳の橋本病 超音波(エコー)画像(拡大);辺縁の不整(凸凹)、内部の粗雑さ、のう胞変性が、より明瞭に分かります。

コロイド嚢胞との鑑別

上記の小児橋本病 超音波(エコー)画像(拡大)で見られる破壊性のう胞(嚢胞変性)は、周囲との境界が不明瞭なものが多く、内部に溶け掛けの組織も見られます。一方、成長の過程で現れるコロイドのう胞は周囲との境界が比較的明瞭で、写真の如く、甲状腺自体も白く(等エコー)、目が細かく、破壊性変化を認めません。

小児橋本病の抗体

元々、橋本病抗体[抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]は年齢と共に陽性率が高くなるため、小児橋本病では陽性率が低いです。

小児橋本病では、血液中の橋本病抗体[抗サイログロブリン抗体(Tg抗体)抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体)]が陽性になるより早く、デジタルハイビジョン超音波(エコー)上の変化が出ます。

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、橋本病の70%は遺伝性である事に注目し、同伴の保護者の甲状腺超音波(エコー)検査と橋本病抗体測定を行います。それにより、将来、子供がどこまで甲状腺を破壊されるか、どこまで橋本病抗体が上昇するかを予測します。

小児無痛性甲状腺炎

小児無痛性甲状腺炎は稀とされ、報告されている最少年齢は9-11歳です(Endocrinol Jpn. 1991 Apr;38(2):219-22.)。しかし、甲状腺機能正常の小児橋本病の約30%は、5年以内に無痛性甲状腺炎をおこすと報告されています(第58回 日本甲状腺学会近 P1-8-4 小児期に診断された機能正常橋本病の自然経過)。

無痛性甲状腺炎の詳細は、 無痛性甲状腺炎 を御覧下さい。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら