検索

甲状腺と頭痛            [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

甲Joう君 長崎クリニック(大阪)

炭酸リチウム(商品名リーマス)は、甲状腺と関連の深い薬です。うまく使えば治療になるし、精神神経科・心療内科で漫然と長期間投与され、甲状腺障害をおこすこと多々あります。

Summary

甲状腺機能低下症の頭痛は①甲状腺機能低下症筋症②疲労物質の分解障害による筋肉疲労・肩こり。甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症の頭痛は血中のマグネシウム・ビタミンB2濃度低下による。片頭痛は、分泌されたセロトニンが代謝され減少するとおきる。

甲状腺機能低下症と頭痛

甲状腺機能低下症で、頭の両側が重くなる頭痛に、消炎鎮痛剤はあまり効果ありません。甲状腺機能低下症の人は、毎日鎮痛薬を飲んで薬物乱用頭痛になることあります。甲状腺ホルモン剤により甲状腺機能正常化すれば改善しやすいとされます。

甲状腺機能低下症で頭痛がおこる機序として、

  1. 甲状腺機能低下症筋症
  2. 疲労物質が筋肉内に蓄積しても代謝分解できず、筋肉疲労・肩こり

が考えられます。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と頭痛

低マグネシウム血症・ビタミンB2欠乏

甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症では代謝亢進により血中のマグネシウム・ビタミンB2濃度が低下し、片頭痛が悪化することあります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の片頭痛はマグネシウム・ビタミンB2を予防投与。

頭痛外来を受診される方の約8%は、甲状腺中毒症であり、血中マグネシウム濃度が低かったとする報告があります。(第54回 日本甲状腺学会 P076 片頭痛にて発見された甲状腺中毒症)

ANCA関連脳血管炎・可逆性脳血管攣縮症候群

非常にまれですが、激しい頭痛と、その後の全身性強直性けいれん・けいれん後不穏起こし、MRIで異常なく、MRAでびまん性の脳血管狭窄認めます。このような場合、抗甲状腺薬によるANCA関連脳血管炎・可逆性脳血管攣縮症候群の事あり、片頭痛と鑑別を要します。(第55回 日本甲状腺学会 P1-02-05 出産後にバセドウ病を発症しプロピオチオウラシル(PTU)で加療を開始後に可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)を合併した一例)

片頭痛

片頭痛とは

片頭痛は、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮し太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきます。
甲状腺の病気と同じく女性(特に低血圧の女性)に多く、生理前にエストロゲンが減少すると、血中のセロトニンも減少し片頭痛おこしやすくなります。
運動、咳、入浴、飲酒などで痛みが助長されます。

片頭痛の治療

トリプタン系薬剤はセロトニン−1(5-HT1)受容体作動薬で、過度に拡張した脳血管平滑筋を収縮させ、硬膜血管周囲三叉神経終末抑制し、片頭痛発作を抑えます。

また、片頭痛のほか群発頭痛にも有効です。

トリプタン系薬剤の禁忌

甲状腺機能低下症糖尿病動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞、脳梗塞の危険がある場合、血管を収縮させるトリプタン系薬剤は禁忌です。

  1. 片麻痺型片頭痛
  2. 狭心症/心筋梗塞
  3. 脳梗塞一過性脳虚血発作
  4. コントロール不能高血圧
  5. 閉塞性動脈硬化症

には禁忌です。

片頭痛予防薬

  1. 非選択性β遮断薬(プロプラノロールなど):甲状腺機能亢進症/バセドウ病で昔よく使われましたが、血管拡張を妨げるため現在あまり使われません。しかし、血管拡張を妨げる作用が片頭痛予防になります。
  2. 抗てんかん薬(バルプロ酸・トピラマート)
  3. 抗うつ薬(アミトリプチリン)セロトニン代謝を改善
  4. ピペラジン系カルシウム拮抗薬(ロメリジン)脳血管選択的血管収縮抑制
  5. アンギオテンシン変換酵素( ACE )阻害薬,アンギオテンシンⅡ受容体遮断薬( ARB )

甲状腺関連の上記以外の検査・治療      長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード