長崎クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎クリニック(大阪)]

2013.10.18

メタボと思っていても実は!?----副腎、クッシング症候群

メタボと思っていても実は!?----副腎、クッシング症候群

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝・糖尿病 専門の長崎クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

クッシング症候群とは

副腎皮質ステロイドホルモンの1つ、コルチゾールが過剰に分泌される病気をクッシング症候群といいます。軽いものは典型的なクッシング徴候を認めず、コルチゾールの自律性分泌を認める病態で、糖尿病や高血圧、高脂血症、骨粗鬆症で、タボリック症候群/生活習慣病と区別が付かず、動脈硬化も進行しますプレクリニカル クッシング・サブクリニカル クッシング

この状態が長く続くと、腕や下肢の皮膚が薄くなり、毛細血管が透けて皮下出血しやすくなり、お腹が出ている割に手足が細くなります(中心性肥満)。顔もむくんだ赤ら顔になり(ムーンフェイス)、多毛、にきび、腹部や臀部に赤いスジができます。ナトリウムの体内貯留が亢進し、内分泌性浮腫もおこります。精神的にも不安定になり、ステロイド精神病といわれます。免疫力が低下、感染症おこしやすく、敗血症で亡くなることあります。子供で発症すると骨の発育が止まり低身長になります。

クッシング症候群の診断

  1. 血中コルチゾール・ACTH(脳下垂体から出る副腎皮質刺激ホルモン)を測定
  2. 尿中遊離コルチゾール(UFC)(基準範囲20〜100μg/Cr=24時間)を測定
  3. 負荷試験(デキサメサゾン抑制試験)で診断。
  4. 血中コルチゾールを朝夕測定し、ほぼ同じ値であれば正常なコルチゾール日内変動が消失。
    コルチゾールは午前8時頃ピークになりますが、この時間の採血は不可能なので午前9時頃採血します。
    真夜中以降最も低いコルチゾールになりますが、この時間の採血は不可能なので午後6時頃採血します)
  5. コルチゾールを産生する副腎腫瘍(ほとんど良性副腎腺腫、時に副腎癌)、ACTH産生下垂体腺腫自体を画像診断で見つけ出し、手術で摘出。

詳しくは、 高血圧・糖尿病・メタボ、実は副腎の病気/副腎腫瘍(クッシング症候群)、 アレルギー性鼻炎薬で副腎の病気に? を御覧ください

文責:長崎クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

今日は「メタボと思っていても実は!?----副腎、クッシング症候群」の話でした。

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード