長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2013.08.11

甲状腺と自己免疫性肝炎

甲状腺と自己免疫性肝炎

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

原発性胆汁性肝硬変(PBC)

抗ミトコンドリアM2抗体

橋本病/甲状腺機能低下症の肝障害の20%、バセドウ病/甲状腺機能亢進症の肝障害の8%に原発性胆汁性肝硬変(PBC)が存在します。PBCでは血液中の抗ミトコンドリアM2抗体が陽性になり、橋本病/バセドウ病で肝臓の数値が高い方は調べる必要があります。IgMも陽性、抗核抗体gp210は予後予測因子といわれます。15%にシェ-グレン症候群を併発。

PBCは中高年女性に多く、無症状で見つかるものが2/3です。1/3は皮膚掻痒感・黄疸・高コレステロール血症と甲状腺機能低下症に重なる症状です。胆汁うっ滞で腸に胆汁が流れにくいために、ビタミンD吸収障害・骨粗鬆症が進行します。

治療は胆石・慢性C型肝炎と同じウルソ(熊の胆汁)で、疎水性胆汁酸から肝細胞を保護します。高トリグリセリド(中性脂肪)血症治療薬、フィブレート系薬はリン脂質を排泄し肝細胞保護。予後は様々で肝移植行うこともあります。

抗平滑筋抗体は原発性胆汁性肝硬変(PBC)の40%で陽性。

自己免疫性肝炎

ウイルス感染(A型肝炎、EBウイルス、サイトメガロウイルス、麻疹ウイルス)や薬剤が自己免疫性肝炎発症の誘因として報告され、我が国ではC型肝炎ウイルス血症を伴う自己免疫性肝炎があります。組織適合抗原であるHLA-DR4が関与するとされます。慢性甲状腺炎(橋本病)(10%)、シェーグレン症候群(7%)、関節リウマチ(3%)合併。抗核抗体(ANA)陽性(74%)、抗平滑筋抗体(ASMA)陽性(40%)の1型がほとんどで、それらが陰性なら抗肝腎ミクロゾーム抗体(抗LKM抗体)が陽性の2型です。

抗平滑筋抗体 保険適応外

抗平滑筋抗体 (ASMA) は自己免疫性肝炎,ルポイド肝炎で80~85%,  原発性胆汁性肝硬変(PBC)で40%程度に高力価で検出

抗肝細胞膜抗体(LMAb) 保険適応外

原発性胆汁性肝硬変(PBC)、自己免疫性活動性慢性肝炎、特発性肝硬変で陽性。

詳細は、 甲状腺と肝障害(自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変)・胆石・薬剤性肝障害・肝血管腫 を御覧ください

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

今日は「甲状腺と自己免疫性肝炎」の話でした。

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,天王寺区,生野区も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード