検索

FDG-PET/CTと甲状腺腫瘍・橋本病(慢性甲状腺炎)[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見① 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

FDG-PET/CTと甲状腺腫瘍・橋本病

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

FDG-PET/CTと甲状腺

※長崎甲状腺クリニック(大阪)でFDG-PET/CTは行っておりません。

Summary

人間ドックのFDG-PET/CTで最もよく見つかる癌は甲状腺癌で、約8%に限局性集積を呈する甲状腺結節(FDG 陽性結節)が見つかり、その約30%が甲状腺癌。SUVmax(放射線の最大集積値)は甲状腺腫瘍の良悪性を区別できない。逆に考えれば、甲状腺良性結節(良性濾胞腺腫腺腫様結節など)は、FDGを取り込まない(FDG-PET/CT陰性)のが多い。人間ドックのFDG-PET/CTで、びまん性集積(全体的にFDG取り込む)は約3%で橋本病(慢性甲状腺炎)がほとんど。FDG-PET/CT陽性となる橋本病(慢性甲状腺炎)は、炎症は強いが、線維化が進んでいない段階。

Keywords

FDG-PET/CT,甲状腺癌,甲状腺結節,SUVmax,甲状腺腫瘍,橋本病,慢性甲状腺炎,甲状腺乳頭癌,甲状腺,長崎甲状腺クリニック

FDG-PET/CTと甲状腺腫瘍

FDG-PET/CTと甲状腺

人間ドックのFDG-PET/CTで最もよく見つかる癌は甲状腺癌です。FDG-PET/CTおこなうと最大8%に結節性甲状腺腫(甲状腺腫瘍)が見つかり、その10-60%が甲状腺癌といわれます。浜松医大の報告では、18F-FDG-PET にて限局性集積を呈する甲状腺結節(FDG 陽性結節)30 例の内分けは甲状腺乳頭癌10 例、甲状腺濾胞癌1 例、FNAB-indeterminate(判定不能)2 例、良性17 例との事でした。FDG 陽性結節の約30%が甲状腺癌と言う事ですので、かなり高い比率です。逆に考えれば、甲状腺良性結節(良性濾胞腺腫腺腫様結節など)は、FDGを取り込まない(FDG-PET/CT陰性)ものが多い事になります。(第55回 日本甲状腺学会 P1-09-05 18F-FDG-PET にて限局性集積を認める甲状腺結節に関する検討―超音波カラードプラとエラストグラフィを中心に―)

SUVmax(放射線の最大集積値)は甲状腺腫瘍の良悪性を区別できないとされます。藤田保健衛生大学の報告では、
細胞診正常例のSUVmaxは11.95±8.06(0.79-30.22)
細胞診悪性例のSUVmaxは18.82±14.72(2.9-48.25)
で確かに良性でもSUVmax高いものもあれば、悪性でも低いものがあります。そもそも、悪性並みに細胞の代謝が高い良性甲状腺結節しか、FDG-PET/CTで検出されないのが理由と考えます。

しかし、甲状腺乳頭癌ではSUVmaxが、良性または鑑別困難に比べて高い傾向だったとする報告もあります。(第55回 日本甲状腺学会 P1-09-02 FDG-PET により指摘された甲状腺偶発腫瘍に対する検討)

放射線で標識したブドウ糖を使うため、糖尿病では、がんのFDG取り込みが低下する可能性があります。

FDG-PET/CTと橋本病(慢性甲状腺炎)

FDG-PET/CT 橋本病

人間ドックのFDG-PET/CTで、びまん性集積(全体的にFDG取り込む)は、東京女子医大の報告では約3%に認められるとされます。(第53回 日本甲状腺学会 P-127 FDG-PET/CT 健診により発見された甲状腺癌の検討:FDG-PET/CT 健診の有用性)

FDG-PET/CTの、びまん性集積は、ほとんど橋本病(慢性甲状腺炎)です。その特徴についての報告があります。帝京大学の報告では、橋本病(慢性甲状腺炎)で、びまん性集積する症例は、

  1. 甲状腺は腫大傾向で実質エコー変化例(内部が粗、炎症・破壊が強い)が多い
  2. 抗体価が高い傾向(炎症・破壊が強い)
  3. 甲状腺機能低下は軽度(内部が線維化しないで、甲状腺濾胞細胞が残存している?)

要するに、「炎症は強いが、線維化がまだ進んでいない橋本病(慢性甲状腺炎)」が結論のようです。(第59回 日本甲状腺学会 P2-6-5 FDG―PET でび漫性集積を示す橋本病の特徴)

放射性ヨウ素治療(131Iアイソトープ)抵抗性の甲状腺分化癌(甲状腺乳頭癌・甲状腺濾胞癌)肺転移でのFDG-PET/CTの有用性

北光記念病院の報告ですが、放射性ヨウ素治療(131Iアイソトープ)抵抗性の甲状腺分化癌(甲状腺乳頭癌甲状腺濾胞癌)肺転移で、FDG-PET/CT陽性(肝臓と同等以上の集積を示す)の場合、3年以上してから病勢が進行し始めるとの事です。逆にFDG-PET/CT陰性なら、それより進行が遅いとの結果です。「FDG-PET/CT陽性かどうかを、チロシンキナーゼ阻害薬[ネクサバール錠®(ソラフェニブ)・レンビマ®(レンバチニブ)]使用の判断材料の1つにしてはどうか?」と言う提案です。(この発表は、筆者も素晴らしいと思います)
(第60回 日本甲状腺学会 O7-3 RAI陰性甲状腺分化癌肺転移の予後推定におけるFDG-PET/CT の意義)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区,天王寺区,東大阪市,浪速区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら