検索

甲状腺で認知症?      [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

レビー小体型認知症

甲状腺編 では収録しきれない最新・専門の検査/治療です。

Summary

甲状腺機能低下症/橋本病,甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼ、原発性副甲状腺機能亢進症など高カルシウム血症と認知症、薬剤誘発性認知症を解説します。動脈硬化,重症筋無力症の併発、アルツハイマー型認知症,レビー小体型認知症との比較も説明します。

甲状腺機能低下症で認知症

甲状腺機能低下症と認知症

甲状腺機能低下症では脳の活動も緩慢になり、うつ病や認知症と間違われるケースがよくあります(仮性痴呆)。また、脳内の神経伝達物質への影響からパーキンソン症状おこすことがあり、パーキンソン自体の仮性痴呆も加わります。

さらに、甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、脳動脈硬化性(脳血管性)認知症アルツハイマー型認知症が進行します。

院長の論文

甲状腺機能低下症/橋本病を間違えてアルツハイマー型認知症の治療をしたら大変なことに!?

甲状腺機能低下症/橋本病を間違えてアルツハイマー型認知症の治療をしたら大変なことになります。

アリセプト(ドネペジル)は、アルツハイマー型認知症/レビー小体型認知症の進行を遅らせる最も一般的な抗認知症薬です。アリセプト(ドネペジル)は、アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ)を阻害するため、アセチルコリンが過剰になると、洞停止(心臓のリズムが止まる事)・徐脈・心臓ブロック(心筋の電気刺激の伝導が妨げられること)などの副作用がおきます。甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの心臓刺激作用が弱くなるため、徐脈・心臓ブロックを起こしやすい状態です。アリセプト(ドネペジル)の相乗効果で、これらが更に悪化します。

認知症と間違えられる高齢者の甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼ

高齢者の甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼでは、

  1. 妄想・幻視・夜間せん妄などの認知症状が増悪するため、
  2. あるいは、中枢神経症状として妄想・幻視・夜間せん妄などの認知症状がおこるため

認知症が悪化していると間違えられることあります。

また、潜在性甲状腺機能亢進症/バセドウ病でも、物盗られ妄想おこす症例が報告されています。(第55回 日本甲状腺学会 P0-01-05 精神症状を主徴としたバセドウ病の4例)

原発性副甲状腺機能亢進症、ビタミンD中毒、サルコイドーシスなど高カルシウム血症で、中枢神経症状おこり、軽い意識障害を認知症と間違えることがあります。

重症筋無力症の併発

自己免疫性甲状腺疾患の橋本病/バセドウ病に、同じく筋肉への抗アセチルコリン受容体抗体を持つ重症筋無力症を合併することがあります。全身の筋力低下、易疲労性(夕方・入浴後に症状が憎悪)が現れ、ぼおっとして、あたかも認知症のようになります。甲状腺眼症(橋本病眼症/バセドウ病眼症)のような眼瞼下垂、複視など見られます。

甲状腺機能低下症の喉頭浮腫/心のう液貯留、甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺クリーゼの心不全ような呼吸困難(重症筋無力症では呼吸筋麻痺による)

球症状(嚥下・構音障害)は、筋無力症性クリーゼという危険な状態で血漿交換・ステロイドパルスを行います。(巨大甲状腺腫・甲状腺癌のよう)

詳しくは、 重症筋無力症とは を御覧下さい。

抗アセチルコリン受容体抗体(全身型の80%び眼筋型の50%に陽性)/ 抗筋特異的チロシンキナーゼ(MuSK)抗体(前者陰性の場合)測定

薬剤誘発性認知症:抗コリン剤に軽度認知症をおこす可能性

  1. ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬[サイレース、ロヒプノール]:甲状腺機能亢進症/甲状腺機能低下症のうつ症状・不眠で投与
  2. 抗コリン薬(甲状腺機能低下症をうつと誤認され、投与される三環系抗うつ薬,抗ヒスタミン薬,抗精神病薬):抗コリン剤を継続使用の高齢者、8割に軽度認知障害との報告があります。

甲状腺ホルモンと本当の認知症

  1. 甲状腺の病気のない正常な高齢男性で、fT4[遊離サイロキシン(チロキシン)]濃度が正常範囲の高い目の人は、認知症になりやすいとの報告があります。
  2. 女性のみ、甲状腺刺激ホルモン(TSH)濃度が高いか低い場合、アルツハイマー病リスクが2倍以上になるとのフラミンガム研究データが出ています。

本物のアルツハイマー型認知症との比較

アルツハイマー型認知症は最も多い認知症(40%)。アルツハイマー型神経原線維変化がおこり、アミロイド前駆体蛋白(アミロイドベータ)が脳に蓄積します。短期記憶障害(「さっき何をしたかな?」というエピソード障害)・徘徊・昼夜逆転・常同行動、被害妄想・物盗られ妄想・夜間せん妄など甲状腺機能低下症では、ありえない症状です。また抗アルツハイマー薬を甲状腺機能低下症に投与してしまうと徐脈が増悪する事あります。

アルツハイマー病罹患リスクは

  1. 年齢
  2. 家族歴
  3. ApoEe4の遺伝子型(アルツハイマー病のリスクは2倍)
  4. 高血圧
  5. 糖尿病(アルツハイマー病のリスクは3倍)
  6. 喫煙
  7. 高脂血症
  8. クラミジア肺炎球菌感染(動脈硬化の起炎菌?)

など動脈硬化の危険因子と重なります。甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行するため、アルツハイマー病発症に関与する可能性があります。

アルツハイマー病はSPECTで大脳脚・尖頭部の血流低下し、MRIで側頭葉内側や頭頂葉の萎縮が目立ちます。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は

  1. 後頭葉異常による図形描写障害・非常にリアルな幻視
  2. 甲状腺機能低下症同様パーキンソン病症状(ドパミン神経細胞変性)
  3. 意識レベルの変動(ボーとしている時は甲状腺機能低下症様)が特徴
  4. 日中・夜間で異なる認知症状:昼間は幻視、夜間せん妄など
  5. 向精神薬で幻視悪化
  6. 抗アルツハイマー薬・パーキンソン薬・抑肝散は本症でも有効。

褐色細胞腫の診断でも使う心筋131I-MIBGシンチの心臓上縦隔比の低下(交感神経亢進状態)がアルツハイマー型認知症との鑑別に有効。

前頭側頭型認知症(ピック病)

前頭側頭型認知症(ピック病)は、前頭葉や側頭葉前方の萎縮が目立つ認知症で、

  1. 性格が変わる(落ち着きなく甲状腺機能亢進症/バセドウ病様)
  2. 社交性・自発性がなくなる(甲状腺機能低下症様)
  3. 反社会的行動(万引き、無銭飲食)
    常同行動
    不潔で平気になる (これらは甲状腺で説明つかず)

正常圧水頭症

原因不明ですが、高血圧、糖尿病、脳卒中(脳出血、脳梗塞)の人に多く、脳動脈硬化による微小脳梗塞のため脳室周囲組織の弾力性が低下。わずかな髄液循環障害により脳室拡大すると考えられています。

症状は

  1. 歩行障害(パーキンソン様の小刻み歩行・すくみ足)
  2. 認知症(甲状腺機能低下症,パーキンソンの仮性痴呆様)
  3. 尿失禁(パーキンソンの自律神経障害様)です。振戦はありません。

髄液を30ml抜くドレナージテストが有用。シャント手術が唯一の治療。

大脳皮質基底核変性症

大脳皮質基底核変性症は、パーキンソン症状(動作緩慢、筋肉強直、歩行障害など)と大脳皮質症状(認知症など) が同時にみられ甲状腺機能低下症/橋本病のようです。

一過性全健忘(1日だけ全て忘れてしまいます)

一過性全健忘は、口論など激しい興奮状態や痛み・過労などのストレスがきっかけになり、

  1. 感情中枢の扁桃体からグルタミン酸が大量に放出され、記憶中枢の海馬が一時的に抑制される
  2. 脳動脈硬化など海馬の虚血が
一過性全健忘

原因とされます。新しい記憶ができない前向性健忘で、

  1. 同じ質問を何度も繰り返します
  2. 発作期間中の逆行性健忘(発作期間中何をしていたか全く思い出せない)

治療しなくても徐々に自然回復しますが、正常に戻っても発作中の出来事は全く覚えていません。発作直後の脳MRIで異常なく、6-72時間で海馬に異常信号を認めれば確定(10日以内に消失)。再発はほとんどありません。甲状腺と直接関係ありませんが、甲状腺機能低下症/橋本病動脈硬化が進行した場合、海馬の虚血がおきるかもしれません。

慢性硬膜下血腫

慢性硬膜下血腫は90%が頭部打撲後(記憶にない軽度のことも多い)、6か月以内におこります。

  1. アルコール多飲者/肝障害
  2. 糖尿病
  3. 脳梗塞・心筋梗塞・狭心症など動脈硬化疾患・甲状腺機能亢進症/バセドウ病による心房細動などで血をサラサラにする薬を飲んでいる人

におこりやすい。

最初は異常ないが、徐々に痛み、片麻痺、意識障害が進行。認知症症状のことも多く、認知症と間違われて治療されていることあります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告
長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード