長崎クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎クリニック(大阪)]

2015.12.30

現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏

現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏

 甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏

ビタミンB1(チアミン)欠乏により高拍出量性心不全(脚気心)と末梢神経障害おこします。心不全で下肢のむくみ、末梢神経障害で手足のしびれ/腱反射低下がおきます。初めは体がだるい、動悸・息切れなど低血糖甲状腺疾患甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺機能低下症)に似た症状です。

ビタミンB1欠乏症/潜在的ビタミンB1欠乏症(脚気予備軍)は、現代日本で増加しています。

ビタミンB1欠乏症の原因

  1. 甲状腺機能亢進症でビタミンB1消費が増大/甲状腺機能低下症による食欲低下でビタミンB1摂取不足
  2. 糖尿病で、血糖に対するビタミンB1の相対的な不足
  3. 食事の代わりに酒を飲むアルコール依存症の人は、絶対的なビタミンB1摂取不足
  4. 三食ともインスタント食品(カップラーメン)やスナック菓子を食べるという極端な偏食。過剰な糖質の消費に必要なビタミンB1の摂取量が相対的に不足
  5. 過度なダイエットや欠食、外食、女子大生の血中ビタミンB1値が非常に低いことが報告されます
  6. 血液透析(透析時水溶性ビタミン除去/小食傾向)
  7. ビタミン剤を含まない長期の高カロリー輸液
  8. 感染症などでの消耗
  9. 胃切除後などでビタミンB1含有食品を食べれない

ビタミンB1欠乏症の症状

  1. エネルギー代謝が低下、疲労物質である乳酸の代謝も悪くなり、疲労感・倦怠感がでてきます。(甲状腺機能低下症のよう
  2. エネルギー代謝が低下、糖を分解できず、糖が脂肪に変換されるため、肥満になります。(甲状腺機能低下症のよう
  3. 脳は元々、糖を分解し大量のエネルギーを消費しているため、脳の活動が低下、集中力の低下・精神不安定になります。 (甲状腺機能低下症のよう
  4. 末梢神経障害で手足のしびれ/腱反射低下(甲状腺機能低下症のよう)
  5. 高拍出量性心不全(脚気心)による動悸・息切れ・下肢のむくみ(甲状腺機能亢進症/バセドウ病のよう)
  6. 代謝性アシドーシス:血液が酸性に傾く、恐ろしい状態です。昏睡になり、ほとんど死亡します。
  7. ウェルニッケ・コルサコフ症候群

一般的な血液検査で異常なく、甲状腺副腎・下垂体・卵巣・精巣などのホルモン検査、亜鉛も異常なし。

異常がないのが、異常です。

このような場合、食生活のヒアリングと血中ビタミンB1測定を行います。ただし、血中ビタミンB1測定結果は、1週間かかるため、ビタミンB1剤を飲んでいただき、治療効果による診断を行います。

  1. 左心機能正常の心不全(高拍出量性心不全):甲状腺機能亢進症/バセドウ病単独でも高拍出量性心不全
  2. ビタミンB測定

詳しくは、 現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏  を御覧ください。

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

今日は「現代日本にも脚気(かっけ)・ビタミンB1欠乏」の話でした。

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード