長崎甲状腺クリニック(大阪)新着情報[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

2013.09.27

低体温・高体温は甲状腺の病気?:瞬間体温計サーモピッパー

低体温・高体温は甲状腺の病気?:瞬間体温計サーモピッパー

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)・動脈硬化内分泌代謝専門の長崎甲状腺クリニック(大阪)からのお知らせです。甲状腺専門医として甲状腺機能低下症,橋本病,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,内分泌などのホットな話題をお届けします。

低体温・高体温は甲状腺の病気?:瞬間体温計サーモピッパー

甲状腺ホルモンが多くて体の新陳代謝が活発になり過ぎると、過剰な熱が発生し体温が上昇します。逆に甲状腺ホルモンが少な過ぎると、熱が産生されず体温が低下します。瞬時にバセドウ病/甲状腺機能亢進症甲状腺中毒症甲状腺クリーゼの高体温、甲状腺機能低下症粘液水腫性昏睡の低体温を測定。インフルエンザなどの感染症、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)で無顆粒球症、薬物熱が起こった時の熱発にも。

真夏に甲状腺機能亢進症、甲状腺中毒症状態にあると、内部の熱産生増加・発汗過多による脱水から熱中症になりやすいと言えます。40℃以上・意識を失う程(Ⅲ度)の熱中症では微温湯噴霧・冷たい生食大量輸液し39~38℃まで冷却します。

甲状腺機能低下症粘液水腫性昏睡の低体温:例えば(心筋梗塞などによる)心原性ショックでは、33℃24時間の低体温療法しますので、33℃位では、さほど問題ないようです。

偶発性低体温症 

偶発性低体温症は甲状腺機能低下症粘液水腫性昏睡以外、内分泌疾患(下垂体・副腎機能低下)、低血糖、低栄養などでおこります。心電図では徐脈、Brugada症候群でもみられるJ波(Osborn波)から心室細動に至ります。

J波症候群は、低体温症、Brugada症候群だけではありません、。逆に甲状腺中毒症の交感神経刺激、交感神経破壊を伴う頸部根治手術後(頚部に広範囲に浸潤した甲状腺癌の手術)でも早期再分極による心室細動として起こります(第58回 日本甲状腺学会 P2-7-6 破壊性甲状腺炎による甲状腺中毒症とJ波症候群を伴った心肺停止の1例)。

 詳しくは、甲状腺と低血糖高体温低体温高カルシウム血症低カルシウム血症を御覧ください

今日は「低体温・高体温は甲状腺の病気?:瞬間体温計サーモピッパー」話でした。

文責:長崎甲状腺クリニック(大阪)院長 日本甲状腺学会認定専門医 長崎俊樹

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,生野区,東大阪市も近く。

戻る

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード